45件中 31 - 40件表示
  • 高須洋介

    高須洋介から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    、前年の手術の影響か開幕スタメンは新加入の小坂誠に譲ったが、3割を超える好調な打撃ですぐにレギュラーの座を取り返した。相変わらずの得点圏打率の高さを記録するなど打線を牽引していたが、5月6日の西武戦で片岡易之が放ったセンター前への飛球を捕球する際にセンターの鉄平と交錯、左足首を捻挫して登録選手を抹消された(後に靱帯損傷と発表)。3か月に及ぶリハビリの末、8月5日に一軍復帰。10月16日の福岡ソフトバンクホークスとのクライマックスシリーズ第1ステージ第1戦では杉内俊哉から初回先頭打者本塁打を放った。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 中村真人 (野球)

    中村真人 (野球)から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    牧田明久の故障や鉄平の不振などもあり、主に右投手先発時の左翼手として中島俊哉と併用された。中村真人 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    他には、元南海の広瀬叔功(遊撃手→中堅手)、元阪神の真弓明信(遊撃手→二塁手→外野手)、元ロッテの西村徳文(二塁手→三塁手→外野手)、元横浜の波留敏夫(遊撃手→外野手)、元ヤクルトの福地寿樹(二塁手→外野手)など。現役選手では、ロッテのサブロー(遊撃手→外野手)、DeNAの金城龍彦(三塁手→外野手)、オリックスの赤田将吾(二塁手→外野手)、楽天の鉄平(遊撃手→外野手)、森山周(遊撃手・二塁手→外野手)、日本ハムの陽岱鋼(遊撃手・三塁手→外野手)、ソフトバンクの吉村裕基(三塁手→一塁手→外野手)、福田秀平(遊撃手→外野手)、中日の堂上剛裕(一塁手→外野手)、巨人の大田泰示(三塁手・一塁手→外野手)などの例がある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 12月27日

    12月27日から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    1982年 - 鉄平、プロ野球選手12月27日 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 大分市

    大分市から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    鉄平(土谷鉄平) - プロ野球選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)大分市 フレッシュアイペディアより)

  • 小池徹平

    小池徹平から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    「徹平」という名前は父親の好きなマンガ「おれは鉄兵(作:ちばてつや)」から。これは楽天イーグルスの鉄平と同じである。小池徹平 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年

    1982年から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    12月27日 - 鉄平、プロ野球選手1982年 フレッシュアイペディアより)

  • 草野大輔

    草野大輔から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    のオープン戦時に右ふくらはぎの肉離れによって登録抹消、開幕一軍入りはならなかった。4月12日の西武戦で一軍復帰し、「6番・三塁手」で先発出場するといきなり4安打を放つ活躍を見せた。その後も中村紀洋の加入で空いた守備位置がなくなったため、野村の苦肉の策として19日にプロ入り後、全く経験のないレフトの守備に就かせ、4月22日には初めて左翼手でのスタメン出場を果たした。4・5月は5割弱の高打率を維持、球団新記録となる21試合連続安打を記録した(後に鉄平が更新)。シーズン途中に外野手のトッド・リンデンを獲得してからは攻撃的なオーダーを組むためにセカンドに回るものの、5月25日に不足打席分が解消され規定打席に到達。打率.402で首位打者に躍り出た。7月にはオールスターゲームファン投票で外野手部門3位に輝き、初のオールスター出場を果たす。川井雄太から初安打を放ち、1戦目でレフト、2戦目でセカンド・サードを守ってユーティリティーぶりを発揮した。8月4日、サードゴロを捌く際に右足のスパイクで自らの左足のズボンの裾を踏んで転倒してしまい、ぎっくり腰で一軍登録を外れたが、半月で再登録された。中村紀の二軍落ち後は三塁手のレギュラーに固定され、自身初の規定打席に到達し打率.305、54打点(自己最高打点)の成績を残した。一方、前半の活躍の警戒からか両リーグ最多の17死球を記録した。草野大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 亀梨和也

    亀梨和也から見た鉄平 (野球)鉄平 (野球)

    番組の企画の際、山本浩二にスローカーブを伝授された。そのスローカーブを使い、軟式ボールでソフトバンクの多村仁志、横浜(当時)の内川聖一、楽天の鉄平と対戦し打ちとった。亀梨和也 フレッシュアイペディアより)

45件中 31 - 40件表示

「鉄平」のニューストピックワード