135件中 61 - 70件表示
  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たTBSテレビ

    その年の12月30日から翌日にかけて30時間放送されたTBSの番組テレビのちからにゲスト出演した。この出演は同番組のコーナー「スーパーキッズ21世紀夢チャレンジ」に登場した F1ドライバーになる事を夢見る天才カート少年 小林可夢偉 との対決の為であった。生ダラで丸坊主になった直後の亜久里は小林に「今日は小学生と戦うって聞いたから、中学生になってきたよ」と自分の頭をなでながら洒落を利かせた言葉を放つ。カート対決では小林に負けたが、小林は子供ながらに鈴木が手を抜いていた事に気付いており、当時の心境や悔しさをF1ドライバーになった後にも語っている。レース終了後、鈴木は少年時代の小林の力量を長所・短所を含めて的確に語っており、この出会いが後に小林が「F1ドライバー」という夢を叶える原動力の一つとなった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たランボルギーニ

    ローラ製のシャーシにランボルギーニV12エンジンを搭載したラルースのマシンは、シーズンが進むにつれて戦闘力を発揮するようになる。この年ラルースは予備予選を課せられていたのだが、チームメイトのエリック・ベルナールともども前半戦は全戦通過。前半戦でのポイント獲得で後半戦の予備予選が免除となった。また、この予備予選の1時間も戦闘力アップのための格好なテストとなっていた。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たばんせい山丸証券

    しかし2007年シーズン中に、ばんせい山丸証券からの紹介でシーズン開幕時に中華人民共和国(香港)に本拠地を置く石油貿易企業「SS UNITED GROUP」をメインスポンサーとして獲得し、さらにチーム最高位となる6位入賞を含む数度の入賞を飾るなどの活躍を見せたものの、「S・Sユナイテッド」からのスポンサー資金未払いが起きて急激に資金繰りが悪化し、2008年5月6日に都内で会見を開き、資金難によるF1撤退を表明した。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た興和

    興和(2006年 バンテリン1.0%エアロゲル)鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たフットワークインターナショナル

    1987年に入ると、新装なった全日本F3000選手権に参戦。大手運送会社のフットワークという大口スポンサーをつかんだのに加え、上述の松浦賢とのつながりからヤマハがコスワースDFVをベースに開発したコスワース・ヤマハOX77エンジン(5バルブ仕様)のワークスとなったことで強力な体制を得て、1987年にはシリーズ2位、翌1988年にはシリーズチャンピオンを獲得した。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たフェラーリ

    ミハエル・シューマッハのサイン入りフェラーリを売ってしまったことがある。(ジャンクSPORTSにて発言)鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たアデランス

    ドライバーは佐藤琢磨と井出有治の日本人コンビ(井出のシートは、後にフランス人のフランク・モンタニー、山本左近に変更になる)。タイヤはブリヂストン、エンジンはホンダV8、さらにサマンサタバサやアデランス、ENEOSなど多くの日本企業のスポンサーがつくという「オール・ジャパン」チームでの参戦となった。なおチームの正式名称はその後スーパーアグリF1チームに変更されることが2006年3月24日に発表された。しかし、上記の日本企業のスポンサーが全て小口スポンサーで、さらに間に入った広告代理店の電通が多額の手数料を取ったためにチームに入る資金は少なく、2007年シーズン前に電通との関係を断ったため、サマンサタバサを除く殆どの日本企業のスポンサーが去ってしまう結果となった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たSS UNITED GROUP

    しかし2007年シーズン中に、ばんせい山丸証券からの紹介でシーズン開幕時に中華人民共和国(香港)に本拠地を置く石油貿易企業「SS UNITED GROUP」をメインスポンサーとして獲得し、さらにチーム最高位となる6位入賞を含む数度の入賞を飾るなどの活躍を見せたものの、「S・Sユナイテッド」からのスポンサー資金未払いが起きて急激に資金繰りが悪化し、2008年5月6日に都内で会見を開き、資金難によるF1撤退を表明した。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た童夢 (自動車会社)

    2005年には、ARTAと童夢、ホンダのジョイントで作られたSUPER GT参戦のためのチーム「Team Honda Racing」のチーム代表にも就任したが、同チームは2006年一杯で解散し、その後も自チームで活動を続け鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たニッサン・モータースポーツ・インターナショナル

    その縁で亜久里は1984年に日産のF3エンジン開発を任され、1985年、ワークス活動を再開した日産のワークスドライバーに抜擢され、国内グループA(全日本ツーリングカー選手権)にニスモからスカイラインRSターボで参戦、また全日本耐久選手権(グループC)にも柳田とのコンビでローラ・T810/日産で参戦することになった。亜久里は初めて資金を気にしないでレースに専念できることになったのである。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

135件中 61 - 70件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード