152件中 71 - 80件表示
  • 乗車券

    乗車券から見た金属

    アメリカや台湾など日本国外の地下鉄や路面電車等の公共交通機関においては、紙製の乗車券ではなく、回収して何度も使われるプラスチックや金属製の乗車券や、トークン(token)と呼ばれる専用のコインを用いるところがある。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た青函連絡船

    一般に、発行形態は他のものと変わらないが、フェリーにおいては「航送指示書」をもって乗船券に代える場合もある。また、短距離のシャトル航路以外では、乗船時に幼児を含む同行者全員の乗船名簿を記載する必要がある。これは海上保安庁の通達によって義務づけられており、不実の情報を記載すると万一の遭難の際に身元確認が困難になる。よって「乗船券」は航空券同様に「記名式の有価証券」と言える。鉄道連絡船では青函連絡船がこれに該当し、乗船名簿記入が義務づけられていた。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た普通車 (鉄道車両)

    日本の鉄道の場合、「乗車券」は普通列車の普通車自由席を利用する運送(普通運賃)のためのものであり、急行列車や特別車両などを利用するための特別急行券・急行券・グリーン券・寝台券などの「特別車室券」等(いわゆる「料金券」)と区別される。JRでは乗車券と料金券を合わせて乗車券類と呼んでおり(入場券は含まれない)、一般には「切符」(JRなどでの営業案内上はひらがな書きで「きっぷ」)と呼ばれている。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た希望ヶ丘駅

    ゆめが丘駅 → 希望ヶ丘駅 (相模鉄道)「夢・希望」乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見たプリペイドカード

    旅客や貨物の運送に対して、交通機関との間に契約を結び、運賃を支払うことによって発行される。個々の旅客運送契約によるのではなく、一括してプリペイドカード(乗車カード)等による場合もある。この場合、乗車券を購入せずに交通機関を利用することができる。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見たバスターミナル

    一般路線バスの場合、乗車する際に乗車券を発券する場合が少ない(多くの場合、乗車時、あるいは降車時に運賃を直接現金や回数券、バスカードなどで支払う)ため乗車券はあまり一般的ではないが、西鉄バスや北海道中央バス、豊鉄バス等では、主要バスターミナルの窓口または券売機にて、初乗りから乗車券を発売している。これは事前購入をすることによるスムーズな降車と車内での両替を少なくする効果がある。また、観光地を抱える東海バスグループ、箱根登山バス、アルピコ交通では、対キロ運賃制のバス乗車に不慣れな乗客のために、案内を兼ねて乗車券を購入の上での乗車を呼びかけている。その他、観光地のバス利用には、旅行代理店で発行するクーポン類も存在する。また走行距離の長い高速バスなどでは、乗車券を発券する場合が多い。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た新生駅 (北海道)

    新生駅 → 大樹駅 「成熟を祈るもの」乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た特急券

    多くの場合、普通乗車券として発行されるが、国鉄を中心に1970年代頃は急行券・特急券等の料金券で発行された例も見られた。極めて珍しい事例として、定期券で発売されたこともある。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た鶴羽駅

    鶴羽駅 → 丸亀駅(高徳線・予讃線)「鶴は千年亀は万年」にちなんだもの乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見たイギリス

    イギリスのT・エドモンソンが硬券を考案した際に採用したサイズ(1 3/16 インチ × 2 1/4 インチ)の乗車券で、「A型券」または「エドモンソン券」とも呼ばれる。乗車券の大きさとしては最もポピュラーなもので、現在でも自動券売機用として広く使われている。乗車券 フレッシュアイペディアより)

152件中 71 - 80件表示

「鉄道の記念切符」のニューストピックワード