前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • デーモン・ホリンズ

    デーモン・ホリンズから見た鈴木尚広鈴木尚広

    2007年の開幕スタメンは鈴木尚広だったが、レフト谷佳知、ライト高橋由伸が確定すると徐々にセンターのレギュラーを任され、後半戦は打棒が復活した清水隆行などと併用された。開幕前は外野守備に不安がある、と言われていたが、守備範囲は狭いものの実際はエラーは少なく、ダイビングキャッチをすることも少なくない。送球も無難にこなしている。デーモン・ホリンズ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た鈴木尚広鈴木尚広

    V9時代のエースだった堀内が監督に就任、生え抜きの高橋由伸らに加え、前年までで近鉄との契約が終わったタフィ・ローズ、ダイエーから膝の靭帯を断裂した後出場のなかった小久保裕紀を獲得した。かねてより所属する清原和博、ペタジーニ、江藤智などのさまざまな球団で活躍した4番打者が1チームに顔をそろえるという超重量打線となった。長嶋終身名誉監督に「史上最強打線」と名付けられた打線は、事実この年に年間259本塁打のプロ野球新記録を樹立。しかし、259本塁打の新記録を達成したものの100打点を挙げた打者が一人もいなかったことやチーム最多盗塁が鈴木尚広の9と機動力をあまり駆使しなかったことで繋がりを欠いたことや防御率の低下により成績は前年と同じ3位だった。近鉄・オリックスの合併問題に端を発したプロ野球再編問題では、球団スカウトが行った明治大学の投手一場靖弘への不正な金銭授受の責任を取り渡邉恒雄がオーナー職を辞任した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 脇谷亮太

    脇谷亮太から見た鈴木尚広鈴木尚広

    ''(1年目)に、イースタン・リーグで8打席連続安打を記録し、6月4日の対西武ライオンズ戦で、小久保裕紀に代わり一軍登録、即先発出場を果たした。この試合で9回裏に三塁打を放ち、清水隆行の犠飛で本塁に生還し、チームのサヨナラ勝ちに貢献した。さらに6月8日の対福岡ソフトバンクホークス戦で、斉藤和巳の完全試合とノーヒットノーランを阻止する投手内野安打を放ったが、直後に牽制でアウトとなり、結果的に打者27人の準完全試合を決められた。なお、翌3月4日の対ソフトバンク戦(オープン戦)でも、9回二死の状況で完全試合を阻止するこの試合唯一の安打を放っている。同年シーズン後半は1番・二塁手として固定され、2番・中堅手の鈴木尚広と「ダブル1番」として出場。8月15日の対東京ヤクルトスワローズ戦では1番・二塁手でスタメン出場すると、5打数4安打の猛打賞の活躍を見せたほか、10月5日の対横浜ベイスターズ戦では土肥義弘からプロ初本塁打を放った。シーズンでは後半戦200打席超で、打率.270の成績を残した。脇谷亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 一日署長

    一日署長から見た鈴木尚広鈴木尚広

    ガチャピン・和田アキ子・舘ひろし・山田邦子・深田恭子・松浦亜弥・後藤真希・鈴木あみ・山口もえ・田岡一雄・北村総一朗・斉藤暁・小野武彦・深津絵里・星野有香・高橋名人・三枝夕夏・国分佐智子・吉岡美穂・栃東大裕・長谷川穂積・鈴木尚広、星出彰彦、ディーオ、田中英祐、六角彩子、小池里奈、森島寛晃、又吉克樹、後藤洋央紀、出世大名家康くん、鈴木正幸、小林星蘭、桃瀬美咲、北條史也、陽川尚将、渡辺徹、すみれ、えとう窓口、アイくるガールズ、さくらまや、ねづっち、田中刑事、中村橋之助、玉鷲一朗、ひげのおじさん、山本雪乃、氷川きよし、前田敦子、大仁田厚、哀川翔、佐山聡、いとうまい子、安藤美姫、舞の海秀平、岩佐美咲、ウルトラマン、吉倉あおい、梶裕貴、KENN、小久保志乃、大久保嘉人、風間俊介、原晋、桜庭ななみ、桜田ひより、小野彩香、野呂佳代、鈴木梨央、鈴木福、小林星蘭、高島礼子、コロッケ、博多華丸、福原愛、宮崎美穂、香里奈、渡辺直美、北山たけし、前田瑠美、藤本たから、山崎直子、筧美和子、山下永夏、有森裕子、三星マナミ、松本若菜、川崎純情小町☆、しんじょう君など多数。一日署長 フレッシュアイペディアより)

