187件中 81 - 90件表示
  • 乗車券

    乗車券から見たユーバスカード

    磁気カードに代わる新世代のカードとして、1997年ユーバスカードが登場。その後2001年のSuicaを皮切りに普及しつつある。プラスチック製のカードを改札機のIC端末に接触させることで改札口を通過する。従来の使い捨てカードとは異なり、カード内の残高が不足してきたら運賃を補充することで何度も繰り返し使えることが最大の特徴と言える。その反面、カードに残高が印字されず、駅や専用の端末以外で残高を確認できないと言ったデメリットも抱えている。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た京成小岩駅

    京成小岩駅 → 京成成田駅「恋は成り立つ」乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た台湾

    アメリカや台湾など日本国外の地下鉄や路面電車等の公共交通機関においては、紙製の乗車券ではなく、回収して何度も使われるプラスチックや金属製の乗車券や、トークン(token)と呼ばれる専用のコインを用いるところがある。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た半家駅

    半家駅 → 増毛駅(予土線・留萌本線)「ハゲ(半家)がフサフサに(増毛)」実際には2万円以上の高額となる。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見たゆめが丘駅

    ゆめが丘駅 → 希望ヶ丘駅 (相模鉄道)「夢・希望」乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た足寄駅

    足寄駅 → 愛冠駅 「愛のカップ(冠)ル」乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た金属

    アメリカや台湾など日本国外の地下鉄や路面電車等の公共交通機関においては、紙製の乗車券ではなく、回収して何度も使われるプラスチックや金属製の乗車券や、トークン(token)と呼ばれる専用のコインを用いるところがある。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た青函連絡船

    一般に、発行形態は他のものと変わらないが、フェリーにおいては「航送指示書」をもって乗船券に代える場合もある。また、短距離のシャトル航路以外では、乗船時に幼児を含む同行者全員の乗船名簿を記載する必要がある。これは海上保安庁の通達によって義務づけられており、不実の情報を記載すると万一の遭難の際に身元確認が困難になる。よって「乗船券」は航空券同様に「記名式の有価証券」と言える。鉄道連絡船では青函連絡船がこれに該当し、乗船名簿記入が義務づけられていた。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た普通車 (鉄道車両)

    日本の鉄道の場合、「乗車券」は普通列車の普通車自由席を利用する運送(普通運賃)のためのものであり、急行列車や特別車両などを利用するための特別急行券・急行券・グリーン券・寝台券などの「特別車室券」等(いわゆる「料金券」)と区別される。JRでは旅客営業制度上正式には乗車券類と呼んでおり(入場券は含まれない)、一般には「切符」(JRでの営業案内上はひらがな書きで「きっぷ」)と呼ばれている。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 乗車券

    乗車券から見た希望ヶ丘駅

    ゆめが丘駅 → 希望ヶ丘駅 (相模鉄道)「夢・希望」乗車券 フレッシュアイペディアより)

187件中 81 - 90件表示

「鉄道の記念切符」のニューストピックワード