89件中 61 - 70件表示
  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た鈴木保奈美鈴木保奈美

    1998年(平成10年)に放送された鈴木保奈美主演のテレビドラマ「ニュースの女」のサブタイトルには全て、キャンディーズの楽曲のタイトルが使われた。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 滝沢秀明

    滝沢秀明から見た鈴木保奈美鈴木保奈美

    ちなみに同期は今井翼と屋良朝幸で事務所に入所した日が同じである(滝沢・今井談:『ザ少年倶楽部プレミアム』より)。同年フジテレビ系の『木曜の怪談』における主演を経て、1998年、鈴木保奈美と共演した『ニュースの女』で人気を得た。滝沢秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 山本圭一

    山本圭一から見た鈴木保奈美鈴木保奈美

    タレント時代は堀内健や石橋貴明らと遊ぶことがあった、自身はなんとか石橋家に呼んでもらおうと画策するも、夫人である鈴木保奈美が山本を露骨に嫌っており、石橋貴明に対し「あの人(山本)だけは絶対に家には連れて来ないで」と釘を刺したため、実現には至らなかった(2003年放送のフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ! 」の「岡女体育祭」や2004年放送の同局「27時間テレビ・生笑わず嫌い王」内にて)。山本圭一 フレッシュアイペディアより)

  • びんびんシリーズ

    びんびんシリーズから見た鈴木保奈美鈴木保奈美

    鈴木保奈美:(スポンサーの社長令嬢でもある職場のアルバイト役)びんびんシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 公文裕明

    公文裕明から見た鈴木保奈美鈴木保奈美

    1994年後半のベルマーレ旋風の立役者。ジャパンフットボールリーグ時代からの、岩本輝雄、名良橋晃による超攻撃的両サイドバックがどんどん上がるスタイルを取っていたベルマーレだったが、Jリーグでは通用せず、Jリーグ昇格直後の1994年のJリーグ・サントリーシリーズでは大量失点に悩んでいた。しかし、岩本をオフェンシブハーフの位置にあげ、公文を左サイドに置くと、本来の攻撃力はそのままに守備が安定、快勝を続けた。公文が出場停止となった2試合ではともに敗れており、この2敗がなければ優勝できる可能性が高かった(優勝はヴェルディ川崎。勝ち点差は3、得失点差は同点)。「公文式勝利の方程式」と呼ばれるなど、高い守備力を持ったサイドバックであった。高校の同級生に鈴木保奈美がいる。公文裕明 フレッシュアイペディアより)

  • グッチ裕三

    グッチ裕三から見た鈴木保奈美鈴木保奈美

    石橋貴明とは石橋が駆け出しのころからの親友である。グッチが最初の結婚をして間もない頃、まだ売れてなかった石橋が足しげくグッチ宅にあがりこんでは飲食するのを繰り返していたため、妻が「グッチと石橋は絶対ホモだ!」と仲人に泣きついてしまい、グッチは仲人にこっ酷く叱られ、これが原因でスピード離婚となった。しかしグッチと石橋はそれからも互いの離婚・再婚を経た今も、石橋の現在の妻・鈴木保奈美を交えて変わらぬ付き合いを続けているという。グッチ裕三 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ラブストーリー

    東京ラブストーリーから見た鈴木保奈美鈴木保奈美

    フジテレビ月9ドラマ初期の代表作。1991年(平成3年)1月から3月に放送。鈴木保奈美、織田裕二が主演。原作では主に完治の視点を中心に展開したが、ドラマではリカを中心にすえ、彼女の心情を描いた。プロデューサーの大多亮によると、主演が決まっていた鈴木に自分が演じる役をさとみとリカから選ばせたところ、リカと即答したという。また、リカの性格や行動は原作とは大きく違う点も多い。また、企画段階では完治、三上役には緒形直人、本木雅弘が予定されていたが諸般の事情で織田、江口に変更となった。東京ラブストーリー フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデン・アロー賞

    ゴールデン・アロー賞から見た鈴木保奈美鈴木保奈美

    、バーニングプロダクション、スターダストプロモーション、エイベックス・エンタテインメント(旧・アクシヴ)なども受賞辞退の方針、もしくは受賞の対象としていない模様であった。また事務所の意向と特に関係なさそうなところでは蜷川幸雄、渡哲也、横山やすし・西川きよし(きよしはヘレン夫人と連名で話題賞受賞歴あり)、和田アキ子、役所広司、久本雅美、黒木瞳、薬師丸ひろ子、山口智子、鈴木保奈美、Wink、和久井映見、寺島しのぶ、宮沢りえなどといった、大物やその年度を代表する活躍を見せた芸能人にも受賞歴がない。ゴールデン・アロー賞 フレッシュアイペディアより)

  • パナソニックスペシャル

    パナソニックスペシャルから見た鈴木保奈美鈴木保奈美

    5月の風〜ひとりひとりの二人〜(NNS・日本テレビ系列):1991年5月22日に放送された2時間ドラマ。出演は鈴木保奈美、風間トオル、松下由樹ら。主題歌として岡村孝子の『Good-Day 〜思い出に変わるならば〜』が使用され、作品中にも岡村孝子の楽曲が数多く使われた。パナソニックスペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 相原勇

    相原勇から見た鈴木保奈美鈴木保奈美

    1984年、ピーター・パンを演じるためには芸能界に入る必要があると考え、高校生の時、第9回ホリプロタレントスカウトキャラバンに応募。中国・四国地区代表として決勝まで残る。この時の優勝者は井森美幸であった。他に決勝に残った中に鈴木保奈美がいる。相原勇 フレッシュアイペディアより)

89件中 61 - 70件表示

「鈴木保奈美」のニューストピックワード