85件中 61 - 70件表示
  • 押井守

    押井守から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    宮崎駿と親交があり「宮さん」と呼んでいる。押井は宮崎駿がかねてよりその才能を認めていた数少ない同業者の一人であり、『ルパン』製作に押井を推薦するなどしている。対談でも圧倒的な論理を展開する宮崎に対して押井も独自の理論を展開して応戦するなど負けていない。過去の企画では顔を合わせるとほぼ必ず意見が食い違い、はたから見ればほとんど喧嘩をしているような空気になったという。宮崎は自分と対等に理論的に話せる相手を欲している、と最初に二人を引き合わせた鈴木敏夫は語っており、押井はその数少ない一人だったといえる。また、二人の作品には共通点もあり、例えば戦車や飛行機など軍用機器や車、バイクを出すのが好きであること、モブシーンが多いこと、時折難解で長い文章を人物に話させること、高度なカメラワーク、そしてアニメ界屈指の演出能力の高さ、オチの付け方などである。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎吾朗

    宮崎吾朗から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    その後、スタジオジブリの鈴木敏夫から「宮さん(宮崎駿)がジブリの美術館をつくりたいと言ってる。ジブリにはそういうのがわかる人がいないんだけど、吾朗君、やらない?」と誘われた。見せられた宮崎駿のプランに刺激を受け、「やります」と回答し、森緑地設計事務所を退職した。宮崎吾朗 フレッシュアイペディアより)

  • 耳をすませば

    耳をすませばから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    宮崎駿の義父が建てた山小屋には、彼の姪らが昔読んだ少女マンガ雑誌が残されていて、宮崎は毎年夏の休暇中にそれらを読むのが習慣だった。1989年の夏、雑誌がボロボロになったので、宮崎が農協のスーパーで新しいのを買ったところ、2度目に購入した雑誌に原作漫画の連載2回目が掲載されていて、これに興味を持ったのが制作のきっかけとなった。一方耳をすませばの文庫本に掲載されている鈴木敏夫の解説によれば、山小屋とは宮崎の義理の父親のアトリエであり、雑誌は宮崎の姪らが昔に読んだ雑誌だったという。休暇を共にしたスタッフで耳をすませばの一部から全体がどんな話なのかを膨らませていったといい、実際に宮崎が原作を全編通して読んだとき「ストーリーが違う」と怒ったという。耳をすませば フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    ガブリ - 2006年に球団創設70周年を記念して設立された球団公式ファンクラブのマスコット。1991年、スタジオジブリの宮崎駿が同僚で中日ファンの鈴木敏夫のために、当時の四番打者・落合博満と竜をモチーフにデザインした。後にファンクラブのマスコットとして提供され、鈴木には名誉会員1号の称号が贈られた。名前は公募でつけられた。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • トイ・ストーリー3

    トイ・ストーリー3から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    スペシャルサンクス:キャスリーン・ブラウン、スティーブ・ジョブズ、宮崎駿、鈴木敏夫トイ・ストーリー3 フレッシュアイペディアより)

  • 風の谷のナウシカ

    風の谷のナウシカから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    アニメージュ編集部は『未来少年コナン』や『ルパン三世 カリオストロの城』を通じて宮崎の才能に着目しており、1981年8月号において「宮崎駿特集」を掲載した。また、宮崎から『戦国魔城』と『ロルフ』 という2本の映画企画を預かり、徳間グループの映像会議に提出したが、原作が存在しないことを理由のひとつとして採用されなかった。そこで、編集部はアニメ化への布石と誌面の話題作りを兼ねて、宮崎に連載漫画の執筆を依頼した。担当編集者の鈴木敏夫に口説かれた宮崎は、「漫画として描くならアニメーションで絶対できないような作品を」という条件で受諾。『ロルフ』にSF的な「腐海」という設定を加え、『風の谷のナウシカ』の題名で執筆を開始した。風の谷のナウシカ フレッシュアイペディアより)

  • 魔女の宅急便 (スタジオジブリ作品)

    魔女の宅急便 (スタジオジブリ作品)から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    プロデューサー:鈴木敏夫魔女の宅急便 (スタジオジブリ作品) フレッシュアイペディアより)

  • 尾田栄一郎

    尾田栄一郎から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    2009年にはアニメ『ONE PIECE』の劇場版10作目を記念して『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』の映画ストーリー・コスチューム&クリーチャーデザイン・製作総指揮を務める。この映画は様々な東映記録を塗り替え、漫画原作のアニメ映画としては歴代最高記録となる興行収入48億円の大ヒットとなり、2010年上半期邦画興行成績ランキング第1位、2010年年間邦画興行成績ランキング第4位、2010年年間映画興行成績ランキング第8位となった。同年、鈴木敏夫のラジオ番組『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』に出演した。尾田栄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • カラー (アニメ制作会社)

    カラー (アニメ制作会社)から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    月刊ニュータイプ2011年6月号のスタジオカラー特集では、スタジオジブリの宮崎駿と鈴木敏夫、キングレコードの大月俊倫、Production I.Gの石井朋彦、ボンズ取締役の南雅彦、サンライズ代表取締役社長の内田健二、アニメーション監督の神山健治がカラーへ応援メッセージを送っている。カラー (アニメ制作会社) フレッシュアイペディアより)

  • 権藤博

    権藤博から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    鈴木敏夫のジブリ汗まみれ(TOKYO FM - 2009年9月8日、9月15日、2010年4月27日、10月12日、ゲスト)権藤博 フレッシュアイペディアより)

85件中 61 - 70件表示

「鈴木敏夫」のニューストピックワード