126件中 31 - 40件表示
  • 藤岡藤巻生ライブ〜赤坂ライブとおつまみ映像

    藤岡藤巻生ライブ〜赤坂ライブとおつまみ映像から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    2008年9月5日に、赤坂BLITZで藤岡藤巻がライブを行った。「よろけた拍子に立ち上がれ!」、「私は偉い」、「息子よ」など22曲を演奏した。里田まい、大橋のぞみが特別出演している。オープニングには、新堂本兄弟、MUSIC JAPAN、第59回NHK紅白歌合戦、はなまるマーケットなど藤岡藤巻と大橋のぞみの出演番組や崖の上のポニョプロデューサー鈴木敏夫がかかれてある看板があった(なお、大橋のぞみは、MUSIC JAPANには2009年も出演している)。AKB48総合プロデューサー、秋元康や、すみちゃんとステゴザウルスの山田賢司が舞台出演している。藤岡藤巻生ライブ〜赤坂ライブとおつまみ映像 フレッシュアイペディアより)

  • Cut (雑誌)

    Cut (雑誌)から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    1990年1月号の創刊号の表紙はエディ・マーフィである。渋谷陽一による黒澤明と宮崎駿と北野武へのインタビューは、『Cut』に掲載されたのち、1993年に『黒澤明、宮崎駿、北野武 日本の三人の演出家』として刊行される。2010年8月号では「アニメが愛した音楽、音楽が愛したアニメ」特集が組まれる。渋谷陽一による鈴木敏夫へのインタビューは、『Cut』に掲載されたのち、2013年に『風に吹かれて』として刊行される。Cut (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋タイムズ

    名古屋タイムズから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    10月15日 - 鈴木敏夫(スタジオジブリ代表取締役プロデューサー。高校生まで名古屋に住んでいた際に父親が名タイを愛読。自身も石原慎太郎の「青春とはなんだ」などを読んでいた)名古屋タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • 江戸時代の出版

    江戸時代の出版から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    鈴木敏夫 『江戸の本屋 下』〈中公新書571〉 中央公論社、1980年江戸時代の出版 フレッシュアイペディアより)

  • 真・女立喰師列伝

    真・女立喰師列伝から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    タイトル題字:鈴木敏夫真・女立喰師列伝 フレッシュアイペディアより)

  • 岸本卓

    岸本卓から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    1975年5月に神戸市に生まれ、小学生1?4年生時代は香港の日本人学校で暮らす。将来の夢は『帝都物語』の影響から風水師であった。愛媛大学法文学部(夜間主コース)卒業、千葉大学大学院修士課程修了。2002年の4月にアルバイトとして講談社、その後もアルバイトとして『サイゾー』編集部で編集者としての生活を送った後、スタジオジブリの批判記事を書いたことがきっかけで鈴木敏夫の誘いを受け、2005年2月、ジブリに入社。岸本卓 フレッシュアイペディアより)

  • カントリー・ロード (本名陽子の曲)

    カントリー・ロード (本名陽子の曲)から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    この楽曲を歌っている本名陽子は『耳をすませば』の主人公・月島雫を演じている。ちなみに、この作品がリリースされた1995年時点、本名陽子は16歳であった。なお、劇中では雫が「Take Me Home, Country Roads」(邦題:故郷に帰りたい)の訳詞をしたという設定になっているが、実際に日本語訳詞を手掛けたのは鈴木敏夫の娘の鈴木麻実子で、宮崎駿がそれに補訳している。鈴木が「ひとりで生きると 何も持たずに まちを飛びだした」と訳したのを宮崎が「ひとりぼっち おそれずに 生きようと 夢見ていた」と変更案を出し、鈴木の訳を支持した監督近藤喜文と宮崎は対立したという。カントリー・ロード (本名陽子の曲) フレッシュアイペディアより)

  • エースをねらえ! (劇場版)

    エースをねらえ! (劇場版)から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    細田はアニメージュのインタビューでこの映画が公開された1979年(富野由悠季の『機動戦士ガンダム』の放送開始や宮崎駿の『ルパン三世 カリオストロの城』の公開などがあった)について「アニメはこの年に作られたものだけを見てればいいんじゃないか」という発言をしている。白倉は同作品について特撮ニュータイプの2003年月号のインタビューで「一時期「劇場版エースをねらえ!」を見まくってたんですよ。何回も見てるのに見終えたらもの凄く励まされるというか、ホント何度も見てんのに(笑)」と言い、またスタジオジブリの代表取締役である鈴木敏夫もこの作品を高く評価しておりアニメージュの編集長だったころに宮崎駿と高畑勲の作品ばかり特集してしまいその他の作品が二の次になってしまったことを反省し周囲の反対を押しきって1987年1月号にこの作品を大特集した。エースをねらえ! (劇場版) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木敏夫のジブリ汗まみれ

    鈴木敏夫のジブリ汗まみれから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    宮崎駿らの監督作品などで知られるアニメーション映画の制作プロダクションスタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫がメイン・パーソナリティを務める。鈴木の隠れ家とされる部屋「れんが屋」にジブリ作品の関係者や鈴木に所縁のある人物などをゲストに迎える。イベントでの公開録音や講演会での模様も多い。トークの一部はポッドキャスティングでも配信されている。鈴木敏夫のジブリ汗まみれ フレッシュアイペディアより)

  • ギブリーズ episode2

    ギブリーズ episode2から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    キャラクター原案:すずきとしおギブリーズ episode2 フレッシュアイペディアより)

126件中 31 - 40件表示

「鈴木敏夫」のニューストピックワード