97件中 61 - 70件表示
  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見た左翼手

    はウエスタン・リーグで遊撃手のレギュラーを獲得するが、そのオフに外野手へコンバートされる。、プロ4年目で一軍初出場・初安打を記録し、主に代走や外野の守備固めとして50試合に出場した。6月1日に「6番・左翼手」でプロ初スタメン出場。10月9日に行われたファーム日本選手権でサヨナラ安打を放ってチームをファーム日本一に導き、最優秀選手賞を獲得した。鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見た右翼手

    この年は聖澤諒がレギュラーに抜擢された影響によって右翼手にコンバートされた。シーズン前半は交流戦の巨人戦、阪神戦で自身初を含む2度のサヨナラ安打を打つ活躍を見せたが、前年と比べて打率が上がらずに苦戦。その影響で打順が固定されず、4番で出場した試合もあった。後半は前年に迫るほどに調子を上げ、9月12日のオリックス戦から9月14日の日ハム戦にかけて9打数連続安打(パ・リーグ2位タイ)を記録。しかしシーズン閉幕直前の9月18日のロッテ戦で小林宏から死球を受け右足小指を骨折(この時はそのまま走者として試合に出続け、中村紀洋のヒットによってサヨナラのホームを踏んだ)。後日即登録抹消されそのままシーズンを終える。打率は3割を超えたものの、得点圏打率は.271とやや不本意な成績だった。鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見た中堅手

    、開幕戦の日本ハム戦では「1番・中堅手」としてスタメン出場する。4月22日の西武戦では西口文也からプロ初本塁打を放つ。6月2日は古巣の中日戦(宮城球場)で4安打を放ち、サヨナラ勝ちにつなげる。試合後、中日監督の落合博満から「お前を(トレードに)出した甲斐があった」とのコメントを受ける。6月30日の日本ハム戦から7月6日のロッテ戦にかけて9打席連続三振を記録。野手の連続三振記録の新記録となった。この年は103試合に外野手として出場し、チーム2位の打率.303を残す。また、西岡剛、赤田将吾、川崎宗則と並んでリーグトップタイの7三塁打を記録した。ファンからの最多投票を受け、楽天野球団主催の『2006年度MVP選手』に選ばれる。これにより、2007年度、同球団ファンクラブ特典のフィギュアは鉄平となる。イオン日米野球2006に監督推薦選手として出場。スコアボードにはなぜか「東北鉄平」と誤表示される。12月7日、球団史上最高となる220パーセントの年俸アップ率で契約更改をし「自費で新幹線に乗るときはいつも自由席だったけど、これからは座席が広いグリーン車に乗れそうです」とコメントした。また、この日「グッズを作り直すのが大変だろうから」と、背番号は変更しないことを発表した。鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見た外野手

    鉄平(てっぺい、本名:土谷 鉄平〈つちや てっぺい〉、1982年12月27日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(外野手)。鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見た東京ドーム

    、3月24日の開幕戦から11試合連続ヒットを記録する。5月6日、2008年北京オリンピック日本代表選手・第一次候補選手に選ばれる。7月20日、21日に行われたオールスターゲームに、ファン投票で選出され(楽天からは鉄平含め合計8名選出)、第1戦(東京ドーム)では途中出場、第2戦(宮城球場)では「1番・中堅手」でスタメン出場した。8月7日、日本ハム戦でライアン・グリンから第10号本塁打を放つ。この年はチーム2位の135試合に出場した。打率.254、出塁率.311は共に昨年よりダウンするも、本塁打が10本と、プロ初の二桁本塁打を記録。打順はシーズン通して一定しなかったが、下位打線で出場することが多かった。鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見たソフトボール

    、正月特番として放送された日本テレビの『徳光&所の世界記録工場 PART6』では上野由岐子らが出演した日米の女子ソフトボール投手との「ヒットを打てば100万円」対決企画を行った。鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見たファーム日本選手権

    はウエスタン・リーグで遊撃手のレギュラーを獲得するが、そのオフに外野手へコンバートされる。、プロ4年目で一軍初出場・初安打を記録し、主に代走や外野の守備固めとして50試合に出場した。6月1日に「6番・左翼手」でプロ初スタメン出場。10月9日に行われたファーム日本選手権でサヨナラ安打を放ってチームをファーム日本一に導き、最優秀選手賞を獲得した。鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見た独眼竜政宗 (NHK大河ドラマ)

    独眼竜政宗メインテーマ」池辺晋一郎(2007年5月前半頃まで)鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見たパシフィック・リーグ

    この年は聖澤諒がレギュラーに抜擢された影響によって右翼手にコンバートされた。シーズン前半は交流戦の巨人戦、阪神戦で自身初を含む2度のサヨナラ安打を打つ活躍を見せたが、前年と比べて打率が上がらずに苦戦。その影響で打順が固定されず、4番で出場した試合もあった。後半は前年に迫るほどに調子を上げ、9月12日のオリックス戦から9月14日の日ハム戦にかけて9打数連続安打(パ・リーグ2位タイ)を記録。しかしシーズン閉幕直前の9月18日のロッテ戦で小林宏から死球を受け右足小指を骨折(この時はそのまま走者として試合に出続け、中村紀洋のヒットによってサヨナラのホームを踏んだ)。後日即登録抹消されそのままシーズンを終える。打率は3割を超えたものの、得点圏打率は.271とやや不本意な成績だった。鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見たグリーン車

    、開幕戦の日本ハム戦では「1番・中堅手」としてスタメン出場する。4月22日の西武戦では西口文也からプロ初本塁打を放つ。6月2日は古巣の中日戦(宮城球場)で4安打を放ち、サヨナラ勝ちにつなげる。試合後、中日監督の落合博満から「お前を(トレードに)出した甲斐があった」とのコメントを受ける。6月30日の日本ハム戦から7月6日のロッテ戦にかけて9打席連続三振を記録。野手の連続三振記録の新記録となった。この年は103試合に外野手として出場し、チーム2位の打率.303を残す。また、西岡剛、赤田将吾、川崎宗則と並んでリーグトップタイの7三塁打を記録した。ファンからの最多投票を受け、楽天野球団主催の『2006年度MVP選手』に選ばれる。これにより、2007年度、同球団ファンクラブ特典のフィギュアは鉄平となる。イオン日米野球2006に監督推薦選手として出場。スコアボードにはなぜか「東北鉄平」と誤表示される。12月7日、球団史上最高となる220パーセントの年俸アップ率で契約更改をし「自費で新幹線に乗るときはいつも自由席だったけど、これからは座席が広いグリーン車に乗れそうです」とコメントした。また、この日「グッズを作り直すのが大変だろうから」と、背番号は変更しないことを発表した。鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

97件中 61 - 70件表示

「鉄平」のニューストピックワード