187件中 11 - 20件表示
  • 乗車券

    乗車券から見たトーマス・エドモンソン

    1836年、イギリスのニューカッスル・アンド・カーライル鉄道のミルトン駅駅長であったトーマス・エドモンソンが上記の発売方式とともに考案した。当時は合理的な方式であり、1840年代からイギリスを始めヨーロッパに普及していった。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た証券

    乗車券(じょうしゃけん)は、一般に旅客運送契約に基づき運送を請求することのできる権利を証明又は表章する(交通機関を利用するための)証券をいう。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た

    乗車券は主に鉄道や路線バスなどの陸上公共交通機関で使われる用語で、の場合には乗船券(じょうせんけん)、航空会社の場合には航空券(こうくうけん)という。なお、JRの連絡船の切符は「鉄道網と一体の輸送機関」という位置づけから航路でありながら鉄道の乗車券として扱われ、「乗船券」とは呼ばれない。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見たSuica

    磁気カードに代わる新世代のカードとして、1997年ユーバスカードが登場。その後2001年のSuicaを皮切りに普及しつつある。プラスチック製のカードを改札機のIC端末に接触させることで改札口を通過する。従来の使い捨てカードとは異なり、カード内の残高が不足してきたら運賃を補充することで何度も繰り返し使えることが最大の特徴と言える。その反面、カードに残高が印字されず、駅や専用の端末以外で残高を確認できないと言ったデメリットも抱えている。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見たコンビニエンスストア

    なお、予約制の一部高速バスでは、インターネット予約後、ウェブ決済で表示される乗車票ページをパソコンに接続したプリンターで印刷したものや、コンビニエンスストアで多機能端末(ローソン、ファミリーマート)や代行収納サービス(セブン-イレブン)を利用して運賃を支払い、レジで打ち出される控え証を乗車券とする場合もある。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た銚子電気鉄道

    銚子駅 → 本銚子駅(銚子電鉄)「本調子」乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た自動改札機

    自動改札機が導入されている地域(事業者)の場合、多くは裏側に磁気による記録面があり、自動券売機やマルス端末で発券される際に必要な情報が記録されて、自動改札機や自動精算機等で読み取られる。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た幼児

    一般に、発行形態は他のものと変わらないが、フェリーにおいては「航送指示書」をもって乗船券に代える場合もある。また、短距離のシャトル航路以外では、乗船時に幼児を含む同行者全員の乗船名簿を記載する必要がある。これは海上保安庁の通達によって義務づけられており、不実の情報を記載すると万一の遭難の際に身元確認が困難になる。よって「乗船券」は航空券同様に「記名式の有価証券」と言える。鉄道連絡船では青函連絡船がこれに該当し、乗船名簿記入が義務づけられていた。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た現金

    近年、合理化の影響で鉄道においてもワンマン列車が増えており、下車時に運賃箱へ運賃分の現金を直接投入させることにより、駅での乗車券の発行を省くケースがある。1971年に日立電鉄(2005年に路線廃止)で始まったもので、現在ではJRや多くの鉄道事業者で導入されている。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た鉄道

    乗車券は主に鉄道や路線バスなどの陸上公共交通機関で使われる用語で、船の場合には乗船券(じょうせんけん)、航空会社の場合には航空券(こうくうけん)という。なお、JRの連絡船の切符は「鉄道網と一体の輸送機関」という位置づけから航路でありながら鉄道の乗車券として扱われ、「乗船券」とは呼ばれない。乗車券 フレッシュアイペディアより)

187件中 11 - 20件表示

「鉄道の記念切符」のニューストピックワード