126件中 91 - 100件表示
  • 宮崎吾朗

    宮崎吾朗から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    その後、スタジオジブリの鈴木敏夫から「宮さん(宮崎駿)がジブリの美術館をつくりたいと言ってる。ジブリにはそういうのがわかる人がいないんだけど、吾朗君、やらない?」と誘われた。見せられた宮崎駿のプランに刺激を受け、「やります」と回答し、森緑地設計事務所を退職した。宮崎吾朗 フレッシュアイペディアより)

  • 美樹本晴彦

    美樹本晴彦から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    『マクロス』放送前から美樹本に注目したのが「アニメージュ」副編集長(当時)の鈴木敏夫で、誌面を変更してリン・ミンメイのイラストに1ページを割いた(番組紹介は半ページ)。1983年9月号では新人としては異例の大特集を組んでいる。一方で経験の浅い美樹本の起用については所属するアートランド内でも多少の摩擦があったという。そのデザインは線が多すぎるためにアニメーターに不評だった。これはアニメーターのギャラが一枚いくらの出来高制であり、書くのに手間がかかる絵だと枚数がこなせずギャラが安くなってしまうからである。美樹本自身は絵を動かすより丹念に描きこむ方に興味があり、自然と活動もアニメからイラストや漫画の分野へ移ることになった。美樹本晴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 山路ふみ子映画賞

    山路ふみ子映画賞から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    山路ふみ子文化賞:鈴木敏夫「もののけ姫」山路ふみ子映画賞 フレッシュアイペディアより)

  • SET UP!!

    SET UP!!から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    2016年8月17日(水) ○ (槙嶋範彦をパーソナリティ、20:30まで2時間半放送。特集は高校野球、ママさんライター瀬川ふみ子と電話を繋いだ。番組後半に14日に亡くなられた豊田泰光氏のお話を放送スポーツセンターの鈴木敏夫デスク・戸谷真人元アナウンサーの証言を放送。SET UP!! フレッシュアイペディアより)

  • 日本アニメ(ーター)見本市

    日本アニメ(ーター)見本市から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    スタジオジブリの宮崎駿が題字、プロデューサーの鈴木敏夫が題字彩色。声優の山寺宏一と林原めぐみが、声の出演を全話担当する。日本アニメ(ーター)見本市 フレッシュアイペディアより)

  • 太田光

    太田光から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    スタジオジブリ作品に関しては、『未来少年コナン』以外の宮崎駿作品は説教臭くて嫌いで、高畑勲を好むことを公言しており、2014年には高畑の『かぐや姫の物語』の映像ソフト化に際して、スタジオジブリプロデューサーの鈴木敏夫から新しいキャッチコピーを創出する「特命コピーライター」に任命された。太田光 フレッシュアイペディアより)

  • 手嶌葵

    手嶌葵から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    3月、韓国で行われたイベント『日韓スローミュージックの世界』に出演。このイベントがきっかけで、後日、ヤマハの関係者からスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーにデモCDが手渡された。これに収録された「The Rose」のカバーに惚れ込んだ鈴木プロデューサーの薦めでデモを聴いた宮崎吾朗監督も彼女の歌を気に入り、当時まだ無名の新人ながらジブリ映画『ゲド戦記』のテーマソングを歌う歌手に抜擢される。また映画のテーマソングだけでなく、ヒロイン・テルー役の声優も務めることになった。手嶌葵 フレッシュアイペディアより)

  • 魔法少女まどか☆マギカ

    魔法少女まどか☆マギカから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    第15回文化庁メディア芸術祭に審査員として関わった映画監督の押井守は絵柄は好みではないが話は面白いといい、自らの若い頃と比べてアニメでメタフィクション的構造を持つ作品が受け入れられたことを評価しなければいけないとしている。庵野秀明は記号化されたキャラクターとして徹底されたキュゥべえや魔女の記号化が巧く、音楽や第10話のほむらの描き方もよいと述べた。富野由悠季は『ガンダム Gのレコンギスタ』のキャラクター作りにあたり、本作がプレッシャーになっていると述べた。スタジオジブリ代表取締役鈴木敏夫は押井守の作品より面白いと述べた。外部の作家にも反響を呼び、ミステリ作家の芦辺拓や小森健太朗、SF作家の山本弘、漫画家の吾妻ひでお、放送作家の鈴木おさむ、演出家のラサール石井、作家の太田光が絶賛した。漫画原作者の小池一夫からは、2011年一番ヒットしたキャラクターは『まどか☆マギカ』であると評された。魔法少女まどか☆マギカ フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    ガブリ - 2006年に球団創設70周年を記念して設立された球団公式ファンクラブのマスコット。1991年、スタジオジブリの宮崎駿が同僚で中日ファンの鈴木敏夫のために、当時の四番打者・落合博満と竜をモチーフにデザインした。後にファンクラブのマスコットとして提供され、鈴木には名誉会員1号の称号が贈られた。名前は公募でつけられた。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • ぼくたちの家族

    ぼくたちの家族から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    描かれているのがどこにでもある普通の家族で、自分の家族を振り返って誰もが共感できる家族ドラマになっていることが映画館スタッフなどの間で高評価を得た他、作家のあさのあつこは「単純な言葉では決して言い表せない不思議な情動に駆られた。何度でも見たくなる映画である。」、スタジオジブリの映画プロデューサーである鈴木敏夫は「絶望は希望の始まりということを教えてくれる作品。大傑作!」と評価。映画評論家の宇田川幸洋は、「母親の病気発覚を機に家族がまとまっていく話と言えなくはないが、単純な美談ではなく、闘病記である以上に多額の借金をめぐる金の話が作品にリアリティを与え、おもしろくしている。」と述べた。リリー・フランキーは「妻夫木聡演じる引きこもりの過去をもつ浩介の笑顔でリアリティを感じたし、俊平を演じていた池松壮亮は人間と子犬との中間のような独特な空気感が素晴らしく、彼は天才だ。」と、作品だけはなく俳優陣についても称賛した。原作者の早見和真は「自らが小説で訴えたかったことを100%汲み取ってくれた映画になっていて、小説家として幸せ。間違いなく素晴らしい映画だ。」と監督に感謝のコメントを述べている。その他にも有川浩、よしもとばなな、市村正親ら著名人も絶賛のコメントを寄せている。ぼくたちの家族 フレッシュアイペディアより)

126件中 91 - 100件表示

「鈴木敏夫」のニューストピックワード