86件中 61 - 70件表示
  • 鈴木敏夫

    鈴木敏夫から見たおもひでぽろぽろ

    おもひでぽろぽろ(1991年) - プロデューサー鈴木敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木敏夫

    鈴木敏夫から見たノンちゃん雲に乗る

    プロデューサー以外には、『耳をすませば』、『もののけ姫』にも端役で出演。『ハウルの動く城』では監督宮崎に代わり公式ポスターの原画を、『ゲド戦記』では題字を書いている。押井守の実写映画では短編『KILLERS キラーズ』で「悪徳アニメプロデューサー」役、2006年公開の『立喰師列伝』では立喰師役の一人として出演している(これは本人の懇願によって実現した)。最近ではDVD『ノンちゃん雲に乗る』の中で、大橋のぞみに付く二枚目風運転手役で出演しその横顔を決めている。2004年には東京大学大学院の情報学環にて特任教授に就任し、「コンテンツ創造プログラム」などを講じた。鈴木敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木敏夫

    鈴木敏夫から見たプロフェッショナル 仕事の流儀

    プロフェッショナル 仕事の流儀(2006年4月10日、同番組で取り上げられた)鈴木敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木敏夫

    鈴木敏夫から見たほぼ日刊イトイ新聞

    鈴木敏夫さんと深夜の映画館で。 - ほぼ日刊イトイ新聞鈴木敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木敏夫

    鈴木敏夫から見たアニメージュ

    児童少年編集部では1978年に『アニメージュ』を創刊。1981年に『アニメージュ』誌面で宮崎駿特集を企画。宮崎と『戦国魔城』と題した映画の企画を練り、徳間書店社長の徳間康快に提案した。その企画が頓挫したのち、1982年には『風の谷のナウシカ』連載開始に尽力。『風の谷のナウシカ』の映画化が決定すると、宮崎の意を受け、プロデューサーを引き受けるよう高畑勲を説得し、以降は高畑とともに『風の谷のナウシカ』の製作を支えた。鈴木敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木敏夫

    鈴木敏夫から見たゲド戦記

    ランドスケープコンサルタントでランドスケープアーキテクトとして働いていた宮崎吾朗に声をかけ、三鷹の森ジブリ美術館のデザイナーとしてスタジオジブリに入社させた。ジブリ美術館の仕事を通じて「自分の考えを実行に移す彼のパワー」を評価した鈴木は、宮崎吾朗を『ゲド戦記』の企画に参加させ、宮崎駿の猛烈な反対を押し切って監督に据える。鈴木敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木敏夫

    鈴木敏夫から見た公益財団法人

    鈴木 敏夫(すずき としお、1948年8月19日 - )は、日本の編集者、映画プロデューサー。株式会社スタジオジブリ代表取締役、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団副理事長。鈴木敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木敏夫

    鈴木敏夫から見たOn Your Mark

    ジブリ実験劇場 On Your Mark(1995年) - プロデューサー鈴木敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木敏夫

    鈴木敏夫から見たニコニコ生放送

    宮崎吾朗は、ニコニコ生放送での対談で「親父(宮崎駿)のコネがなかったら、アニメを作ってないと思いますか?」という視聴者からの質問に 「コネというより、そこに鈴木敏夫がいたことのほうが問題だと思う」 と述べている。鈴木は宮崎吾朗のこの発言を遮る形で「宮崎駿を父に持ち、父のもとで映画を作る。大変な逆境に置かれているわけで、 誰も味わえない。それをやれるのは吾朗君だけ。日々、生きているという実感があるでしょう?」 とコメントした。鈴木敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木敏夫

    鈴木敏夫から見た編集者

    鈴木 敏夫(すずき としお、1948年8月19日 - )は、日本の編集者、映画プロデューサー。株式会社スタジオジブリ代表取締役、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団副理事長。鈴木敏夫 フレッシュアイペディアより)

86件中 61 - 70件表示