790件中 51 - 60件表示
  • 東京駅

    東京駅から見た乗車券乗車券

    JRでは当駅を「中央駅」と位置付けており、前身である日本国有鉄道(国鉄)の時代から列車の進行方向を示す「上り・下り」の基点となっていた。現在、中央本線は当駅 - 神田間は戸籍上東北本線となっているが、起点であった当駅へ向かう列車が引き続き上りとされている。なお、「中央駅」である当駅は東京都区内および東京山手線内各駅を発着するJR線長距離乗車券の運賃を算出するためのキロ数基準駅ともなっている(前者:201km以上、後者:101 - 200km)。東京駅 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た乗車券乗車券

    関西の私鉄で導入されているICカード乗車券PiTaPaが、近鉄、京都市営地下鉄、京阪電気鉄道大津線、神戸電鉄、奈良交通、エヌシーバスの各社で新規導入され、新たに滋賀県、奈良県と、三重県および名古屋市の東海エリアに利用地域が拡大。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 列車種別

    列車種別から見た乗車券乗車券

    急行列車は、目的地まで速達することを重視する列車として設定されている。また、そのことから、乗車の際に乗車券以外の料金を必要とする列車としている。列車種別 フレッシュアイペディアより)

  • 山伏峠 (伊豆)

    山伏峠 (伊豆)から見た乗車券乗車券

    伊豆スカイラインは、入口料金所で目的地を告げて料金を支払い、出口では券を渡す方式(鉄道の乗車券と同じ)だが、山伏峠には料金所がない。このため、山伏峠から伊豆スカイラインを利用する場合は、出口料金所で「山伏峠から乗った」と告げて料金を支払えばよい。反対に山伏峠まで利用する場合は、入口料金所で「山伏峠まで」と告げて所定料金を支払い、山伏峠ではそのまま出ることになる。山伏峠 (伊豆) フレッシュアイペディアより)

  • 北海道ジェイ・アール・トラベルサービス

    北海道ジェイ・アール・トラベルサービスから見た乗車券乗車券

    JR券・航空券・宿泊券等の販売、取次ぎ北海道ジェイ・アール・トラベルサービス フレッシュアイペディアより)

  • 柳州駅

    柳州駅から見た乗車券乗車券

    2010年2月現在、各種別を含め毎日70本余りの旅客列車が発着する。柳州駅は寧局の他の始発駅(桂林駅、湛江駅、南寧駅)に比べて始発列車が少なく、予め他の駅始発のうちの一部分の切符を取り置く形で出発客の需要に応えてきた。しかし春運の時期には、他駅発の列車は始発駅で既に満員なので柳州から切符を購入して乗車するのは難しい。柳州では以前の柳州鉄路局時代には北京鉄路局管轄下の駅への列車は無かった。北京への切符は寧局の看板列車であるT6次(南寧 - 北京西)ではなく、K158次(湛江 - 北京西)となる。以前は柳州始発の列車が多数有ったがそれらは皆湛江始発となった。柳州駅 フレッシュアイペディアより)

  • 弘南バス浪岡待合所

    弘南バス浪岡待合所から見た乗車券乗車券

    待合室内には出札窓口があり、弘南バスの定期券・回数券・乗車券のほか、青森までの往復割引乗車券とブルーシティ号・ノクターン号の高速バス乗車券の発売を、2007年からは青森市営バスのバスカードも発売していた。窓口業務は個人委託する形態を採り、日曜・祝日・年末年始は休業であった。弘南バス浪岡待合所 フレッシュアイペディアより)

  • 紙幣計算機

    紙幣計算機から見た乗車券乗車券

    近年、鉄道会社の乗車券類発売窓口、とりわけみどりの窓口で、紙幣計算機が導入されるケースが増えている。主に、後述する銀行向け機種の小型機が用いられ、使用方法や考え方は、前述のスーパーマーケット向け紙幣つり札自動払い出し機(収納機能付)と同じである。発売された乗車券類の金額を端末に入力、紙幣に加え硬貨を自動的に計数し、受け入れ、おつりを自動的に払い出す。現在、マルス端末と接続し、販売金額を自動的に計数機用端末に転送する機能を付加しているものもある。紙幣計算機 フレッシュアイペディアより)

  • 常総線・真岡鐵道線共通一日自由きっぷ

    常総線・真岡鐵道線共通一日自由きっぷから見た乗車券乗車券

    常総線・真岡鐵道線共通一日自由きっぷ(じょうそうせん・もおかてつどうせんきょうつういちにちじゆうきっぷ)は、関東鉄道常総線全線と真岡鐵道真岡線の一部区間を1日中乗り降りできる割引乗車券である。常総線・真岡鐵道線共通一日自由きっぷ フレッシュアイペディアより)

  • シティレール

    シティレールから見た乗車券乗車券

    ナイトライド (NightRide) は保守作業のために列車が運行されない深夜に旅客輸送を行うために午前0時から午前5時までの間に運行される深夜バスである。1989年に設立された。主にシティレールの近郊路線の運行エリアで基本的に1時間ごとに運転される(週末には増発される路線もある)。ナイトライドは民間のバス事業者が運行しており、系統番号の頭に「N」をつけて区別している。シティレールに有効な乗車券は片道乗車券を除きナイトライドでも使用できる。バス停と駅は完全には一致しないが、多くは隣接している。シティレール フレッシュアイペディアより)

790件中 51 - 60件表示

「鉄道の記念切符」のニューストピックワード