85件中 51 - 60件表示
  • 宮崎駿

    宮崎駿から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    その後、リニューアルされ人気を博していた『ルパン三世』の映画を一緒にやろうと大塚に持ちかけられ、当初は「もうルパンは古臭い」と宮崎は乗り気ではなかったが最終的に了承。その為テレコム・アニメーションフィルム(東京ムービー新社内)に移籍し、映画『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)で映画作品の監督デビューをした。宮崎は「カリオストロではじめて体力の限界を知った」というほど、監督として映画製作に尽力し、半年という短い期間で作り上げた。しかし、当時の『2ndルパン』のイメージと違う作風や、SFアニメ全盛の時代ということもあって、大衆受けはせず、興行的には前作に及ばなかった。むしろ興行的不振のために、しばらくの間映画に携われない不遇の時を過ごすことになった。しかし後に、再放送されては高視聴率をあげるなど、アニメーションの金字塔的作品として高い評価を受けている。この直後には、『ルパン三世』で最終回含め2話の制作に脚本、絵コンテ、演出として携わっている。後の『風の谷のナウシカ』に登場する巨人兵や飛行船など、この頃から構想があったとみられる。『カリオストロの城』制作時に、当時『アニメージュ』副編集長で取材に訪れた鈴木敏夫と出会っている。宮崎駿 フレッシュアイペディアより)

  • 紅の豚

    紅の豚から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    原案は、月刊誌『モデルグラフィックス』の連載漫画記事宮崎駿の雑想ノートの「飛行艇時代」からで、本作はそれを膨らませたものである。生家が航空機産業に関係していたため、幼い頃から空を飛ぶことに憧れていた宮崎が、自分の夢として描いた作品である。宮崎自身がその演出覚書において、「疲れて脳細胞が豆腐になった中年男のためのマンガ映画」にしたいと記している。本編制作中にプロデューサー鈴木敏夫の製作した宣伝用予告映像は、過激な空戦シーンを中心に繋いだ戦争映画さながらのものだった。まるで本編と方向性の異なるイメージで作られたそれに対し、宮崎は猛烈に怒ったという。紅の豚 フレッシュアイペディアより)

  • 見上げてごらん夜の星を (曲)

    見上げてごらん夜の星を (曲)から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    2011年、スタジオジブリのアニメ映画コクリコ坂からでは坂本九の『上を向いて歩こう』が挿入歌とキャッチコピーとして使用されているが、脚本の宮崎駿は同曲があまり好きではなく、また映画の舞台となった1963年当時の代表曲を使いたいという宮崎吾朗監督の意向から当初は『見上げてごらん夜の星を』を使用する予定であったが、鈴木敏夫プロデューサーが「あのころの少年にとって九さんの歌は『上を向いて歩こう』しかないよ」と変更したという。見上げてごらん夜の星を (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 原徹

    原徹から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    1972年に東映動画を退社して、アニメ制作会社トップクラフトを設立。東映動画時代の1966年にアメリカとの合作テレビアニメ『キングコング』と『001/7親指トム』を担当したことから、トップクラフトでは、主にアメリカやヨーロッパとの合作作品を制作し続けた。1984年にアニメ映画『風の谷のナウシカ』を監督することになった東映動画時代の後輩宮崎駿が制作母体としてトップクラフトを拠点とすることを依頼。合作は制作条件がいいものの、作った作品が日本国内で見られることがなく欲求不満を感じていたスタッフのためにも原はこれを受諾して、トップクラフトで『風の谷のナウシカ』は制作された。『風の谷のナウシカ』の興行は成功に終わり内容も評価されたことから、気を良くした製作の徳間書店は、引き続き宮崎駿作品の製作へ意欲を見せ、宮崎の活動の拠点となるアニメスタジオを設けることを決意。1985年にトップクラフトを解体する形で、徳間書店の出資により、株式会社スタジオジブリ設立。徳間書店社長の徳間康快を社長に据え、原はスタジオの責任者として常務取締役に就任した。1986年のジブリ第1回作品『天空の城ラピュタ』から、1991年の『おもひでぽろぽろ』までジブリ作品のプロデューサーを務めた。ジブリ時代の原はかねてからプロデューサーとして、ジブリの大作主義をハイリスクとして懸念を示していたが、宮崎が立案したジブリの新スタジオ建立案を巡って、経営圧迫を理由に反対。堅実な経営を目指した原だったが、宮崎に賛同した徳間康快社長、鈴木敏夫らと袂を分かち、1991年にスタジオジブリを退社した。原徹 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力撤廃

