85件中 11 - 20件表示
  • もののけ姫

    もののけ姫から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    映画公開時のキャッチコピー「生きろ」は、糸井重里によるもの。完成までには糸井と鈴木敏夫プロデューサーの間で激しいやり取りがあり、没になったコピー案は50本近くあった。主な候補に「おそろしいか、愛しいか。」「だいじなものは、ありますか。」「おまえは、まぶしい。」「昔々は、今の今。」「死ぬのと、生きるの、どっちが好きだ。」「死ぬなっ。」などがある。もののけ姫 フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    プロデューサー:鈴木敏夫崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

  • ABCアシッド映画館

    ABCアシッド映画館から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    インタビュー インタビューには主に監督や製作に関わった人物が多く、出演している役者へのインタビューは少な目。代表的なものに西冬彦や鈴木敏夫、ジョージ・ルーカス(通訳・戸田奈津子)にインタビュー。不定期企画。ABCアシッド映画館 フレッシュアイペディアより)

  • 平野秀朗

    平野秀朗から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    鈴木敏夫プロデューサーにスタジオジブリ入社を推薦されたことがある。平野秀朗 フレッシュアイペディアより)

  • 今村太平

    今村太平から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    高畑勲監督や鈴木敏夫プロデューサーも、若い頃に今村太平に刺激されたことから、スタジオジブリは『漫画映画論』を2005年に復刻している。今村太平 フレッシュアイペディアより)

  • 道楽

    道楽から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    鈴木敏夫『仕事道楽:スタジオジブリの現場』岩波書店、2008、ISBN 4004311438道楽 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋タイムズ

    名古屋タイムズから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    10月15日 - 鈴木敏夫(スタジオジブリ代表取締役プロデューサー。高校生まで名古屋に住んでいた際に父親が名タイを愛読。自身も石原慎太郎の「青春とはなんだ」などを読んでいた)名古屋タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • 石井朋彦

    石井朋彦から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    日本映画最高興行記録を出したスタジオジブリ作品『千と千尋の神隠し』から本格的に宣伝に関わり、鈴木敏夫のもとで映画のプロデュースを学ぶ。石井朋彦 フレッシュアイペディアより)

  • サタデープログラム

    サタデープログラムから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    鈴木敏夫(スタジオジブリプロデューサー)サタデープログラム フレッシュアイペディアより)

  • 風の谷のナウシカ

    風の谷のナウシカから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    アニメージュ編集部は『未来少年コナン』や『ルパン三世 カリオストロの城』を通じて宮崎の才能に着目しており、1981年8月号において「宮崎駿特集」を掲載した。また、宮崎から『戦国魔城』と『ロルフ』 という2本の映画企画を預かり、徳間グループの映像会議に提出したが、原作が存在しないことを理由のひとつとして採用されなかった。そこで、編集部はアニメ化への布石と誌面の話題作りを兼ねて、宮崎に連載漫画の執筆を依頼した。担当編集者の鈴木敏夫に口説かれた宮崎は、「漫画として描くならアニメーションで絶対できないような作品を」という条件で受諾。『ロルフ』にSF的な「腐海」という設定を加え、『風の谷のナウシカ』の題名で執筆を開始した。風の谷のナウシカ フレッシュアイペディアより)

85件中 11 - 20件表示

「鈴木敏夫」のニューストピックワード