85件中 21 - 30件表示
  • 江戸時代の出版

    江戸時代の出版から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    鈴木敏夫 『江戸の本屋 下』〈中公新書571〉 中央公論社、1980年江戸時代の出版 フレッシュアイペディアより)

  • 畑健二郎

    畑健二郎から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    福岡県に生まれ、小学4年生頃に兵庫県芦屋市へ転居。兵庫県立芦屋南高等学校(現・兵庫県立国際高等学校)在学中、アニメーターを目指してスタジオジブリの入社試験を受け、鈴木敏夫による面接試験を受けたが、不合格となった。畑健二郎 フレッシュアイペディアより)

  • めいとこねこバス

    めいとこねこバスから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    プロデューサー:鈴木敏夫めいとこねこバス フレッシュアイペディアより)

  • 天使のたまご

    天使のたまごから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    押井はスポンサーの徳間書店に対し、この作品のことを「単純な、男と女の物語」であると説得したという。結果徳間書店の後押しを受け、この『天使のたまご』が世に出ることになった。押井と当時徳間書店の編集者であった鈴木敏夫が組んだ初めての作品である。天使のたまご フレッシュアイペディアより)

  • カントリー・ロード (本名陽子の曲)

    カントリー・ロード (本名陽子の曲)から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    この楽曲を歌っている本名陽子は『耳をすませば』の主人公・月島雫を演じている。ちなみに、この作品がリリースされた1995年時点、本名陽子は16歳であった。なお、劇中では雫が「Take Me Home, Country Roads」(邦題:故郷に帰りたい)の訳詞をしたという設定になっているが、実際に日本語訳詞を手掛けたのは鈴木敏夫の娘の鈴木麻実子で、宮崎駿がそれに補訳している。鈴木が「ひとりで生きると 何も持たずに まちを飛びだした」と訳したのを宮崎が「ひとりぼっち おそれずに 生きようと 夢見ていた」と変更案を出し、鈴木の訳を支持した監督近藤喜文と宮崎は対立したという。カントリー・ロード (本名陽子の曲) フレッシュアイペディアより)

  • ギブリーズ episode2

    ギブリーズ episode2から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    キャラクター原案:すずきとしおギブリーズ episode2 フレッシュアイペディアより)

  • 田代美代子

    田代美代子から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    シャンソン歌手の石井好子に師事し、シャンソンを学ぶ。また、ジャズシンガー鈴木敏夫からジャズを学び、銀巴里などで歌っていた。田代美代子 フレッシュアイペディアより)

  • 式亭三馬

    式亭三馬から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    鈴木敏夫『江戸の本屋 下』中公新書(1980)式亭三馬 フレッシュアイペディアより)

  • 巨神兵

    巨神兵から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    Blu-ray版『風の谷のナウシカ』の完成披露発表会において、スタジオジブリの鈴木敏夫は「エヴァンゲリオンは巨神兵だ!!と今気付きました」「何十年たった今でも人間って同じことやるんですね。恐ろしい(笑)。だからお墓には巨神兵って書いときましょう」と発言した。このソフトには映像特典として、鈴木と庵野の対談「ナウシカとエヴァンゲリオン!巨神兵の行方は?」が収録されている。巨神兵 フレッシュアイペディアより)

  • 28 1/2 妄想の巨人

    28 1/2 妄想の巨人から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    劇中コメント協力 - 石川光久、出渕裕、伊藤ちひろ、神谷誠、神山健治、川井憲次、鴻上尚史、今野敏、佐藤敦紀、渋谷陽一、鈴木敏夫、瀬名秀明、高橋良輔、田中要次、田原実、千葉繁、西尾鉄也、浜野保樹、林弘幸、樋口真嗣、藤田陽子、前田哲、松岡正剛、三池崇史、三木聡、森本晃司、山寺宏一、山中聡、行定勲(五十音順)28 1/2 妄想の巨人 フレッシュアイペディアより)

85件中 21 - 30件表示