31件中 21 - 30件表示
  • ソウルオリンピック日本選手団

    ソウルオリンピック日本選手団から見た鈴木大地鈴木 大地

    鈴木大地(競泳男子100メートル背泳ぎ)ソウルオリンピック日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • すぽると!

    すぽると!から見た鈴木大地鈴木 大地

    Born in Japan(日本人が世界と互角に戦える体力づくりを模索するスポーツ科学コーナー。鈴木大地が登場)すぽると! フレッシュアイペディアより)

  • 習志野市

    習志野市から見た鈴木大地鈴木 大地

    鈴木大地(水泳選手ソウルオリンピック100m背泳ぎ金メダリスト)習志野市 フレッシュアイペディアより)

  • 競泳

    競泳から見た鈴木大地鈴木 大地

    もともと体格的に劣るという面で不利なタイム競技である競泳において世界の競泳レベルがアップしていく中、日本は国際競争力を少しずつ落として行き、1964年東京オリンピック以降は完全に低迷期に入った。1988年ソウルオリンピックでは、鈴木大地が100m背泳ぎで金メダルを獲得して日本競泳陣に16年ぶりの金メダルをもたらし、日本人の短距離種目での金メダル獲得が当時の日本のスポーツ界に大きな影響を与え、1992年バルセロナオリンピックでは、岩崎恭子が200m平泳ぎで金メダルを獲得して14歳6日の競泳最年少記録で金メダリスト(オリンピックメダリスト日本人最年少記録)になるなど、競泳界から国民的英雄を輩出して単発的にメダルを獲得する事はあったが、競泳界全体のレベルは上がらず、1968年メキシコシティオリンピック、1976年モントリオールオリンピック、1984年ロサンゼルスオリンピック、1996年アトランタオリンピックでは、メダルもゼロに終わった。競泳 フレッシュアイペディアより)

  • 背泳ぎ

    背泳ぎから見た鈴木大地鈴木 大地

    バサロ泳法(潜水泳法)はスタート及びターンから15メートルまでと規定されている。これは規定のなかった1980年代、本来の背泳ぎのフォームではないバサロ泳法による遊泳距離が長い選手が優位に立っており、競技としての形骸化が指摘されたためである。1988年のソウルオリンピックで鈴木大地が30メートルのバサロ泳法により金メダルを獲得したことを契機に規定が設けられ、オリンピック直後のルール改正によりバサロ泳法の距離は10メートルに制限された。1991年に15メートルに緩和され、現在に至る。背泳ぎ フレッシュアイペディアより)

  • ソウルオリンピック

    ソウルオリンピックから見た鈴木大地鈴木 大地

    鈴木大地(日本、競泳男子100m背泳ぎ)ソウルオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・バーコフ

    デビッド・バーコフから見た鈴木大地鈴木 大地

    大学時代からバサロの研究を始め、1998年ソウルオリンピックのアメリカ代表選考会で100m背泳ぎの世界新記録を出し、ソウルオリンピックの予選では、54秒51と自己の記録を更新するが、決勝で日本の鈴木大地の前に破れ銀メダルに終わった。1992年のバルセロナオリンピックにも出場するが100m背泳ぎで銅メダルとなり、個人種目での金メダル獲得はならなかった。2005年、国際水泳連盟の殿堂入りを果たした。デビッド・バーコフ フレッシュアイペディアより)

  • 3月10日

    3月10日から見た鈴木大地鈴木 大地

    1967年 - 鈴木大地、競泳選手(ソウルオリンピック金メダリスト)、順天堂大学講師3月10日 フレッシュアイペディアより)

  • 泰日協会学校

    泰日協会学校から見た鈴木大地鈴木 大地

    2005年(平成17年):鈴木大地(元水泳選手・オリンピック金メダリスト)泰日協会学校 フレッシュアイペディアより)

  • 姫ちゃんのリボン

    姫ちゃんのリボンから見た鈴木大地鈴木 大地

    名前は水泳選手の鈴木大地から取られた。姫ちゃんのリボン フレッシュアイペディアより)

31件中 21 - 30件表示

「鈴木大地」のニューストピックワード