    原子力撤廃から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    2011年(平成23年)8月、スタジオジブリ発行の小冊子『熱風』で、宮崎駿が「NO! 原発」と書かれたプラカードを着けて歩く写真が表紙を飾った。表紙の説明には「6月11日、宮崎駿監督は東小金井で小さなデモをした」と書かれている。この号の特集「スタジオジブリは原発ぬきの電気で映画をつくりたい」では、宮崎駿、鈴木敏夫、河野太郎、大西健丞、川上量生による特別座談会が掲載されており、宮崎駿は原発をなくすことに賛成と語っている。座談会では他に、2010年(平成22年)夏ごろ福島の原発施設内(福島第二原子力発電所エネルギー館)に知らないうちにトトロの店が置かれていたことが発覚し撤去させたことや、ジブリとしては原発に反対であることなども語られている。また2011年(平成23年)6月から、東京都小金井市のスタジオジブリの屋上に、「スタジオジブリは原発ぬきの電気で映画をつくりたい」と書かれた横断幕が掲げられている。原子力撤廃 フレッシュアイペディアより)

  • 米林宏昌

    米林宏昌から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    メアリー・ノートンの小説『床下の小人たち』を原作とした映画『借りぐらしのアリエッティ』にて、長編作品としては自身初となる監督に就任した。ノートンの原作と宮崎駿の脚本を基に、映画の制作を進めている。スタジオジブリの歴代作品の監督としては最年少となる。なお、宮崎が脚本に徹し米林に演出を委ねた理由について、プロデューサーの鈴木敏夫は、同映画は宮崎が若かりし頃に構想した点を指摘したうえで「若いときに考えていたものを、彼に提供するのが一つの役割なんじゃないか、たぶん、そう考えた」と説明している。米林宏昌 フレッシュアイペディアより)

  • プロダクション・アイジー

    プロダクション・アイジーから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    キネ旬ムック『『千と千尋の神隠し』を読む40の目』(2001年、キネマ旬報社) ISBN 4-87376-574-9 - アニメ制作会社スタジオジブリの鈴木敏夫との対談。プロダクション・アイジー フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋市

    名古屋市から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    鈴木敏夫(スタジオジブリプロデューサー)名古屋市 フレッシュアイペディアより)

  • 庵野秀明

    庵野秀明から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    アニメ映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に関しては、『逆襲のシャア友の会』なる同人誌を出版。この本にはゆうきまさみ、出渕裕、美樹本晴彦、北爪宏幸、幾原邦彦、鈴木敏夫らのメンバーが参加しており、庵野と押井守、富野由悠季らとの対談が収録されている。『機動戦士Vガンダム』のDVDボックスでのコメントでは、周囲の評判の良くなかった『Vガンダム』にハマっていた庵野が当時のアニメ誌で特集するよう働きかけたりガイナックスで原画を手伝ったりしたことを話しており、同時に『Vガンダム』以降の富野作品は観ておらず「自分にとって『Vガンダム』が最後の富野作品」とも語っている。また、OVA『機動戦士ガンダム MS IGLOO』もお気に入りの作品で、しばらくは会う人たちに布教活動(宣伝)を行っていたという。同作品の公式HPにもファンのひとりとして登場し、『機動戦士ガンダム』に対する愛情を語っている。庵野秀明 フレッシュアイペディアより)

  • ほぼ日刊イトイ新聞

    ほぼ日刊イトイ新聞から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    コンテンツは業界、ジャンルを問わない著名人から、一般人まで幅広い層の人物が執筆を手がけている。また、糸井重里自身がゲストを招き、対談を行うコンテンツも多様な業界の人物が訪れる。登場した人物の一例として、明石家さんま、荒俣宏、イチロー、川上弘美、坂本龍一、さくらももこ、萩本欽一、鈴木敏夫、立川談志、谷川俊太郎、タモリ、矢沢永吉、松本人志など。ほぼ日刊イトイ新聞 フレッシュアイペディアより)

85件中 51 - 60件表示