76件中 41 - 50件表示
  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た阪神タイガース

    走塁への評価は高く、元阪神タイガースの赤星憲広(デビューから5年連続盗塁王)は、「彼(鈴木のこと)になら、(盗塁王争いに)負けるかもしれないと思った」と語り、さらにトップスピードに至るまでの早さを指摘した。2012年終了時点で通算184盗塁に対して41盗塁死であり、盗塁成功率は81.8パーセントを誇る。2008年の日本シリーズでは、第3戦の初回に二塁打で出塁、2番・木村拓也のショートゴロで三塁に進む。この場面、ゴロを捕った中島裕之は十分に三塁に送球できるタイミングだったが、鈴木が自信満々に走ったために躊躇し、一塁に送球せざるを得なかった。鈴木は「打った瞬間にイケると思った」と振り返っている。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た広島東洋カープ

    初安打:2002年4月18日、対広島東洋カープ2回戦(広島市民球場)、7回表に横山竜士から遊撃内野安打鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た日本選手権シリーズ

    日本シリーズ優秀選手賞:1回 (2008年)鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た広島市民球場 (初代)

    初安打:2002年4月18日、対広島東洋カープ2回戦(広島市民球場)、7回表に横山竜士から遊撃内野安打鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見たイースタン・リーグ

    2001年、外野手に転向。イースタン・リーグでリーグ2位の27盗塁をマークし、ランニングホームランも記録した。この年、プロで初めて怪我無く過ごした。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た2009年

    2009年は2番センターで開幕スタメンを迎えるが、開幕当初はあまり振るわず、松本哲也の台頭に伴って守備代走要員としての起用が増加した。それでもチームトップの25盗塁をマークし、後半戦は打撃も復調。チームのリーグ3連覇と7年ぶりの日本一に貢献した。優勝旅行先のオーストラリアでは「やるからには、スタメン(1番、センター)を狙っていきたい」「来年は何がなんでも塁に出て、1番を取るつもりでやります」とスタメン奪回の決意を語った。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見たナゴヤドーム

    初出場:2002年4月2日、対中日ドラゴンズ1回戦(ナゴヤドーム)、9回表に江藤智の代走として出場鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た横浜スタジアム

    初打点:2003年4月27日、対横浜ベイスターズ5回戦(横浜スタジアム)、8回表に田崎昌弘から二塁適時内野安打鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た代走

    2002年、新監督に就任した原は鈴木を代走屋として一軍に上げる。4月2日の中日ドラゴンズ戦で1軍初出場し、初盗塁を記録。日本シリーズでも代走で活躍し、2盗塁をマーク。球団史上初の4連勝日本一に貢献した。鈴木の存在は「原辰徳の野球」の象徴として取り上げられた。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た2008年の日本シリーズ

    2008年のシーズン前半は代走や守備固めとしての出場が主だったが、7月から1番に定着し、8月からのチームの快進撃に貢献。故障の多い鈴木に対し、練習を減らして体のケアを十分にするようにとの伊原ヘッドコーチの指示が躍進につながったといわれている。9月19日の阪神戦では江草仁貴から右打席での初本塁打も記録した。盗塁も2006年の25盗塁を上回り、巨人では1990年の緒方耕一以来となる30盗塁をマークし(盗塁成功率は.857)、メークレジェンドと言われたリーグ連覇の立役者となった。同年、初のタイトルとなるゴールデングラブ賞を受賞。日本シリーズでは西武の片岡易之が盗塁を5つ成功する一方で鈴木は1つのみと、レギュラーシーズンで見せた足を十分に生かすことができなかったものの、打撃ではチーム最多の4打点を記録し、自身初の日本シリーズ優秀選手賞を受賞した。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

76件中 41 - 50件表示

「鈴木尚広」のニューストピックワード