126件中 71 - 80件表示
  • 星野康二

    星野康二から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    ブエナビスタホームエンターテイメントがスタジオジブリ作品のビデオ販売を担当するなど、スタジオジブリとは業務にて関わる機会が多かった。2008年、スタジオジブリ社長の鈴木敏夫から後継者として指名されたため、ウォルト・ディズニー・ジャパン会長を退き、2代目スタジオジブリ社長に就任した。スタジオの運営に関して「“稼ぐ”という部分、経営面では変化していくだろうが、創作集団としてのジブリは変わらないし、鈴木さんがこれまで作ってきた環境を壊さない」と表明しつつ「変わらないためにこそ、変化を恐れずにいたい。映画はもちろん、DVD、ビデオ、出版など、刻々と変わる業界の状況にも常に対応できるようにしたい」としている。経営に関しては、ウォルト・ディズニー・カンパニーとスタジオジブリの規模の違いを指摘し「世界的な基準で会計の分析などをしても意味がない」と評し「ディズニーとは逆のことをしなければならない」と語っている。星野康二 フレッシュアイペディアより)

  • 機動警察パトレイバー

    機動警察パトレイバーから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    “ NEXT ”が正式に発表される前であった2012年9月17日のニコニコ生放送 、押井守と鈴木敏夫の対談中に鈴木が暴露する形でパトレイバーの実写化が発覚。しかし、それを受けてゆうきまさみはツイッターで「実写化の話は知りません。ああいう政治的な動きはやめてほしい。」「アニメであれ実写であれ動いていないはずです。少なくとも僕は何も聞いていません。」「今は映像化を考えてない」と否定をしている。後に“ NEXT ”公開中に関連トークイベントのゲストとして招かれた出渕裕もイベントホストの押井に対し柔らかい口調ではあったが「面倒な事とか、いろいろあるのはわかるけど、プロセスを踏んでほしかった」と苦言を呈した。機動警察パトレイバー フレッシュアイペディアより)

  • 28 1/2 妄想の巨人

    28 1/2 妄想の巨人から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    劇中コメント協力 - 石川光久、出渕裕、伊藤ちひろ、神谷誠、神山健治、川井憲次、鴻上尚史、今野敏、佐藤敦紀、渋谷陽一、鈴木敏夫、瀬名秀明、高橋良輔、田中要次、田原実、千葉繁、西尾鉄也、浜野保樹、林弘幸、樋口真嗣、藤田陽子、前田哲、松岡正剛、三池崇史、三木聡、森本晃司、山寺宏一、山中聡、行定勲(五十音順)28 1/2 妄想の巨人 フレッシュアイペディアより)

  • 風の谷のナウシカ

    風の谷のナウシカから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    アニメージュ編集部は『未来少年コナン』や『ルパン三世 カリオストロの城』を通じて宮崎の才能に着目しており、1981年8月号において「宮崎駿特集」を掲載した。また、宮崎から『戦国魔城』と『ロルフ』 という2本の映画企画を預かり、徳間グループの映像会議に提出したが、原作が存在しないことを理由のひとつとして採用されなかった。そこで、編集部はアニメ化への布石と誌面の話題作りを兼ねて、宮崎に連載漫画の執筆を依頼した。担当編集者の鈴木敏夫に口説かれた宮崎は、「漫画として描くならアニメーションで絶対できないような作品を」という条件で受諾。『ロルフ』にSF的な「腐海」という設定を加え、『風の谷のナウシカ』の題名で執筆を開始した。風の谷のナウシカ フレッシュアイペディアより)

  • オトナの!

    オトナの!から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    鈴木敏夫、久石譲、藤巻直哉(2014年2月5日、12日、19日放送)オトナの! フレッシュアイペディアより)

  • 山賊のむすめローニャ

    山賊のむすめローニャから見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    『山賊の娘ローニャ』のタイトルで、2014年10月11日より2015年3月28日までNHK BSプレミアムにて、全26話放送された。宮崎吾朗にとってスタジオジブリ以外の監督作品であり、テレビアニメは初監督となる。なお、スタジオジブリは「制作協力」として参加し、題字は同プロデューサー鈴木敏夫によるもの。山賊のむすめローニャ フレッシュアイペディアより)

  • ほぼ日刊イトイ新聞

    ほぼ日刊イトイ新聞から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    糸井重里自身がゲストを招き、対談を行うコンテンツも多様な業界の人物が訪れる。過去に登場した人物の一例として、明石家さんま、荒俣宏、イチロー、川上弘美、坂本龍一、さくらももこ、萩本欽一、鈴木敏夫、立川談志、谷川俊太郎、タモリ、笑福亭鶴瓶、矢沢永吉、松本人志、原辰徳、中畑清、田口壮、養老孟司、為末大等がいる。ほぼ日刊イトイ新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 立喰師列伝

    立喰師列伝から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    鈴木敏夫 - 冷やしタヌキの政(台詞なし)立喰師列伝 フレッシュアイペディアより)

  • いずみ包

    いずみ包から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    松任谷由実?鈴木敏夫 「魔女の宅急便」「おもひでぽろぽろ」ブルーレイ発売記念トークイベント(2012年12月9日)いずみ包 フレッシュアイペディアより)

  • 米林宏昌

    米林宏昌から見た鈴木敏夫鈴木敏夫

    2010年の映画『借りぐらしのアリエッティ』にて、長編作品としては自身初となる監督に就任した。スタジオジブリの歴代作品の監督としては最年少となる。なお、宮崎が脚本に徹し米林に演出を委ねた理由について、プロデューサーの鈴木敏夫は、同映画は宮崎が若かりし頃に構想した点を指摘したうえで「若いときに考えていたものを、彼に提供するのが一つの役割なんじゃないか、たぶん、そう考えた」と説明している。また、この作品の企画があがった段階で、宮崎より監督を誰にするか問われた時、鈴木が米林の名前をあげ、二人で説得して決まったという。米林宏昌 フレッシュアイペディアより)

126件中 71 - 80件表示

「鈴木敏夫」のニューストピックワード