135件中 41 - 50件表示
  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たヤニック・ダルマス

    既に翌年からのF1デビューを決めていた亜久里であったが、1988年10月に行われたF1日本GPに、中耳炎により急遽欠場となったヤニック・ダルマスの代役として、ラルースチームからスポット参戦という思わぬ形でF1デビューを飾ることとなった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たグスタフ・ブルナー

    一方で、チームスタッフや関係者については辛辣なコメントも目立った。トヨタで当時マシンデザイナーであったグスタフ・ブルナーについては、かつて自らが全戦予備予選落ちを喫したザクスピード時代のマシンデザイナーでもあったせいか、TV解説や雑誌でも酷評していた。フットワーク時代のデザイナーであるアラン・ジェンキンスも同様である。また、エディー・ジョーダンの姿勢についても、「とにかくシブチン。スポンサーからのお金はポケットに入れずチームに還元せよ」と語っていた。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たオリビエ・パニス

    1995年には無限エンジンを積むリジェチームから、オリビエ・パニスのチームメイトとしてF1復帰を果たしたかと思われた。しかし、当時リジェチームのマネージングディレクターであったトム・ウォーキンショーとの確執などが原因で、この年は、マーティン・ブランドルとシートをシェアする形になり、わずか6戦に参戦するに留まった。ウォーキンショーが必要としたのはあくまでも無限エンジンであり、その為に日本人ドライバーである亜久里を起用したに過ぎなかったためである。また以前よりスポーツカーなどで起用し懇意にしていたブランドルを優先させたいという思惑もあった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たエディ・アーバイン

    1994年には、かつての恩人・舘信秀の誘いを受け、亜久里の提示する条件をトヨタが飲む形でトムスから全日本ツーリングカー選手権(JTCC)に参戦。だが、F1への復帰は諦めておらず、第2戦パシフィックGPに、3レース出場停止中であったエディ・アーバインの代役として、ジョーダンから1戦のみスポット参戦している。しかし結果はマシントラブルに依るリタイアであった。リタイア直後、ピットリポーターの津川哲夫が亜久里にインタビューした際「次…(じゃあ、頑張って下さい)」と発すると、津川のいつもの締めの言葉を待っていたかのように「次、ないんだ」との返答をしている。当意即妙ではあったものの、このシーズンの亜久里の立場をよく表すものであった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たトム・ウォーキンショー

    1995年には無限エンジンを積むリジェチームから、オリビエ・パニスのチームメイトとしてF1復帰を果たしたかと思われた。しかし、当時リジェチームのマネージングディレクターであったトム・ウォーキンショーとの確執などが原因で、この年は、マーティン・ブランドルとシートをシェアする形になり、わずか6戦に参戦するに留まった。ウォーキンショーが必要としたのはあくまでも無限エンジンであり、その為に日本人ドライバーである亜久里を起用したに過ぎなかったためである。また以前よりスポーツカーなどで起用し懇意にしていたブランドルを優先させたいという思惑もあった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た山本左近

    ドライバーは佐藤琢磨と井出有治の日本人コンビ(井出のシートは、後にフランス人のフランク・モンタニー、山本左近に変更になる)。タイヤはブリヂストン、エンジンはホンダV8、さらにサマンサタバサやアデランス、ENEOSなど多くの日本企業のスポンサーがつくという「オール・ジャパン」チームでの参戦となった。なおチームの正式名称はその後スーパーアグリF1チームに変更されることが2006年3月24日に発表された。しかし、上記の日本企業のスポンサーが全て小口スポンサーで、さらに間に入った広告代理店の電通が多額の手数料を取ったためにチームに入る資金は少なく、2007年シーズン前に電通との関係を断ったため、サマンサタバサを除く殆どの日本企業のスポンサーが去ってしまう結果となった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た柳田春人

    1983年レース活動資金が底をつき、引退を考えた時期がある。その相談をトムスの舘信秀に持ちかけたところ、舘は「自分のところで走らせることはできないが他で走れるところを探してやる」と、トヨタ系の舘が日産系セントラル20のオーナー柳田春人(柳田真孝の父)を紹介した。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たフォーミュラ・ニッポン

    F1ドライバーを引退した亜久里は、1996年にスーパーアグリカンパニーを設立。自らはドライバーとして全日本GT選手権やル・マン24時間レースに参戦し、1998年のル・マンでは総合3位に入賞、日本人では初めてF1とル・マンの両方の表彰台に上がったドライバーとなる。一方で、船井電機をスポンサーとした「FUNAI SUPER AGURI」チームをフォーミュラ・ニッポンにエントリーさせる。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たフォーミュラ1

    中嶋悟に次ぐ日本人2人目のF1フルタイムドライバー。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たドイツグランプリ

    こうした逆風の中、ドイツGPでは実に4年振り(51戦振り)となる6位入賞を果たした。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

135件中 41 - 50件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード