126件中 41 - 50件表示
  • めいとこねこバス

    めいとこねこバスから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    プロデューサー:鈴木敏夫めいとこねこバス フレッシュアイペディアより)

  • 藤岡藤巻

    藤岡藤巻から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    宮崎駿監督映画『崖の上のポニョ』主題歌である。2007年12月16日のラジオ「藤岡藤巻の一フジ二フジ三オヤジ」で、大橋のぞみのソロに決定した旨のコメントが、スタジオジブリ社長の鈴木敏夫から明かされた、というネタを披露した。藤岡藤巻 フレッシュアイペディアより)

  • 巨神兵

    巨神兵から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    BD版『風の谷のナウシカ』の完成披露発表会において、スタジオジブリの鈴木敏夫は「エヴァンゲリオンは巨神兵だ!!と今気付きました」「何十年たった今でも人間って同じことやるんですね。恐ろしい(笑)。だからお墓には巨神兵って書いときましょう」と発言した。このソフトには映像特典として、鈴木と庵野の対談「ナウシカとエヴァンゲリオン!巨神兵の行方は?」が収録されている。巨神兵 フレッシュアイペディアより)

  • 天使のたまご

    天使のたまごから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    押井はスポンサーの徳間書店に対し、この作品のことを「単純な、男と女の物語」であると説得したという。結果徳間書店の後押しを受け、この『天使のたまご』が世に出ることになった。押井と当時徳間書店の編集者であった鈴木敏夫が組んだ初めての作品である。天使のたまご フレッシュアイペディアより)

  • 近藤喜文

    近藤喜文から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    高畑が『火垂るの墓』、宮崎が『となりのトトロ』と、長編映画を同時に制作した時期は2人の間で近藤の争奪戦が起こった。高畑は「他は何もいらないから近ちゃんだけ欲しい」、宮崎は「近ちゃんが入ってくれないなら僕も降板する」と言ったという逸話が残っている(結局、仲裁に入った鈴木敏夫の、宮崎は自分で絵が描けるからという助言で、近藤は『火垂るの墓』の制作に携わった)。米をよそう際、手首に付着した米粒を舐め食べる動作、など高畑アニメが追求する実にリアルな描写の実現は、近藤の強く鋭い感受性あって初めて可能なものだった。その後、再び高畑の元で『おもひでぽろぽろ』のキャラクターデザインと作画監督を担当する。近藤喜文 フレッシュアイペディアより)

  • 原徹

    原徹から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    徳間書店社長の徳間康快を社長に据え、原はスタジオの責任者として常務取締役に就任した。ジブリ時代の原はかねてからプロデューサーとして、ジブリの大作主義をハイリスクとして懸念を示していたが、『おもひでぽろぽろ』制作の遅れでストレスの溜った宮崎が解消方法に立案したジブリの新スタジオ建立案を巡って、経営圧迫を理由に反対。このとき原は社長を務めており、堅実な経営を目指していたが、宮崎に賛同した徳間、鈴木敏夫らと袂を分かち、1991年6月にスタジオジブリを退社した。原徹 フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ (曲)

    崖の上のポニョ (曲)から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    映画の絵コンテを宮崎から渡された時、久石の頭にすぐこの曲のメロディーが浮かんだが、当初はあまりにも単純な曲だと思ったので発表するのを2〜3ヶ月保留していた。しかし、結局この曲が頭から離れず、宮崎とプロデューサーの鈴木敏夫に聴いてもらったところ、その単純さが主題歌に相応しいという事で採用される事になった。崖の上のポニョ (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 碧野圭

    碧野圭から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    フリーライターとして主にタウン誌や編集長が鈴木敏夫、『天空の城ラピュタ』から『魔女の宅急便』劇場公開までの『アニメージュ』等アニメ誌にて活動した後、出版社にてライトノベルの編集者等を務める。2006年、『辞めない理由』で小説デビュー。2014年、『書店ガール』シリーズで第3回静岡書店大賞の「映像化したい文庫部門」大賞を受賞する。碧野圭 フレッシュアイペディアより)

  • 海がきこえる

    海がきこえるから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    実は『海がきこえる』のアニメ化以前、望月智充監督から同作品のアニメ化の企画がプロデューサーの鈴木敏夫に何度か持ち出されていたのだが、いずれも実現することはなかった。しかし1992年当時、『紅の豚』の制作を終えた宮崎駿が次回作を見い出せずにいたため、同年5月に鈴木敏夫は若いスタッフに何か作らせようと宮崎に提案、その際に鈴木が題材として『海がきこえる』を推挙した。監督の選考の際、以前から同作品のアニメ化を切望していた望月監督を起用する形となった。また、彼が過去に『めぞん一刻 完結篇』『きまぐれオレンジ☆ロード あの日にかえりたい』などの劇場作品の監督を手がけ、青春期の男女の恋愛模様を瑞々しく描写する手腕を高く買われてきた若手演出家であることも、監督起用の背景の一つにある。海がきこえる フレッシュアイペディアより)

  • 氏家齊一郎

    氏家齊一郎から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    日本テレビの副社長時代からスタジオジブリとの提携を推し進め、ジブリ初代社長の徳間康快と親しくし、後に徳間記念アニメーション文化財団の初代理事長にもなる。氏家は高畑勲の監督作品、特に『ホーホケキョ となりの山田くん』を愛好し、宮崎駿の『千と千尋の神隠し』については「俺には理解できない」と宮崎やプロデューサーの鈴木敏夫に直接話したという。氏家の「高畑さんの新作を見たい。大きな赤字を生んでも構わない。金はすべて俺が出す。俺の死に土産だ」という意向から『かぐや姫の物語』の企画がスタートした。予算やスケジュールを危ぶんだ鈴木は、「氏家に製作をやってもらう」という条件をつけた。氏家は作品の完成を見ることなく世を去ったが、その関わり故にポスターやクレジットに「製作」として名が記されることになった。氏家齊一郎 フレッシュアイペディアより)

126件中 41 - 50件表示

「鈴木敏夫」のニューストピックワード