163件中 51 - 60件表示
  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たトム・ウォーキンショー

    1995年には無限エンジンを積むリジェチームと、オリビエ・パニスのチームメイトとして契約した。しかし、マネージングディレクターのトム・ウォーキンショーが推すマーティン・ブランドルとシートをシェアする形になり、わずか6戦に参戦するに留まった。ウォーキンショーが必要としたのは無限エンジンであり、その為に日本人ドライバーである亜久里を起用したに過ぎなかったためである。また、トム・ウォーキンショー・レーシング (TWR) が運営していた耐久レースのジャガーチームで活躍したブランドルを優先させたいという思惑もあった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た根本進

    東京都で生まれる。父親の鈴木正士(愛称:ジャッキー)はフランス領マルティニーク出身のフランス人と日本人の間に生まれたハーフで、亜久里自身はクォーターになる。名前の"亜久里"は、根本進の漫画『クリちゃん』に登場する兄弟(「アッちゃん」と「クリちゃん」)が由来である。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た柳田春人

    1983年レース活動資金が底をつき、引退を考えた時期がある。その相談をトムスの舘信秀に持ちかけたところ、舘は「自分のところで走らせることはできないが他で走れるところを探してやる」と、トヨタ系の舘が日産系セントラル20のオーナー柳田春人(柳田真孝の父)を紹介した。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たフォーミュラ・ニッポン

    F1ドライバーを引退した亜久里は、1996年にスーパーアグリカンパニーを設立。自らはドライバーとして全日本GT選手権やル・マン24時間レースに参戦し、1998年のル・マンでは総合3位に入賞、日本人では初めてF1とル・マンの両方の表彰台に上がったドライバーとなる。一方で、船井電機をスポンサーとした「FUNAI SUPER AGURI」チームを率いてフォーミュラ・ニッポンにエントリーした。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た日本人

    まずまずの戦闘力を持つマシンを手にし、「これでダメなら引退」との思いで臨んだシーズン中盤のイギリスGPで6位初入賞し、終盤のスペインGPでも再び6位入賞を記録。次戦日本GPでは上位勢がクラッシュなどで離脱する波乱のレースを、一時はファステストラップを記録して生き残り、ついに3位初表彰台を獲得した。これは2004年アメリカGPで佐藤琢磨が3位入賞するまで、長い間アジア人(および日本人)ドライバーとして唯一のF1における表彰台だった。母国日本グランプリにおいても、2012年に小林可夢偉が表彰台に上がるまで唯一の日本人ドライバーであった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たフォーミュラ1

    中嶋悟に次ぐ日本人2人目のF1フルタイムドライバー。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たドイツグランプリ

    こうした逆風の中、ドイツGPでは実に4年振り(51戦振り)となる6位入賞を果たした。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たイギリスグランプリ

    まずまずの戦闘力を持つマシンを手にし、「これでダメなら引退」との思いで臨んだシーズン中盤のイギリスGPで6位初入賞し、終盤のスペインGPでも再び6位入賞を記録。次戦日本GPでは上位勢がクラッシュなどで離脱する波乱のレースを、一時はファステストラップを記録して生き残り、ついに3位初表彰台を獲得した。これは2004年アメリカGPで佐藤琢磨が3位入賞するまで、長い間アジア人(および日本人)ドライバーとして唯一のF1における表彰台だった。母国日本グランプリにおいても、2012年に小林可夢偉が表彰台に上がるまで唯一の日本人ドライバーであった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たスペイングランプリ

    まずまずの戦闘力を持つマシンを手にし、「これでダメなら引退」との思いで臨んだシーズン中盤のイギリスGPで6位初入賞し、終盤のスペインGPでも再び6位入賞を記録。次戦日本GPでは上位勢がクラッシュなどで離脱する波乱のレースを、一時はファステストラップを記録して生き残り、ついに3位初表彰台を獲得した。これは2004年アメリカGPで佐藤琢磨が3位入賞するまで、長い間アジア人(および日本人)ドライバーとして唯一のF1における表彰台だった。母国日本グランプリにおいても、2012年に小林可夢偉が表彰台に上がるまで唯一の日本人ドライバーであった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たベルギーグランプリ

    このような厳しい状況に置かれた中開幕戦のアメリカGPでは中嶋悟に次ぐ6位に入賞するも、それ以降はベルギーGPをはじめとする4度の予選落ちを含め、一度も完走することができなかった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

163件中 51 - 60件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード