790件中 91 - 100件表示
  • 輸送人員

    輸送人員から見た乗車券乗車券

    輸送人員は、定期券利用の旅客数である「定期輸送人員」と定期券利用ではない旅客数である「定期外輸送人員」に分かれる。定期輸送人員は発着地点および経路から算出され、定期外輸送人員は搭乗券・乗船券・乗車券の販売数・回収数によって算出される。これらの数値は交通機関が長期計画を立てる際に重視されるデータの一つである。輸送人員 フレッシュアイペディアより)

  • 清水駅 (岐阜県)

    清水駅 (岐阜県)から見た乗車券乗車券

    名鉄には、瀬戸線にも清水駅(しみずえき)がある。当駅発行の切符には、(揖)清水と印字されていた。当駅から瀬戸線清水駅までの切符には、(揖)清水⇒(瀬)清水と印字されていた。揖斐線黒野駅 - 本揖斐駅間の廃止により、現在では瀬戸線清水駅発行の切符には清水とのみ印字されている。清水駅 (岐阜県) フレッシュアイペディアより)

  • 奥飛騨温泉口駅

    奥飛騨温泉口駅から見た乗車券乗車券

    単式ホーム1面1線と留置線を有する地上駅であった(夜間滞泊はなし、神岡鉱山前駅まで回送で戻っていた)。かつては島式ホーム1面2線を有したが、末期には一部が埋め立てられ、片側のみが使われた。無人駅であるが駅舎には自動券売機が一台設置されていた。神岡鉄道では神岡鉱山前駅と並び乗車券の購入できるただ二つの駅となっていた。奥飛騨温泉口駅 フレッシュアイペディアより)

  • マリンカード

    マリンカードから見た乗車券乗車券

    なお、初乗り運賃200円に満たない場合や小児、割引運賃適用者、複数人が利用する場合はあらかじめ自動券売機できっぷを購入する事になる。なお、出場時に残額が引き去り運賃に満たないカードはそのままでは出場できないため、各駅に設置されている自動精算機で精算する必要があった(この方法はパスネットと同じ扱い)。マリンカード フレッシュアイペディアより)

  • とびうお (宇高連絡船)

    とびうお (宇高連絡船)から見た乗車券乗車券

    ホーバークラフト(ホーバー便)は急行扱いであり、乗車券に加えて船急行券(便指定、座席は自由席)が必要であった。とびうお (宇高連絡船) フレッシュアイペディアより)

  • 旭通仮乗降場

    旭通仮乗降場から見た乗車券乗車券

    仮乗降場であったにも関わらず、近隣の商店にて廃止時まで簡易委託による乗車券発売が行われていた。尚、1968年(昭和43年)時点発行の乗車券には「旭通り」と記載されていた。旭通仮乗降場 フレッシュアイペディアより)

  • 玉里駅

    玉里駅から見た乗車券乗車券

    当駅と東田中駅との間に市境が走っており、石岡方面から見るとこの駅からが小美玉市域となった。駅は北を走る国道355号に接して設けられており、付近にはコンビニエンスストアなどがある。なお、駅前にクリーニング店「Mix Mini」があり、2004年(平成16年)までは乗車券をここで買うことができた。玉里駅 フレッシュアイペディアより)

  • 加治屋町駅

    加治屋町駅から見た乗車券乗車券

    無人駅で、乗車券などの販売は行っていない。加治屋町駅 フレッシュアイペディアより)

  • 下小川駅

    下小川駅から見た乗車券乗車券

    1983年(昭和58年)6月1日 - 水郡線CTC化により無人化。行き違い設備は存続し、個人商店に乗車券発売を委託した簡易委託駅となる。下小川駅 フレッシュアイペディアより)

  • 下野宮駅

    下野宮駅から見た乗車券乗車券

    1970年(昭和45年)10月1日 - 無人化。個人商店に乗車券発売を委託した簡易委託駅となる。下野宮駅 フレッシュアイペディアより)

790件中 91 - 100件表示

「鉄道の記念切符」のニューストピックワード