135件中 51 - 60件表示
  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たイギリスグランプリ

    まずまずの戦闘力を持つマシンを手にし、「これでダメなら引退」との思いで臨んだシーズン中盤のイギリスGPで6位初入賞。終盤のスペインGPでも再び6位入賞を記録し、次戦日本GPでは混乱のレースを、一時はファーステスト・ラップをたたき出して生き残り、ついに3位表彰台に上り詰める。これは2004年アメリカGPで佐藤琢磨が3位入賞するまで、長い間アジア人(及び日本人)ドライバーとして唯一のF1における表彰台だった。母国日本グランプリにおいても、2012年に小林可夢偉が表彰台に上がるまで唯一の日本人ドライバーであった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たスペイングランプリ

    まずまずの戦闘力を持つマシンを手にし、「これでダメなら引退」との思いで臨んだシーズン中盤のイギリスGPで6位初入賞。終盤のスペインGPでも再び6位入賞を記録し、次戦日本GPでは混乱のレースを、一時はファーステスト・ラップをたたき出して生き残り、ついに3位表彰台に上り詰める。これは2004年アメリカGPで佐藤琢磨が3位入賞するまで、長い間アジア人(及び日本人)ドライバーとして唯一のF1における表彰台だった。母国日本グランプリにおいても、2012年に小林可夢偉が表彰台に上がるまで唯一の日本人ドライバーであった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たベルギーグランプリ

    1991年は、このような厳しい状況に置かれたラルースチーム(エンジンはコスワースDFR)から引き続き参戦。開幕戦のアメリカGPでは中嶋悟に次ぐ6位に入賞するも、それ以降はベルギーGPをはじめとする4度の予選落ちを含め、一度も完走することができなかった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たチームオーダー

    F1引退後からしばらくはしばしばF1解説者としてTV出演や雑誌への講評をしていた。しかし、モナコ在住時からの友人であるミハエル・シューマッハをやたらひいきする言動が多かった。実際、ミハエルがドライビングミスをするたびに、「ミハエルがあんなミスをするところ、僕は見たことがない」と言っていた。また、とある雑誌で、フェラーリの露骨なチームオーダー作戦についても、「当然のこと。フェラーリは、ミハエルを勝たせるためのチームだから」と評した。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た国際自動車連盟

    元は因縁のウォーキンショーが所有していたアロウズの施設とメンバーを中心にしたスタッフで構成され、シャシーについても、参戦までの時間的制約と、過去2年間に他チームが使用したシャシーについては、知的所有権の譲渡を含めて使用できないというFIAの判断が下されたことから、旧アロウズが2002年シーズンに使用していた「A23」をベースにした「SA05」で開幕後数戦に参戦することとなった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たブラジルグランプリ

    予備予選落ちを繰り返し、思うようなタイムが出せない、走らない車に「捨てちゃえよ、そんな車」とはき捨てたこともあった。ちなみにチームメイトのベルント・シュナイダーは、開幕戦のブラジルGPと日本GPで2回予備予選を通過している。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たスーパーアグリF1チーム

    ドライバーは佐藤琢磨と井出有治の日本人コンビ(井出のシートは、後にフランス人のフランク・モンタニー、山本左近に変更になる)。タイヤはブリヂストン、エンジンはホンダV8、さらにサマンサタバサやアデランス、ENEOSなど多くの日本企業のスポンサーがつくという「オール・ジャパン」チームでの参戦となった。なおチームの正式名称はその後スーパーアグリF1チームに変更されることが2006年3月24日に発表された。しかし、上記の日本企業のスポンサーが全て小口スポンサーで、さらに間に入った広告代理店の電通が多額の手数料を取ったためにチームに入る資金は少なく、2007年シーズン前に電通との関係を断ったため、サマンサタバサを除く殆どの日本企業のスポンサーが去ってしまう結果となった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たマクラーレン

    1993年はシーズン途中にマクラーレン製のアクティブサスペンションを購入して車の弱点であったマシンバランスに起因するハンドリング不良を打ち消すことに成功し、予選ではトップ10に入ることが多く、特にベルギーGPでは当時の日本人予選最高位タイの6番手に入った。しかし、フットワークFA14はギアボックスのトラブルが多く、亜久里は第9戦イギリスGPから第15戦日本GPまで7戦連続でリタイアしてしまった。最終戦オーストラリアGPで何とか7位に入ったものの、亜久里は2年間同チームに在籍したものの1度も入賞することができず、フットワーク本体の経営不振に伴うチーム運営からの撤退に伴い、1993年のシーズンオフにはとうとうF1のシートを失ってしまう。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たオーストラリアグランプリ

    1993年はシーズン途中にマクラーレン製のアクティブサスペンションを購入して車の弱点であったマシンバランスに起因するハンドリング不良を打ち消すことに成功し、予選ではトップ10に入ることが多く、特にベルギーGPでは当時の日本人予選最高位タイの6番手に入った。しかし、フットワークFA14はギアボックスのトラブルが多く、亜久里は第9戦イギリスGPから第15戦日本GPまで7戦連続でリタイアしてしまった。最終戦オーストラリアGPで何とか7位に入ったものの、亜久里は2年間同チームに在籍したものの1度も入賞することができず、フットワーク本体の経営不振に伴うチーム運営からの撤退に伴い、1993年のシーズンオフにはとうとうF1のシートを失ってしまう。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たM-TEC

    1992年に亜久里はかつてF3000時代のスポンサーだったフットワークを頼り、前年にアロウズを買収したフットワークチームに移籍。ホンダV10をベースとする無限エンジンを積んだフットワークのマシンに期待が集まったが、最高位はスペインGPの7位、入賞はおろか完走すらおぼつかないと言う結果に終わる。戦闘力に乏しかったせいだとも言われるが、チームメイトのミケーレ・アルボレートが11戦連続完走を見せ、他チームの信頼性が乏しかった序盤戦に何度か入賞していることを考えれば、やはりそれを言い訳にするのは無理があると思われる。シーズン前半には「コクピットが狭く、自身のドライビングポジションが取れない」旨を繰り返し訴えてはいたが、この点を改良したシャーシ投入後も亜久里は精彩を欠いていた。この年チームは6ポイントを獲得、コンストラクターズランキングで7位に入るが、全てアルボレートが1人で稼いだものだった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

135件中 51 - 60件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード