76件中 31 - 40件表示
  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た酒井順也

    初打席:2002年4月4日、対中日ドラゴンズ3回戦(ナゴヤドーム)、6回表に酒井順也の代打で出場、川上憲伸の前に三振鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た中島裕之

    走塁への評価は高く、元阪神タイガースの赤星憲広(デビューから5年連続盗塁王)は、「彼(鈴木のこと)になら、(盗塁王争いに)負けるかもしれないと思った」と語り、さらにトップスピードに至るまでの早さを指摘した。2012年終了時点で通算184盗塁に対して41盗塁死であり、盗塁成功率は81.8パーセントを誇る。2008年の日本シリーズでは、第3戦の初回に二塁打で出塁、2番・木村拓也のショートゴロで三塁に進む。この場面、ゴロを捕った中島裕之は十分に三塁に送球できるタイミングだったが、鈴木が自信満々に走ったために躊躇し、一塁に送球せざるを得なかった。鈴木は「打った瞬間にイケると思った」と振り返っている。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た長野久義

    2010年は、長野久義の入団や高橋由伸の復活もあって外野の選手層が厚くなり、自身の出番は減少。松本が離脱した交流戦では数試合にスタメン出場したが振るわなかった。最終的に61試合に出場したものの、打席に立つ機会は激減。走塁でも10盗塁で成功率.667と鈴木にとっては低い数字に終わった。シーズン中に国内FA権を取得していたが行使せず残留、200万円減の年俸4000万円で契約更改した。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た柴田勲

    2006年、ジャイアンツ一筋でプロ10年目を迎えた。この年から原が監督に復帰し、走力を重視する方針を採ったため外野のレギュラー争いで優位な立場となった。シーズン当初は代走での登場が多かったが、レギュラー中堅手だった高橋由伸の離脱後はスタメンで出場。シーズン後半からは監督の起用方針もあり、2番打者としてルーキー脇谷亮太と共に走力重視の1・2番を形成する。チームトップで自己最高(当時)の25盗塁をマークし、盗塁成功率も.862と走塁面では好成績を残した。またオフに行われた日米野球の試合で2安打1盗塁をマーク、単打と思われた当たりを快足を飛ばし二塁打にするなど活躍。米国人記者から「同じ鈴木だし、イチローの親戚か?」とのジョークも飛んだ。一方で課題である打撃面の改善が見られず、特に左投手との対戦成績が悪かった。その打開策として本来の利き手側である右打席で打撃を行うように原監督より通達され、異例のシーズン中のスイッチヒッター転向を試みることとなった。8月15日の試合でプロ入り後初めての右打席で押し出しの四球を選び大量得点の一翼を担った。最終的に打撃面は.241と低調な成績に終ったが、シーズン終盤には右打席にも慣れ、左打席.245、右打席.236と左右でほぼ変わらない成績を残した。12月11日に行われた契約更改にて、チーム全体で厳冬更改となる中、400万円増の2800万円で更改。同時に背番号が「12」に変更されることが決まった。『柴田勲が7番を付ける前に付けていた、盗塁王を3度記録した番号』という意味づけである。2005年も契約更改の場で「背番号2(この年引退した元木大介、かつての巨人の1番打者・松本匡史が着けていた背番号)を背負いたい」と直訴したが、時期尚早と判断され、背番号2は移籍してきた小坂誠に与えられた。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た谷繁元信

    初盗塁:2002年4月14日、対中日ドラゴンズ5回戦(東京ドーム)、9回裏に二盗(投手:エディ・ギャラード、捕手:谷繁元信鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見たクリス・ブロック

    初本塁打:2003年5月4日、対広島東洋カープ6回戦(東京ドーム)、3回裏にクリス・ブロックから右越ソロ鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た鈴木誠 (1985年生の投手)

    2007年、原監督がチーム内競争の活性化を示唆。矢野謙次や新加入の谷佳知などと改めてレギュラーを争う事となった。その中で原監督が「良い選手はいらない、強い選手が欲しい」と発言し、怪我の多い鈴木は不利に立たされるかと思われた。一方で走塁面の切り札として招聘した伊原春樹ヘッドコーチは鈴木を絶賛し、走塁面での核にしたいと発言。オープン戦では前シーズンの2番打者の経験を生かし、与えられた少ない打席でチーム最多四球を選び、高い出塁率を残した。3月30日横浜ベイスターズとの開幕戦に8番センターでスタメン出場。プロ入り11年目にして初の開幕スタメンの座を勝ち取り、両打席でヒットを放ち、3連戦勝ち越しに貢献した。デーモン・ホリンズの台頭や、清水隆行の復活により、後半戦は代走の切り札としてベンチ要員にあることが多かったが、スイッチ本格転向の1年目ながら右打席の打率は.333をマーク。両打席で変わらない出塁率を記録した。2007年のイニング先頭打者としての出塁率は5割近くを記録し、全安打33本中8本の内野安打を記録、チャンスメーカーとしての働きを見せた。走塁面でも相変わらずのチームトップとなる18盗塁をマークした。2007年に同姓の鈴木誠が入団したため(翌2008年オフに退団)、2年間スコアボードには「鈴木尚」と表示されたが、横浜ベイスターズの鈴木尚典(2008年引退)と同じであった。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た松本匡史

    2006年、ジャイアンツ一筋でプロ10年目を迎えた。この年から原が監督に復帰し、走力を重視する方針を採ったため外野のレギュラー争いで優位な立場となった。シーズン当初は代走での登場が多かったが、レギュラー中堅手だった高橋由伸の離脱後はスタメンで出場。シーズン後半からは監督の起用方針もあり、2番打者としてルーキー脇谷亮太と共に走力重視の1・2番を形成する。チームトップで自己最高(当時)の25盗塁をマークし、盗塁成功率も.862と走塁面では好成績を残した。またオフに行われた日米野球の試合で2安打1盗塁をマーク、単打と思われた当たりを快足を飛ばし二塁打にするなど活躍。米国人記者から「同じ鈴木だし、イチローの親戚か?」とのジョークも飛んだ。一方で課題である打撃面の改善が見られず、特に左投手との対戦成績が悪かった。その打開策として本来の利き手側である右打席で打撃を行うように原監督より通達され、異例のシーズン中のスイッチヒッター転向を試みることとなった。8月15日の試合でプロ入り後初めての右打席で押し出しの四球を選び大量得点の一翼を担った。最終的に打撃面は.241と低調な成績に終ったが、シーズン終盤には右打席にも慣れ、左打席.245、右打席.236と左右でほぼ変わらない成績を残した。12月11日に行われた契約更改にて、チーム全体で厳冬更改となる中、400万円増の2800万円で更改。同時に背番号が「12」に変更されることが決まった。『柴田勲が7番を付ける前に付けていた、盗塁王を3度記録した番号』という意味づけである。2005年も契約更改の場で「背番号2(この年引退した元木大介、かつての巨人の1番打者・松本匡史が着けていた背番号)を背負いたい」と直訴したが、時期尚早と判断され、背番号2は移籍してきた小坂誠に与えられた。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た引退

    2006年、ジャイアンツ一筋でプロ10年目を迎えた。この年から原が監督に復帰し、走力を重視する方針を採ったため外野のレギュラー争いで優位な立場となった。シーズン当初は代走での登場が多かったが、レギュラー中堅手だった高橋由伸の離脱後はスタメンで出場。シーズン後半からは監督の起用方針もあり、2番打者としてルーキー脇谷亮太と共に走力重視の1・2番を形成する。チームトップで自己最高(当時)の25盗塁をマークし、盗塁成功率も.862と走塁面では好成績を残した。またオフに行われた日米野球の試合で2安打1盗塁をマーク、単打と思われた当たりを快足を飛ばし二塁打にするなど活躍。米国人記者から「同じ鈴木だし、イチローの親戚か?」とのジョークも飛んだ。一方で課題である打撃面の改善が見られず、特に左投手との対戦成績が悪かった。その打開策として本来の利き手側である右打席で打撃を行うように原監督より通達され、異例のシーズン中のスイッチヒッター転向を試みることとなった。8月15日の試合でプロ入り後初めての右打席で押し出しの四球を選び大量得点の一翼を担った。最終的に打撃面は.241と低調な成績に終ったが、シーズン終盤には右打席にも慣れ、左打席.245、右打席.236と左右でほぼ変わらない成績を残した。12月11日に行われた契約更改にて、チーム全体で厳冬更改となる中、400万円増の2800万円で更改。同時に背番号が「12」に変更されることが決まった。『柴田勲が7番を付ける前に付けていた、盗塁王を3度記録した番号』という意味づけである。2005年も契約更改の場で「背番号2(この年引退した元木大介、かつての巨人の1番打者・松本匡史が着けていた背番号)を背負いたい」と直訴したが、時期尚早と判断され、背番号2は移籍してきた小坂誠に与えられた。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た埼玉西武ライオンズ

    2008年のシーズン前半は代走や守備固めとしての出場が主だったが、7月から1番に定着し、8月からのチームの快進撃に貢献。故障の多い鈴木に対し、練習を減らして体のケアを十分にするようにとの伊原ヘッドコーチの指示が躍進につながったといわれている。9月19日の阪神戦では江草仁貴から右打席での初本塁打も記録した。盗塁も2006年の25盗塁を上回り、巨人では1990年の緒方耕一以来となる30盗塁をマークし(盗塁成功率は.857)、メークレジェンドと言われたリーグ連覇の立役者となった。同年、初のタイトルとなるゴールデングラブ賞を受賞。日本シリーズでは西武の片岡易之が盗塁を5つ成功する一方で鈴木は1つのみと、レギュラーシーズンで見せた足を十分に生かすことができなかったものの、打撃ではチーム最多の4打点を記録し、自身初の日本シリーズ優秀選手賞を受賞した。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

76件中 31 - 40件表示

「鈴木尚広」のニューストピックワード