前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • デーモン・ホリンズ

    デーモン・ホリンズから見た鈴木尚広鈴木尚広

    2007年の開幕スタメンは鈴木尚広だったが、レフト谷佳知、ライト高橋由伸が確定すると徐々にセンターのレギュラーを任され、後半戦は打棒が復活した清水隆行などと併用された。開幕前は外野守備に不安がある、と言われていたが、守備範囲は狭いものの実際はエラーは少なく、ダイビングキャッチをすることも少なくない。送球も無難にこなしている。デーモン・ホリンズ フレッシュアイペディアより)

  • 堤内健

    堤内健から見た鈴木尚広鈴木尚広

    初奪三振:同上、1回裏に鈴木尚広から堤内健 フレッシュアイペディアより)

  • レス・ウォーランド

    レス・ウォーランドから見た鈴木尚広鈴木尚広

    初奪三振:同上、1回表に鈴木尚広からレス・ウォーランド フレッシュアイペディアより)

  • 緒方耕一

    緒方耕一から見た鈴木尚広鈴木尚広

    「マイクを持った盗塁王」のキャッチコピーでTBSラジオのベンチレポート解説を務めた後(一時期、ナイターの事前番組・事後番組のパーソナリティも担当)、2002年に就任した原辰徳監督に請われ巨人の二軍コーチを歴任、鈴木尚広などに自己のノウハウを伝授した後、2003年に退団。緒方耕一 フレッシュアイペディアより)

  • 日本シリーズにおける各種記録

    日本シリーズにおける各種記録から見た鈴木尚広鈴木尚広

    4試合 2?土屋正孝(巨人、1959年)、近藤和彦(大洋、1960年)、鈴木武(大洋、1960年)、山内和弘(大毎、1960年)、鈴木尚広(巨人、2002年)、赤星憲広(阪神、2005年)日本シリーズにおける各種記録 フレッシュアイペディアより)

  • メークドラマ

    メークドラマから見た鈴木尚広鈴木尚広

    さらに、2年目の坂本勇人がプロ初本塁打を満塁弾で決めるなど、二岡智宏に代わって遊撃手のレギュラーに定着。中継ぎ投手の山口鉄也・越智大祐が毎試合のように登板したほか、若手野手も亀井義行・脇谷亮太・隠善智也・加治前竜一などを積極的に日替わりでスターティングメンバーに起用。これに加えて西村健太朗が5月末までに両リーグトップとなる29試合に登板してリリーフ陣を支えたほか、守備要員として鈴木尚広・古城茂幸などを試合終盤に多く起用、谷佳知・木村拓也・大道典嘉といった代打要員の中堅・ベテラン選手も日替わりで活躍した。メークドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 藤村大介 (野球)

    藤村大介 (野球)から見た鈴木尚広鈴木尚広

    は年明けに阿部慎之助主宰のグアムでの自主トレに参加。自身初となる開幕一軍入りを果したものの、二塁手の定位置を失い、寺内崇幸や古城茂幸と併用された。また、前年の盗塁王でありながら、5月8日の横浜戦ではサヨナラの場面で代走に鈴木尚広が送られた。シーズン終盤になると調子を取り戻し、9月以降はほぼすべての試合に「2番・二塁」でスタメン出場した。前年より打席数は減ったものの、前年を上回る打率.252を記録した反面、盗塁数14、盗塁成功率.667はともに前年を下回った。中日とのCSファイナルステージでは第1・2戦に「2番・二塁」で先発出場。しかし、第3戦以降はスタメンを外れ、日本ハムとの日本シリーズでもベンチを暖めた。チームは日本一になったものの、藤村はプレーオフ合計で10打数無安打、日本シリーズ第4戦ではサヨナラ負けにつながるエラーを犯した。契約更改では、200万円減となる2200万円でサインした。藤村大介 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 神戸蘭子

    神戸蘭子から見た鈴木尚広鈴木尚広

    プロ野球は大の読売ジャイアンツファンで、球場での観戦も趣味の一つ。日本ハムに移籍前の二岡智宏内野手のファンだったが、現在は鈴木尚広外野手のファンである。また、自分の名前(「RANRAN」、背番号12)を入れたジャイアンツ風デザインのユニフォームと、鈴木外野手のサインボールは宝物の1つである(ユニフォームは、2009年8月13日放送の『スペシャルギフト』(日本テレビ)で仲良しのJJモデル土岐田麗子を野球観戦に招待した際に、自身でデザインしたもの。土岐田のもの(「TOKKY」、背番号15)もデザインし、ギフトとしてプレゼントした)。神戸蘭子 フレッシュアイペディアより)

  • アシックス

    アシックスから見た鈴木尚広鈴木尚広

    野球 - イチロー(シューズ、エルボーガード、アンダーシャツおよびアンダーソックス)、金本知憲、藤川球児、工藤公康、岩瀬仁紀、高橋由伸、福留孝介、今岡誠、川崎宗則、井端弘和、糸井嘉男、赤田将吾、英智(いずれもスパイクのみ)、小坂誠、井口資仁、前田智徳、涌井秀章、今江敏晃、鈴木尚広アシックス フレッシュアイペディアより)

  • 橋本到

    橋本到から見た鈴木尚広鈴木尚広

    仙台育英高校では1年春からベンチ入りし、秋から中堅手としてレギュラーを獲得。2年春・夏、3年夏と甲子園に3度出場。3年夏は6打席連続ヒットを放つなど、甲子園通算で24打数12安打の高打率を残す。打撃に加え、一塁到達タイムが3秒89、遠投120メートルの走攻守の3拍子が揃った選手として「みちのくのイチロー」の異名で呼ばれた。2008年のドラフト会議において、読売ジャイアンツから4位指名され入団。大森剛スカウトからは「鈴木尚広以上の素質」、「球界を代表する1番打者に」と期待を寄せられた。橋本到 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「鈴木尚広」のニューストピックワード