831件中 71 - 80件表示
  • 3・3・SUNフリーきっぷ

    3・3・SUNフリーきっぷから見た乗車券乗車券

    3・3・SUNフリーきっぷ(さん・さん・さんふりーきっぷ)は、名古屋鉄道(名鉄)・近畿日本鉄道(近鉄)・南海電気鉄道(南海)の3鉄道事業者が販売していた全線乗車券(周遊券の一種)である。類似のワイド3・3・SUNフリーきっぷについても本項目で記す。1997年の発売以来、鉄道ファンを始めとする多くの人に親しまれてきたが、2006年の夏季を持って発売を終了した。3・3・SUNフリーきっぷ フレッシュアイペディアより)

  • 年末年始ふり〜きっぷ

    年末年始ふり〜きっぷから見た乗車券乗車券

    年末年始ふりーきっぷ(ねんまつねんしふりーきっぷ)とは富山地方鉄道が販売している割引切符。同社の鉄道線・軌道線・バス全線を年末年始の連続7日間利用できる。年末年始ふり〜きっぷ フレッシュアイペディアより)

  • 河山駅

    河山駅から見た乗車券乗車券

    駅舎内に改札口の柵はあるが駅員室は無く、全面コンコースとなっている。運賃の支払い処理は列車内で行なう為、乗車券類の販売を行う設備は無い。河山駅 フレッシュアイペディアより)

  • 行波駅

    行波駅から見た乗車券乗車券

    乗車券類の販売:無し。乗車料金の支払い処理は、列車の車内にて行なう。行波駅 フレッシュアイペディアより)

  • サービック

    サービックから見た乗車券乗車券

    サービックは、南海電気鉄道(南海)が発売している往復乗車券(一部のものには特急券もしくは座席指定券付きのタイプもある)と、到着地での交通機関のフリー切符や観光・飲食店・物販店等のクーポン券がセットになっている切符である。通年発売されるタイプと、期間限定タイプが存在する。有効期間は2日間だが、浪花なみなみサービックは最長の8日間、徳島とくとくサービックは4日間である。また現在ではサービックと言う名称は使われておらず、全て、〜きっぷと言う形の名称に変更されている。サービック フレッシュアイペディアより)

  • 東北おトクパス!

    東北おトクパス!から見た乗車券乗車券

    東北おトクパス!(とうほくおトクパス!)とは、東北地方内で完結する高速バス及び一部の都市間路線バスや観光路線バスが3日間乗り放題で利用できる企画乗車券である。正式名称は「東北高速バス共通フリーパス」。東北おトクパス! フレッシュアイペディアより)

  • 四国再発見きっぷ

    四国再発見きっぷから見た乗車券乗車券

    基本的にみどりの窓口のマルス端末で発売されていたが、JR四国の一部駅では青い紙の常備券(ナマ券・青券とも呼ばれる)を発売していた。常備券とマルス端末による発券で効力などの違いはないが、稀少であるとして遠方より常備券を扱う駅まで出向く者もいた。四国再発見きっぷ フレッシュアイペディアより)

  • とらぶるクリック!!

    とらぶるクリック!!から見た乗車券乗車券

    この体質のため、正しい切符を持っていても自動改札機で必ず引っ掛かったり、エレベーターに乗ると故障して閉じ込められたり、回転寿司で皿を取ろうとしただけでコンベアが逆回転を始めたりと、街中でも様々なトラブルを起こす。ただし、電源の入っていない電化製品は壊れない。なお風邪を引くと、くしゃみをしたときに周囲の機械を触れずに壊す体質にパワーアップする。とらぶるクリック!! フレッシュアイペディアより)

  • 万字駅

    万字駅から見た乗車券乗車券

    無人駅(簡易委託駅)となっていた。有人駅時代の駅舎は改築され、乗車券が駅舎内で発券されていた。駅舎は構内の北東側に位置し、ホーム中央部分からシェルター付きの階段を上った。万字駅 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日駅 (北海道)

    朝日駅 (北海道)から見た乗車券乗車券

    無人駅(簡易委託駅)となっていたが、黒く塗装された有人駅時代の駅舎が残っており乗車券が駅舎内で発券されていた。駅舎は構内の南側に位置しホーム西側に接していた。朝日駅 (北海道) フレッシュアイペディアより)

831件中 71 - 80件表示

「鉄道の記念切符」のニューストピックワード