47件中 11 - 20件表示
  • レス・ウォーランド

    レス・ウォーランドから見た鈴木尚広鈴木尚広

    初奪三振:同上、1回表に鈴木尚広から見逃し三振レス・ウォーランド フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た鈴木尚広鈴木尚広

    読売ジャイアンツの鈴木尚広が対ヤクルト戦(東京ドーム)で代走で出場した9回に二盗に成功し、NPB通算200盗塁2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 代走

    代走から見た鈴木尚広鈴木尚広

    通算代走盗塁数 - 鈴木尚広(132盗塁、2016年10月10日現在)。代走 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本プロ野球

    2016年の日本プロ野球から見た鈴木尚広鈴木尚広

    読売ジャイアンツの鈴木尚広が現役引退を表明。同日、NPBより鈴木を任意引退選手とする公示が行われた。2016年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 清水隆行

    清水隆行から見た鈴木尚広鈴木尚広

    ''、原辰徳が監督に復帰。前年より台頭した矢野謙次・鈴木尚広、シーズン途中に移籍してきた木村拓也・小関竜也などとの外野のポジション争いが熾烈を極めていたが、原は「清水・由伸は格が違う」と発言、左翼のスタメンを確約される。秋季キャンプで広岡達朗の指導で課題のスローイングの修正に取り組み、万全の体制でシーズンを開幕したかに思われた。6月3日の西武戦では左打者キラーの星野智樹からサヨナラ本塁打を放ち、翌日4日は初回に相手先発の西口から先頭打者ホームランを放ち、同点の9回にはサヨナラ犠飛を放ち、2試合連続でのサヨナラ打となった。しかし、その後は打撃が低迷し続け、打率2割近辺を上下するほどの打撃不振から抜け出せなくなってしまう。7月26日にはプロ入り11年目にして初めての二軍での調整試合を経験。再昇格後はセンターやライトでの出場も多くなる。打率.216、6本塁打という過去最低の打撃成績となり、大幅減俸を受け入れる。生え抜き野手最年長であった仁志の移籍により、当時の生え抜き野手最年長となった。この年規定打席に到達した外野手は1人もおらず、高橋由と清水は出場機会を確保したものの、矢野や鈴木の台頭によりこの年後半以降は不動のレギュラーを剥奪される。清水隆行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本シリーズにおける各種記録

    日本シリーズにおける各種記録から見た鈴木尚広鈴木尚広

    鈴木尚広(読売ジャイアンツ、2002年)日本シリーズにおける各種記録 フレッシュアイペディアより)

  • World Baseballエンタテイメント たまッチ!

    World Baseballエンタテイメント たまッチ!から見た鈴木尚広鈴木尚広

    スタジオゲスト・鈴木尚広(元・読売ジャイアンツ外野手)World Baseballエンタテイメント たまッチ! フレッシュアイペディアより)

  • TRAIN-TRAIN

    TRAIN-TRAINから見た鈴木尚広鈴木尚広

    元読売ジャイアンツの鈴木尚広の登場曲としても使用されていた(2015年と引退した2016年は打席のみならず、代走で起用された場合にも流れるケースがあった)。TRAIN-TRAIN フレッシュアイペディアより)

  • 最強スポーツ男子頂上決戦 総合順位 種目別順位

    最強スポーツ男子頂上決戦 総合順位 種目別順位から見た鈴木尚広鈴木尚広

    ショットガンタッチでは、佐野と野村に、サッカー界から槙野智章と永井謙佑、プロ野球界から元読売ジャイアンツの鈴木尚広が参戦。槙野と野村は12m40cm、鈴木が12m60cmの記録を残す中、佐野は12m80cmのスポダン芸能人新記録をマーク。その佐野を上回るスピードを見せた永井が13m00cmを成功し優勝。永井はその後、青木宣親の持つ世界記録13m60cmに挑み成功させ、世界記録保持者となった。最強スポーツ男子頂上決戦 総合順位 種目別順位 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2016年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た鈴木尚広鈴木尚広

    巨人は内海、DeNAは石田が先発。初回に両軍に2ラン本塁打が飛び出し、2回表には更に1点を失った巨人先発の内海が早々にノックアウト。第1戦でホームランを放った梶谷が負傷交代するなど波乱の幕開けとなった。その後は大竹寛と石田の投手戦が続くも、6回裏に前の打席で死球を受けていた村田がソロ本塁打を放ち巨人が同点に追いつく。DeNAは8回表無死1・2塁から倉本が併殺打、巨人も9回無死1塁で代走鈴木が牽制死と好機を逸し、試合は延長戦に突入。11回表、この回先頭の倉本の打球が巨人・澤村を強襲。澤村は右足に打球を受けて負傷、田原に投手が交代。エリアンの犠打で倉本が2塁へ進塁、1死2塁で嶺井がレフトオーバーのタイムリーヒットを放った。最後は山崎がピンチを招きながらも無失点で凌ぎ、2013年の広島以来となる3位からのファイナルステージ進出を果たした。巨人の敗退に従い、セ・リーグのファイナルステージで初めて東京の球団(巨人、ヤクルト)が出場を逃すこととなった。2016年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

47件中 11 - 20件表示

「鈴木尚広」のニューストピックワード