  • 堤内健

    堤内健から見た鈴木尚広鈴木尚広

    初奪三振:同上、1回裏に鈴木尚広から見逃し三振堤内健 フレッシュアイペディアより)

  • ベスト・ファーザー イエローリボン賞

    ベスト・ファーザー イエローリボン賞から見た鈴木尚広鈴木尚広

    原口一博、渡辺喜美、似鳥昭雄、榊原英資、佐藤隆太、野口健、鈴木尚広、木村拓也(特別賞)ベスト・ファーザー イエローリボン賞 フレッシュアイペディアより)

  • 紺田敏正

    紺田敏正から見た鈴木尚広鈴木尚広

    現役時代は12球団対抗のプロ野球オールスタースーパーバトル2004の100m走、同2006の50m走では西岡剛や鈴木尚広などの俊足で有名な選手を破り優勝を果たすなど、球界最速クラスの俊足を誇っていた。紺田敏正 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸蘭子

    神戸蘭子から見た鈴木尚広鈴木尚広

    プロ野球は大の読売ジャイアンツファンで、球場での観戦も趣味の一つ。日本ハムに移籍前の二岡智宏内野手のファンだったが、現在は鈴木尚広外野手のファンである。また、自分の名前(「RANRAN」、背番号12)を入れたジャイアンツ風デザインのユニフォームと、鈴木外野手のサインボールは宝物の1つである(ユニフォームは、2009年8月13日放送の『スペシャルギフト』(日本テレビ)で仲良しのJJモデル土岐田麗子を野球観戦に招待した際に、自身でデザインしたもの。土岐田のもの(「TOKKY」、背番号15)もデザインし、ギフトとしてプレゼントした)。神戸蘭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中村稔 (プロ野球審判)

    中村稔 (プロ野球審判)から見た鈴木尚広鈴木尚広

    10年連続出場となった2008年の日本シリーズ第三戦で一塁塁審を務める。3回裏の巨人・鈴木尚広のきわどい内野ゴロをセーフと判定した。翌日のスポーツ紙ではアウトだったとされている。中村稔 (プロ野球審判) フレッシュアイペディアより)

  • 藤瀬史朗

    藤瀬史朗から見た鈴木尚広鈴木尚広

    入団一年目の1976年はファーム暮らしに終わるも、二年目は二軍で盗塁を稼いでいた所西本幸雄監督に一軍招聘され、以後は足のスペシャリストとして活躍。外野手として登録されていたが、代走で出場する機会が圧倒的に多かった。実働7年間の選手生活で117盗塁を決めているが(盗塁失敗は7年間で28であり、盗塁成功率は実に80.7%という高率である)、うち代走で決めたものが105を数え、2014年に読売ジャイアンツ所属の鈴木尚広に抜かれるまで通算代走盗塁数のプロ野球記録となっていた。緊迫した試合終盤での代走起用が殆どで相手バッテリーの警戒も強い中、1979年は27盗塁成功で盗塁死3と成功率90%という驚異的な数字で球団創設以来の初優勝に貢献した。年間代走盗塁数25(1979年)、同一カード連続盗塁成功数33(対阪急戦)といったプロ野球記録も持っている。藤瀬史朗 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示

「鈴木尚広」のニューストピックワード