76件中 21 - 30件表示
  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た矢野謙次

    2007年、原監督がチーム内競争の活性化を示唆。矢野謙次や新加入の谷佳知などと改めてレギュラーを争う事となった。その中で原監督が「良い選手はいらない、強い選手が欲しい」と発言し、怪我の多い鈴木は不利に立たされるかと思われた。一方で走塁面の切り札として招聘した伊原春樹ヘッドコーチは鈴木を絶賛し、走塁面での核にしたいと発言。オープン戦では前シーズンの2番打者の経験を生かし、与えられた少ない打席でチーム最多四球を選び、高い出塁率を残した。3月30日横浜ベイスターズとの開幕戦に8番センターでスタメン出場。プロ入り11年目にして初の開幕スタメンの座を勝ち取り、両打席でヒットを放ち、3連戦勝ち越しに貢献した。デーモン・ホリンズの台頭や、清水隆行の復活により、後半戦は代走の切り札としてベンチ要員にあることが多かったが、スイッチ本格転向の1年目ながら右打席の打率は.333をマーク。両打席で変わらない出塁率を記録した。2007年のイニング先頭打者としての出塁率は5割近くを記録し、全安打33本中8本の内野安打を記録、チャンスメーカーとしての働きを見せた。走塁面でも相変わらずのチームトップとなる18盗塁をマークした。2007年に同姓の鈴木誠が入団したため(翌2008年オフに退団)、2年間スコアボードには「鈴木尚」と表示されたが、横浜ベイスターズの鈴木尚典(2008年引退)と同じであった。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た読売ジャイアンツ

    鈴木 尚広(すずき たかひろ、1978年4月27日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(外野手、内野手)。福島県相馬市出身。愛称は「タカ」。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見たゴールデングラブ賞

    2008年のシーズン前半は代走や守備固めとしての出場が主だったが、7月から1番に定着し、8月からのチームの快進撃に貢献。故障の多い鈴木に対し、練習を減らして体のケアを十分にするようにとの伊原ヘッドコーチの指示が躍進につながったといわれている。9月19日の阪神戦では江草仁貴から右打席での初本塁打も記録した。盗塁も2006年の25盗塁を上回り、巨人では1990年の緒方耕一以来となる30盗塁をマークし(盗塁成功率は.857)、メークレジェンドと言われたリーグ連覇の立役者となった。同年、初のタイトルとなるゴールデングラブ賞を受賞。日本シリーズでは西武の片岡易之が盗塁を5つ成功する一方で鈴木は1つのみと、レギュラーシーズンで見せた足を十分に生かすことができなかったものの、打撃ではチーム最多の4打点を記録し、自身初の日本シリーズ優秀選手賞を受賞した。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た中日ドラゴンズ

    2002年、新監督に就任した原は鈴木を代走屋として一軍に上げる。4月2日の中日ドラゴンズ戦で1軍初出場し、初盗塁を記録。日本シリーズでも代走で活躍し、2盗塁をマーク。球団史上初の4連勝日本一に貢献した。鈴木の存在は「原辰徳の野球」の象徴として取り上げられた。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た堀内恒夫

    2004年、堀内恒夫が監督に就任し、守備重視の戦略を採ったため再び外野に専念した。また、前年の低打率もあり打席は左一本に絞った。レギュラー選手の力を高めて戦う方針に変わったことで「一芸選手」の鈴木の出場機会は減った。選手層の豊富な外野ではレギュラーを奪えずに代走での出場が主になったが、それでもチームトップの9盗塁を記録した。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た谷佳知

    2007年、原監督がチーム内競争の活性化を示唆。矢野謙次や新加入の谷佳知などと改めてレギュラーを争う事となった。その中で原監督が「良い選手はいらない、強い選手が欲しい」と発言し、怪我の多い鈴木は不利に立たされるかと思われた。一方で走塁面の切り札として招聘した伊原春樹ヘッドコーチは鈴木を絶賛し、走塁面での核にしたいと発言。オープン戦では前シーズンの2番打者の経験を生かし、与えられた少ない打席でチーム最多四球を選び、高い出塁率を残した。3月30日横浜ベイスターズとの開幕戦に8番センターでスタメン出場。プロ入り11年目にして初の開幕スタメンの座を勝ち取り、両打席でヒットを放ち、3連戦勝ち越しに貢献した。デーモン・ホリンズの台頭や、清水隆行の復活により、後半戦は代走の切り札としてベンチ要員にあることが多かったが、スイッチ本格転向の1年目ながら右打席の打率は.333をマーク。両打席で変わらない出塁率を記録した。2007年のイニング先頭打者としての出塁率は5割近くを記録し、全安打33本中8本の内野安打を記録、チャンスメーカーとしての働きを見せた。走塁面でも相変わらずのチームトップとなる18盗塁をマークした。2007年に同姓の鈴木誠が入団したため(翌2008年オフに退団)、2年間スコアボードには「鈴木尚」と表示されたが、横浜ベイスターズの鈴木尚典(2008年引退)と同じであった。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た松本哲也 (野球)

    2009年は2番センターで開幕スタメンを迎えるが、開幕当初はあまり振るわず、松本哲也の台頭に伴って守備代走要員としての起用が増加した。それでもチームトップの25盗塁をマークし、後半戦は打撃も復調。チームのリーグ3連覇と7年ぶりの日本一に貢献した。優勝旅行先のオーストラリアでは「やるからには、スタメン(1番、センター)を狙っていきたい」「来年は何がなんでも塁に出て、1番を取るつもりでやります」とスタメン奪回の決意を語った。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た木村拓也

    走塁への評価は高く、元阪神タイガースの赤星憲広(デビューから5年連続盗塁王)は、「彼(鈴木のこと)になら、(盗塁王争いに)負けるかもしれないと思った」と語り、さらにトップスピードに至るまでの早さを指摘した。2012年終了時点で通算184盗塁に対して41盗塁死であり、盗塁成功率は81.8パーセントを誇る。2008年の日本シリーズでは、第3戦の初回に二塁打で出塁、2番・木村拓也のショートゴロで三塁に進む。この場面、ゴロを捕った中島裕之は十分に三塁に送球できるタイミングだったが、鈴木が自信満々に走ったために躊躇し、一塁に送球せざるを得なかった。鈴木は「打った瞬間にイケると思った」と振り返っている。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た田崎昌弘

    初打点:2003年4月27日、対横浜ベイスターズ5回戦(横浜スタジアム)、8回表に田崎昌弘から二塁適時内野安打鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見たエディ・ギャラード

    初盗塁:2002年4月14日、対中日ドラゴンズ5回戦(東京ドーム)、9回裏に二盗(投手:エディ・ギャラード、捕手:谷繁元信)鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

76件中 21 - 30件表示

「鈴木尚広」のニューストピックワード