76件中 61 - 70件表示
  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見たスターティングメンバー

    2005年も前年同様に代走起用がほとんどだったが、シーズン後半にタフィ・ローズが戦線離脱するとスタメンを獲得。9月に故障で離脱したものの、27試合出場でチームトップの11盗塁をマークしている。このペースは146試合換算で約59盗塁という数字となり、単純な計算では盗塁王の赤星憲広の60とほぼ同じ数字となる。打撃面も99打数ながら打率3割をマークした。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た四死球

    2006年、ジャイアンツ一筋でプロ10年目を迎えた。この年から原が監督に復帰し、走力を重視する方針を採ったため外野のレギュラー争いで優位な立場となった。シーズン当初は代走での登場が多かったが、レギュラー中堅手だった高橋由伸の離脱後はスタメンで出場。シーズン後半からは監督の起用方針もあり、2番打者としてルーキー脇谷亮太と共に走力重視の1・2番を形成する。チームトップで自己最高(当時)の25盗塁をマークし、盗塁成功率も.862と走塁面では好成績を残した。またオフに行われた日米野球の試合で2安打1盗塁をマーク、単打と思われた当たりを快足を飛ばし二塁打にするなど活躍。米国人記者から「同じ鈴木だし、イチローの親戚か?」とのジョークも飛んだ。一方で課題である打撃面の改善が見られず、特に左投手との対戦成績が悪かった。その打開策として本来の利き手側である右打席で打撃を行うように原監督より通達され、異例のシーズン中のスイッチヒッター転向を試みることとなった。8月15日の試合でプロ入り後初めての右打席で押し出しの四球を選び大量得点の一翼を担った。最終的に打撃面は.241と低調な成績に終ったが、シーズン終盤には右打席にも慣れ、左打席.245、右打席.236と左右でほぼ変わらない成績を残した。12月11日に行われた契約更改にて、チーム全体で厳冬更改となる中、400万円増の2800万円で更改。同時に背番号が「12」に変更されることが決まった。『柴田勲が7番を付ける前に付けていた、盗塁王を3度記録した番号』という意味づけである。2005年も契約更改の場で「背番号2(この年引退した元木大介、かつての巨人の1番打者・松本匡史が着けていた背番号)を背負いたい」と直訴したが、時期尚早と判断され、背番号2は移籍してきた小坂誠に与えられた。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た二塁手

    2003年、再び内野手(二塁手)に挑戦し、レギュラーの仁志敏久が故障しプレーに不安を見せると、二塁と外野を兼任し104試合に出場した。チームトップの18盗塁を上げ、長打力の向上も見られた。2003年から2009年まで7シーズン連続でチームNo.1の盗塁数を記録した。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た福島県立相馬高等学校

    5歳頃から野球を始める。野球のセンスは人並だったが小学生の時から足は速かったという。中学では陸上部に所属し主に中距離を走る。この頃毎日30km近く走ったことで足腰が鍛えられた。相馬高校では野球部に入り遊撃手や控え投手を務めるが、甲子園進出はなく目立った活躍もなかった。1996年のドラフトで読売ジャイアンツから4位指名を受けて入団。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た2012年の日本シリーズ

    2012年も代走守備要員としての起用となり、スタメン出場は無しに終わった。シーズン初出場となった4月1日に村田修一の代走として出場し盗塁を決めたが、その後は相手バッテリーの厳しい警戒により盗塁企画数が極端に少なくなる。しかし7月以降は盗塁を量産し、最終的に16盗塁で成功率.889を記録した。また打撃でもシーズン初安打となった8月3日から9月7日にかけて5打席連続安打を記録し、2年ぶりの打点も記録。同年の日本シリーズでも打点を挙げた。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た中堅手

    球界トップクラスの俊足と盗塁技術が持ち味。強打者揃いで走塁があまり得意でない選手が多い2000年代の巨人の中では代走屋として重宝されている。打席に立つときのテーマ曲は、THE BLUE HEARTSの「TRAIN-TRAIN」。応援コールは“タカヒロ”。守備面でも、快足を活かした外野手としての守備範囲はリーグ屈指であり、球際にも強い。足のスペシャリストとして巨人の歴代監督は皆「1番・中堅手」として起用しようとしているが、いずれも故障などで定着せず、第2次政権の原時代まで期待に応えられなかった遅咲きの選手でもある。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見たスイッチヒッター

    当初右打ちだったが入団後は走力を生かすために左打ちも始める。その走力は高く評価されていたが故障しやすい体質のため離脱を繰り返し、オフシーズンには年俸の半額近い費用で個人トレーナーと契約して食生活も変えた。スイッチヒッターとしての練習は負担が大きく左打ちに絞るなど試行錯誤を繰り返す一方、高田繁2軍監督・緒方耕一守備走塁コーチなどの下で走塁技術の修練にも励んだ。1999年 - 2000年の秋季キャンプでは原辰徳ヘッドコーチにベースランニング13秒3の快足を認められ、「一番の成長株」との評価を得た。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見たプロ野球選手

    鈴木 尚広(すずき たかひろ、1978年4月27日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(外野手、内野手)。福島県相馬市出身。愛称は「タカ」。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た日米野球

    2006年、ジャイアンツ一筋でプロ10年目を迎えた。この年から原が監督に復帰し、走力を重視する方針を採ったため外野のレギュラー争いで優位な立場となった。シーズン当初は代走での登場が多かったが、レギュラー中堅手だった高橋由伸の離脱後はスタメンで出場。シーズン後半からは監督の起用方針もあり、2番打者としてルーキー脇谷亮太と共に走力重視の1・2番を形成する。チームトップで自己最高(当時)の25盗塁をマークし、盗塁成功率も.862と走塁面では好成績を残した。またオフに行われた日米野球の試合で2安打1盗塁をマーク、単打と思われた当たりを快足を飛ばし二塁打にするなど活躍。米国人記者から「同じ鈴木だし、イチローの親戚か?」とのジョークも飛んだ。一方で課題である打撃面の改善が見られず、特に左投手との対戦成績が悪かった。その打開策として本来の利き手側である右打席で打撃を行うように原監督より通達され、異例のシーズン中のスイッチヒッター転向を試みることとなった。8月15日の試合でプロ入り後初めての右打席で押し出しの四球を選び大量得点の一翼を担った。最終的に打撃面は.241と低調な成績に終ったが、シーズン終盤には右打席にも慣れ、左打席.245、右打席.236と左右でほぼ変わらない成績を残した。12月11日に行われた契約更改にて、チーム全体で厳冬更改となる中、400万円増の2800万円で更改。同時に背番号が「12」に変更されることが決まった。『柴田勲が7番を付ける前に付けていた、盗塁王を3度記録した番号』という意味づけである。2005年も契約更改の場で「背番号2(この年引退した元木大介、かつての巨人の1番打者・松本匡史が着けていた背番号)を背負いたい」と直訴したが、時期尚早と判断され、背番号2は移籍してきた小坂誠に与えられた。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た内野手

    鈴木 尚広(すずき たかひろ、1978年4月27日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(外野手、内野手)。福島県相馬市出身。愛称は「タカ」。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

76件中 61 - 70件表示