1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示
  • 藤井淳志

    藤井淳志から見た鈴木尚広鈴木尚広

    入団時、入場曲を中日スポーツで公募してTHE BLUE HEARTSの『TRAIN-TRAIN』に決めた(後に変更、同曲は巨人・鈴木尚広の入場曲として定着)。しかし2008年まではカウボーイビバップのOP『Tank!』を、2009年は当初はTHE BLUE HEARTSの『キスして欲しい』だったが現在、通常は『キスして欲しい』、チャンス時は『Tank!』と交互に使用している。2011年からはチャンス時もTHE BLUE HEARTSの『キスして欲しい』にしている。藤井淳志 フレッシュアイペディアより)

  • 紺田敏正

    紺田敏正から見た鈴木尚広鈴木尚広

    12球団対抗のプロ野球オールスタースーパーバトル2004の100m走、同2006の50m走では西岡剛や鈴木尚広などの俊足で有名な選手を破り優勝を果たすなど、球界最速クラスの俊足を誇る。紺田敏正 フレッシュアイペディアより)

  • 4月27日

    4月27日から見た鈴木尚広鈴木尚広

    1978年 - 鈴木尚広、プロ野球選手4月27日 フレッシュアイペディアより)

  • 相馬市

    相馬市から見た鈴木尚広鈴木尚広

    鈴木尚広(プロ野球選手・読売ジャイアンツ)相馬市 フレッシュアイペディアより)

  • 清水崇行

    清水崇行から見た鈴木尚広鈴木尚広

    、原辰徳が監督に復帰。前年のシーズン途中より台頭した矢野謙次・鈴木尚広、シーズン途中に移籍してきた木村拓也・小関竜也などとの外野のポジション争いが熾烈を極めていたが、原は「清水・由伸(高橋由伸)は格が違う」と発言、左翼のスタメンを確約される。秋季キャンプで広岡達朗の指導で課題のスローイングの修正に取り組み、万全の体制でシーズンを開幕したかに思われたが、持ち味である打撃が低迷し続け、打率2割近辺を上下するほどの打撃不振から抜け出せなくなってしまう。7月26日にはプロ入り11年目にして初めての二軍での調整試合を経験。再昇格後はセンターやライトでの出場も多くなる。打率.216、6本塁打という過去最低の打撃成績となり、大幅減俸を受け入れる。生え抜き野手最年長であった仁志の移籍により、当時の生え抜き野手最年長となった。清水崇行 フレッシュアイペディアより)

  • ズームイン!!サタデー

    ズームイン!!サタデーから見た鈴木尚広鈴木尚広

    最近では大道典嘉を筆頭に、鶴岡一成、古城茂幸、亀井義行などで結成されたウーウー隊(柳沢慎吾の持ちネタでパトカーのサイレンを真似した「ウーウー」を頻繁に行う集団。)のメンバーや、坂本勇人、松本哲也、鈴木尚広といった選手の他、コーチの篠塚和典、巨人軍球団職員のジョン・チョンヨン(イ・スンヨプの専属通訳)などが多く登場し、上記の巨人軍を去った地位所有者の後を継ぐような形で活躍している。ズームイン!!サタデー フレッシュアイペディアより)

  • 1978年

    1978年から見た鈴木尚広鈴木尚広

    4月27日 - 鈴木尚広、プロ野球選手1978年 フレッシュアイペディアより)

  • 原辰徳

    原辰徳から見た鈴木尚広鈴木尚広

    、引退も考えていた桑田真澄の先発復帰、故障で一軍から離脱していた河原純一の抑え転向、長嶋政権下ではスタメンを外れることの多かった清水隆行の1番起用など大胆な選手起用を行い、就任1年目にしてリーグ優勝に導いた。2002年の日本シリーズでは西武ライオンズ相手に球団史上初の無傷の4連勝で、長嶋や王が成し得なかった「監督初年度での日本一」を達成した。この年、松井秀喜と清水以外の選手は故障、翌年も怪我人の多い2年間だったものの、日本一となった2002年などは、当時の支配下選手70名中66名を一軍で適材適所で使い分け、二軍で好調だった選手を昇格後即スタメンで起用したり、積極的にエンドランや盗塁を用いる用兵で結果を残した。6月19日の対横浜戦の11回表無死一塁で、打者が投手で左打者の岡島秀樹、相手投手が左投げの河原隆一の場面、ベンチに控え野手清原和博・村田善則・鈴木尚広が残っている状況で、投手である桑田真澄を代打に指名した。横浜は投手を右投げの東和政に交代させ、守備陣はバントシフトを敷くが、桑田は初球をバスターエンドランし、試合に勝利した。原辰徳 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示

「鈴木尚広」のニューストピックワード