45件中 11 - 20件表示
  • ひるまにあん

    ひるまにあんから見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    楽天イーグルスの選手(岩隈、鉄平、山崎選手など)(2009年12月から)ひるまにあん フレッシュアイペディアより)

  • SBM (野球)

    SBM (野球)から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    結果、夏場に肘を故障したファルケンボーグが帰国(終盤に復帰するも不調)、馬原も9月11日の楽天戦で鉄平にグランドスラムを打たれ6失点するなど安定を欠くようになる。チーム成績も降下し楽天に追い上げられ3位に終わった。SBM (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡雄二

    吉岡雄二から見た鉄平 (野球) 鉄平 (野球)

    1000試合出場:2007年9月11日、対オリックス・バファローズ21回戦(フルキャストスタジアム宮城)、8回裏に鉄平の代打として出場 ※史上422人目吉岡雄二 フレッシュアイペディアより)

  • 池山隆寛

    池山隆寛から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    からはヤクルト時代の恩師である野村克也監督の下で東北楽天ゴールデンイーグルス一軍打撃コーチとなり、に退任するまでに首位打者2人(2008年のリック・ショート、2009年の鉄平)、本塁打王1人(2007年の山崎武司)を輩出した。池山隆寛 フレッシュアイペディアより)

  • 礒部公一

    礒部公一から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    シーズン序盤は不動の3番・ライトでの先発出場が多く、一時は首位打者争いにも加わったが、交流戦以降の不振や守備の衰えから鉄平、草野大輔が3番に置かれた。守備面では左翼手としてスタメンに出場したり、チームの若返り構想から守備で勝る牧田明久にスタメンを奪われることも増えた。結果的にシーズン後半は6番以降や代打で出ることが多くなった。シーズン末に出場機会を求めてFA権の行使をする動きも見られたが「野村監督を胴上げしたい」と2006年に続き残留した。礒部公一 フレッシュアイペディアより)

  • 茅野正昌

    茅野正昌から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    1999年の福岡におけるホークス初リーグ優勝の際に記者席で号泣したり(当時NHK福岡放送局に勤務していた広瀬靖浩の回想による)、2009年9月11日の試合(東北楽天ゴールデンイーグルス戦)で9回表に馬原孝浩が鉄平に勝ち越し満塁本塁打を打たれた瞬間に「あーっ、やめてーっ!」、「これは悪い夢以外の何物でもない!」と悲鳴を上げるなど、ホークスを応援する姿勢を全面に出しているが、一方ホークスが不甲斐ない試合をした際には、例えばブライアン・ブキャナンに対し「4三振、きょうのブキャナン木偶の坊!」、新垣渚に対しては「今日の新垣にはソフトボールのストライクゾーンが丁度いいようです」など、辛辣な文言を並べ立てる事がある。茅野正昌 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原満

    藤原満から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    のドラフト4位で南海ホークスに入団。プロ入り後の守備位置は遊撃手で、後に三塁手にコンバートされた。大学時代は3番打者で典型的な中長距離打者であったが、当時の野村克也選手兼任監督は、タイ・カッブが使用していた重量がありグリップの太い「つちのこバット」(すりこぎバット)をオーダーするよう高畠導宏打撃コーチに指示し、高畠コーチの指導の下、ボールをぶつけてゴロやライナーを打ち、足を生かす打者へ転向。なお、この「つちのこバット」は、藤原が先駆けとなり、福本豊・松本匡史・高橋慶彦や大石大二郎ら俊足選手が使用するようになった。その後も野村が監督を務めたチームでは同様に俊足打者に対して野村自ら指令を出し、ヤクルトスワローズの飯田哲也、阪神タイガースの赤星憲広・田中秀太、東北楽天ゴールデンイーグルスの鉄平・森谷昭仁が使用した。藤原満 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    7月2日 - ガリバーオールスターゲーム2007のファン投票最終結果発表。ファン投票で初選出されたのはパ・リーグでは田中将大先発投手、松本輝中継ぎ投手、福盛和男抑え投手、嶋基宏捕手、高須洋介二塁手、鉄平外野手、山崎武司指名打者(以上楽天)、セ・リーグでは林昌範中継ぎ投手(巨人)、栗原健太一塁手(広島)、青木宣親外野手(ヤクルト)の10選手。田中は1999年の松坂大輔(当時西武、現ボストン・レッドソックス)以来、8年ぶりの高卒新人選手でのファン選出。楽天からは最多の8選手が選出された。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 榎本葵

    榎本葵から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    2012年には開幕を2軍で迎えたが、同じ左打ちのレギュラー外野手・鉄平が右肩の痛みを訴えたことから、鉄平に代わって5月26日にプロ入り後初の一軍選手登録。以降の試合では、プロ初安打を放ったほか、スタメンでも出場。6月6日に鉄平が1軍へ復帰した後も、同月18日に出場選手登録を抹消されるまで、引き続き1軍へ帯同していた。7月19日にHARDOFF ECOスタジアム新潟で開かれたフレッシュオールスターゲームでは、イースタン・リーグ選抜の3番・右翼手としてフル出場。4打数2安打の活躍で優秀選手賞を獲得した。榎本葵 フレッシュアイペディアより)

  • 野口茂樹

    野口茂樹から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    は1試合の登板に終わり、は開幕ローテーション入りこそ逃したものの、リリーフとして開幕一軍入りし、5月1日に古巣である対中日戦で移籍後初勝利を挙げる。その後もリリーフの一角として存在感を示していたが、徐々に打ち込まれるようになり8月中旬に一軍登録を抹消された。全てリリーフでの登板で31試合登板、防御率は4.30に終わった。契約更改では年俸1億円から75%減俸の2500万円となった。これは巨人史上当時最大、日本球界全体でも当時3位となる減俸率である(金額は推定)。はルーキーイヤー以来の一軍登板無しに終わり、10月1日に球団から戦力外通告を受けた。12球団合同トライアウトには参加せず、東北楽天ゴールデンイーグルスの入団テストを受け、鉄平を含む打者5人と対戦。全員を打ち取るも直球のスピードが出ず、合格は至らなかった。その後、12月23日には同じ巨人から自由契約になった門倉健とともにシカゴ・カブスのトライアウトを受けた。野口茂樹 フレッシュアイペディアより)

45件中 11 - 20件表示

「鉄平」のニューストピックワード