47件中 21 - 30件表示
  • メークドラマ

    メークドラマから見た鈴木尚広鈴木尚広

    さらに、松井以来の10代での開幕スタメンを射止めた高卒2年目の坂本勇人がプロ初本塁打を満塁弾で決めるなど、二岡智宏に代わる遊撃手のレギュラーとしてブレイク。他にも亀井義行・脇谷亮太・隠善智也・加治前竜一などを積極的に日替わりでスターティングメンバーに起用した。代走・守備固め要員では鈴木尚広・古城茂幸などを試合終盤に多く起用。谷佳知・木村拓也・大道典嘉といった代打要員の中堅・ベテラン選手も日替わりで活躍した。投手でも中継ぎでこの年の新人王を受賞することとなる山口鉄也や越智大祐が70試合近い登板を記録。これに加えて西村健太朗が5月末までに両リーグトップとなる29試合に登板してリリーフ陣を支えた。メークドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 緒方耕一

    緒方耕一から見た鈴木尚広鈴木尚広

    に巨人二軍外野守備・走塁コーチへ就任、鈴木尚広などに自己のノウハウを伝授した後、に退団。緒方耕一 フレッシュアイペディアより)

  • 4月27日

    4月27日から見た鈴木尚広鈴木尚広

    1978年 - 鈴木尚広、プロ野球選手4月27日 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本到

    橋本到から見た鈴木尚広鈴木尚広

    仙台育英高校では1年春からベンチ入りし、秋から中堅手としてレギュラーを獲得。2年春・夏、3年夏と甲子園に3度出場。3年夏は6打席連続ヒットを放つなど、甲子園通算で24打数12安打の高打率を残す。打撃に加え、俊足、強肩の走攻守3拍子が揃った選手として「みちのくのイチロー」の異名で呼ばれた。2008年のドラフト会議において、読売ジャイアンツから4位指名され入団。大森剛スカウトからは「鈴木尚広以上の素質」、「球界を代表する1番打者に」と期待を寄せられた。橋本到 フレッシュアイペディアより)

  • オコエ瑠偉

    オコエ瑠偉から見た鈴木尚広鈴木尚広

    高校時代に「走攻守すべてに積極性があり、冷静さもある」、「足と肩はプロでもトップレベル」とスカウトから評価され、ドラフト志望届提出時に同年のトリプルスリー達成選手である山田哲人、柳田悠岐のようになりたいと表明している。プレーを参考とする選手は、走塁では鈴木尚広、打撃では中田翔・山田哲人、守備では新庄剛志・イチローである。オコエ瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • 藤村大介 (野球)

    藤村大介 (野球)から見た鈴木尚広鈴木尚広

    は年明けに阿部慎之助主催のグアムでの自主トレに参加。自身初となる開幕一軍入りを果したものの、二塁手の定位置を失い、寺内崇幸や古城茂幸と併用された。また、前年の盗塁王でありながら、5月8日の横浜戦ではサヨナラの場面で代走に鈴木尚広が送られた。シーズン終盤になると調子を取り戻し、9月以降はほぼすべての試合に「2番・二塁」でスタメン出場した。前年より打席数は減ったものの、前年を上回る打率.252を記録した反面、盗塁数14、盗塁成功率.667はともに前年を下回った。中日とのCSファイナルステージでは第1・2戦に「2番・二塁」で先発出場。しかし、第3戦以降はスタメンを外れ、日本ハムとの日本シリーズでもベンチを暖めた。チームは日本一になったものの、藤村はプレーオフ合計で10打数無安打、日本シリーズ第4戦ではサヨナラ負けにつながるエラーを犯した。藤村大介 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 田中健二朗

    田中健二朗から見た鈴木尚広鈴木尚広

    ポストシーズンでは、読売ジャイアンツ(巨人)とのクライマックスシリーズ ファーストステージ第1戦(10月8日)でホールドを記録すると、第3戦(10日、いずれも東京ドーム)で勝利投手になった。チームの1勝1敗で迎えた第3戦では、同点の9回裏から登板。先頭打者・村田修一を内野安打で出塁させたものの、村田の代走・鈴木尚広への牽制球によって、プロ入り後初めて牽制刺を記録した。さらに、後続の打者を凡退させることで延長戦に持ち込むと、10回裏の巨人の攻撃を三者凡退に抑えた。結局、チームは延長11回表の勝ち越しを経て勝利するとともに、ファイナルステージへの進出を決めた。田中健二朗 フレッシュアイペディアより)

  • フランチャイズ・プレイヤー

    フランチャイズ・プレイヤーから見た鈴木尚広鈴木尚広

    鈴木尚広(読売ジャイアンツ、1997年-2016年)フランチャイズ・プレイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 仁志敏久

    仁志敏久から見た鈴木尚広鈴木尚広

    ''も一時は首位打者になるなど順調なスタートを切ったものの、ジョージ・アリアスの飛球を捕った元木大介に激突し、シーズン早々に故障した。この年の故障は打撃・守備・走塁に尾を引いてしまい、欠場中や後半戦には俊足の鈴木尚広が起用されることも多かった。仁志敏久 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た鈴木尚広鈴木尚広

    3月19日、プロ入り2年目で自身初の開幕投手に指名され、3月30日の開幕戦(札幌ドーム、埼玉西武ライオンズ戦)にて9回1失点で初の完投勝利を挙げた。プロ野球の開幕戦で初完投勝利を記録したのはの柿本実(中日ドラゴンズ)以来50年振り。パ・リーグではの榎原好(毎日オリオンズ)以来62年振り2人目。4月20日の対オリックス・バファローズ戦には初完封勝利を挙げた。6月6日の対広島東洋カープ戦(札幌ドーム)で自身の誕生日をバースデー勝利で飾るも、6戦連続で勝ち星から遠ざかるなど成績不振に陥り、7月30日に再調整のため出場選手登録抹消となった。若手主体のフューチャーズや社会人JX-ENEOS野球部に打ち込まれるなど、2軍でも7試合に先発し1勝5敗、防御率5.05、WHIP1.56と結果を残せなかったが、9月29日に2ヶ月ぶりに1軍へ復帰。1試合中継ぎ登板した後、10月5日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦に先発するも、4回2/3を6失点と打ち込まれ8敗目を喫し、翌日に登録を抹消されレギュラーシーズンを終えた。シーズン通算で被打率.300、被出塁率.374、QS率50%、失点率5.19という内容に終わり、RSAAは-20.74と、規定投球回数未満を含む12球団の全投手の中でワーストであった。クライマックスシリーズでは登板機会は無く、読売ジャイアンツとの日本シリーズでは第5戦の8回表から6点ビハインドの状況で敗戦処理として自身初のポストシーズン登板を果たし、プロ入り後の自己最速タイとなる147km/hを記録したが、鈴木尚広と松本哲也にタイムリーを浴びるなど2回2失点(自責2)という結果に終わった。シーズンを通して投球フォームが定まらず、本人は結果と調子の感覚が一致しなかったという。オフの11月6日に、「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」の日本代表が発表され代表入りした。シーズン終了後の契約更改では、500万円増の3500万円で更改した。この年の夏頃から肩に違和感を抱きはじめていたが、フォーム調整のために投げ込みを続けた結果痛みが悪化し、11月の終わりに右肩の関節唇損傷と診断された。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示

「鈴木尚広」のニューストピックワード