47件中 31 - 40件表示
  • 藤井淳志

    藤井淳志から見た鈴木尚広鈴木尚広

    入団時、入場曲を中日スポーツで公募してTHE BLUE HEARTSの『TRAIN-TRAIN』に決めた(後に変更、同曲は巨人・鈴木尚広の入場曲として定着)。その後、2008年まではカウボーイビバップのOP『Tank!』を、2009年は当初はTHE BLUE HEARTSの『キスして欲しい』だったが、通常時は『キスして欲しい』、チャンス時は『Tank!』の併用使用となった。2011年からはチャンス時も含め常にTHE BLUE HEARTSの『キスして欲しい』を入場曲として使用している。藤井淳志 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本シリーズ

    2008年の日本シリーズから見た鈴木尚広鈴木尚広

    優秀選手賞:鈴木尚広(巨人) - 第3戦で石井一から本塁打。トータルで4打点を記録。2008年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た鈴木尚広鈴木尚広

    他には、元南海の広瀬叔功(遊撃手→中堅手)、元阪神の真弓明信(遊撃手→二塁手→外野手)、元ロッテの西村徳文(二塁手→三塁手→外野手)、サブロー(遊撃手→外野手)、元横浜の波留敏夫(遊撃手→外野手)、金城龍彦、(三塁手→外野手)、元巨人の鈴木尚広(遊撃手→二塁手→外野手)、元ヤクルトの福地寿樹(二塁手→外野手)、元日本ハムの赤田将吾(二塁手→外野手)、元楽天の森山周(遊撃手・二塁手→外野手)、元オリックスの鉄平(遊撃手→外野手)など。現役選手では、DeNAの梶谷隆幸(遊撃手→外野手)、桑原将志(二塁手→外野手)、日本ハムの西川遥輝(二塁手→外野手)、大田泰示(三塁手・一塁手→外野手)、ソフトバンクの吉村裕基(三塁手→一塁手→外野手)、福田秀平(遊撃手→外野手)、巨人の堂上剛裕(一塁手→外野手)、立岡宗一郎(三塁手→外野手)、陽岱鋼(遊撃手・三塁手→外野手)、広島の鈴木誠也(遊撃手→外野手)などの例がある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 矢野謙次

    矢野謙次から見た鈴木尚広鈴木尚広

    は代打起用でシーズンを迎える。一時は中堅手としてデーモン・ホリンズや鈴木尚広と併用されたが、矢野が中堅手としての守備に不慣れな面を見せたことから、(原辰徳監督曰く)「攻撃と守備のバランスが取れた」ホリンズが先発として起用され、矢野は代打に回った。5月31日の福岡ソフトバンクホークス戦(東京ドーム)では、7回裏1アウト満塁の場面で福田聡志の代打で登場した清水隆行の「代打の代打」で登場し、相手投手の篠原貴行から代打逆転満塁本塁打を放った。この本塁打は観戦に来ていた渡邉恒雄会長から「今日の(矢野の)一発は1000万円以上の価値がある」と賞賛された。代打逆転満塁本塁打は巨人ではに原辰徳が記録して以来、球団史上5人目(他には樋笠一夫、広野功、駒田徳広。樋笠と広野はサヨナラ)、代打の代打による満塁本塁打は初の快挙となった。6月11日の北海道日本ハムファイターズ戦では武田勝から決勝ソロ本塁打。1-0のスコアで勝利した試合で代打本塁打を打ったのは、の藤本英雄以来58年ぶりの快挙となった。序盤と終盤の不振もあったものの、出塁率.354、長打率.538、代打成績は39打数10安打で打率.256、本塁打4という数字を残した。矢野謙次 フレッシュアイペディアより)

  • アシックス

    アシックスから見た鈴木尚広鈴木尚広

    野球 - イチロー(シューズ、スパイクは2014年まで、2015年以降は他社に変更。エルボーガード、アンダーシャツおよびアンダーソックス)、金本知憲、藤川球児、工藤公康、岩瀬仁紀、高橋由伸、福留孝介、今岡誠、川崎宗則、井端弘和、糸井嘉男、赤田将吾、英智(いずれもスパイクのみ)、小坂誠、井口資仁、田中広輔、前田智徳、丸佳浩、涌井秀章、今江敏晃、鈴木尚広、ダルビッシュ有、大谷翔平アシックス フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た鈴木尚広鈴木尚広

    '、谷佳知の不振により開幕6試合目で2番打者として起用されると、4月3日の中日戦で1番・高橋、3番・小笠原道大と共に川上憲伸から球団9年ぶりとなる3者連続本塁打を放ち、チームのシーズン初勝利に貢献。5月からは1番打者に定着したが、5月26日の対北海道日本ハムファイターズ戦で、右足関節を捻挫。7月25日に一軍復帰するが、谷との併用が続いた。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズでは第1戦で負傷した鈴木尚広に代わり第2戦から1番でスタメン出場。14打数7安打1打点の活躍でチームの日本シリーズ出場に貢献。日本シリーズにも出場し、第2戦では大沼幸二から同点適時打、第5戦は打線の7回の涌井秀章からの5連打の一人となったり、第6戦では帆足和幸からチーム唯一の得点となる適時打を放った。第7戦では5番を任され、初回に相手先発の西口文也が自身の打席で暴投し、先制点が入り、なおも1死2、3塁のチャンスだっただセカンドゴロに倒れ、得点できず、後続も倒れてしまった。2回に坂本勇人のソロ本塁打で2点にリードを広げるも、これ以降西武投手陣の継投の前に走者を出せず、8回に逆転され、日本一を逃した。第7戦は無安打に終わってしまい、前述の暴投で先制後のチャンスを逃したのが響く形となってしまったが、一定の活躍を見せた。翌年からは清水隆行の移籍により空いた背番号9'を着用することが決まった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 次の瞬間、熱くなれ。THE BASEBALL

    次の瞬間、熱くなれ。THE BASEBALLから見た鈴木尚広鈴木尚広

    鈴木尚広(2017年 - CS専任)次の瞬間、熱くなれ。THE BASEBALL フレッシュアイペディアより)

  • J SPORTS STADIUM

    J SPORTS STADIUMから見た鈴木尚広鈴木尚広

    鈴木尚広(2017年 - 。日テレジータス等に出演)J SPORTS STADIUM フレッシュアイペディアより)

  • 飯島秀雄

    飯島秀雄から見た鈴木尚広鈴木尚広

    鈴木尚広 - 2017年現在、代走盗塁の日本プロ野球記録保持者。飯島秀雄 フレッシュアイペディアより)

  • SAMURAI BASEBALL

    SAMURAI BASEBALLから見た鈴木尚広鈴木尚広

    鈴木尚広(2017年 - 。TBS系地上波には、MBS制作阪神対巨人戦全国ネット中継へのゲスト出演あり)SAMURAI BASEBALL フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示

「鈴木尚広」のニューストピックワード