前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
113件中 1 - 10件表示
  • 日本の鉄道史

    日本の鉄道史から見た鉄道事故鉄道事故

    空襲の他、戦後には敗戦のショックに伴う乗客の道徳荒廃等により、多くの設備・車両が破壊されたが、資材や労働力の不足により復興は遅々として進まなかった。しかし、復員列車や買い出し列車など旅客の需要は急増し、その一方で石炭不足から列車は戦時中より削減された。その結果、旅客需要に答えるために過度の運行をせざるを得ず、鉄道事故も相次いだ。だがそのような下でも、進駐してきた連合国軍に関する輸送は最優先で行う必要があり、当時の日本人には縁がないほど豪華な設備を備えた連合軍専用列車が、全国で運行されるようにもなった。日本の鉄道史 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史 (昭和後半)

    日本の鉄道史 (昭和後半)から見た鉄道事故鉄道事故

    1945年8月24日八高線列車正面衝突事故、買出し客多数を載せた旅客列車同士が多摩川橋梁上で正面衝突し、両方とも川に転落。死者100人以上。日本の鉄道史 (昭和後半) フレッシュアイペディアより)

  • 救援車

    救援車から見た鉄道事故鉄道事故

    救援車(きゅうえんしゃ)とは、鉄道事業者が使う事業用鉄道車両の一種である。災害、鉄道事故や除雪現場などに出動し、枕木等の応急復旧資材や工作機械の保管・運搬、作業員の休憩所代わりに用いられる。救援車 フレッシュアイペディアより)

  • 1962年

    1962年から見た列車事故鉄道事故

    1月8日 - オランダ・ハーメルンで列車事故発生、93人が死亡。1962年 フレッシュアイペディアより)

  • 列車事故

    列車事故から見た鉄道事故鉄道事故

    列車事故 フレッシュアイペディアより)

  • 電車事故

    電車事故から見た鉄道事故鉄道事故

    電車事故 フレッシュアイペディアより)

  • 運転曲線

    運転曲線から見た鉄道事故鉄道事故

    ダイヤグラムのベースとなる基準運転時分がこの運転曲線のデータを基に作成されるほか、将来的な設備改修やスピードアップに関する基礎検討資料や鉄道事故発生時の検証資料としても使用される。一般に図面上では停車時分や余裕時分等は考慮されないが、コンピュータ作成の場合は設定により停車時分や余裕時分が加算される場合もある。運転曲線 フレッシュアイペディアより)

  • 電報略号

    電報略号から見た鉄道事故鉄道事故

    ローカルルールや発信者の思いつきで作られた電文が誤解釈されてしまったことが原因による鉄道事故が発生した為に、全国統一規格として誕生した。詳細は「電報略号 (鉄道)」を参照。電報略号 フレッシュアイペディアより)

  • 車体装架カルダン駆動方式

    車体装架カルダン駆動方式から見た鉄道事故鉄道事故

    走行機器だけでなく、スタイルも斬新で、側面外板をスカート状に路面近くまで伸ばし、大きな窓を備えた軽快なデザインだった。だが普通の路面電車に比べると故障が多く、またあまりに軽すぎてスプリングポイントの復元力に抗し切れず車輪を乗り上げるなどして、脱線事故を頻発させもした。車体装架カルダン駆動方式 フレッシュアイペディアより)

  • 台枠

    台枠から見た鉄道事故鉄道事故

    また、台枠が衝突事故などにより破損、変形した場合、再起不能になることが多い。列車衝突事故や踏切事故などに遭った車両で、一見してこの位の損傷なら簡単に直せるだろうと思われても、結果として事故廃車になってしまう場合がある。台枠 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
113件中 1 - 10件表示

「鉄道事故」のニューストピックワード