193件中 111 - 120件表示
  • 電報略号 (鉄道)

    電報略号 (鉄道)から見た鉄道事故鉄道事故

    スジヌキ(スジは電略ではないがダイヤグラム、転じて運行計画などのこと)とも言い、当該列車を運行順序の枠組みから外す(抜く)こと。鉄道事故などで特定の列車が抑止され(一つの駅に留め置かれ)、運行再開の見込みが立たない場合に、現在運行している列車の運行順序の枠組みから一時的に外しておくことである。信号所などに口頭で伝達する際には「遅れて順序後(あと)」などと表現し、仲間内での連絡や列車運行状況表へ記録する場合などには「ヌキ」が使われる。電報略号 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • ローカル線

    ローカル線から見た鉄道事故鉄道事故

    私鉄においても輸送人員がそのほかの区間・線区に比べ大幅に少ない路線・線区を指す場合が多い。近畿日本鉄道などではローカル線に位置づけられる路線に加算運賃を設定している場合もある。また、地方の私鉄では輸送人員が少ない路線がほとんどであり、他の事業を以て鉄道事業を穴埋めする場合もある。収益が他鉄道路線に比べて少なくなるため、車両の更新、高速化や自動列車保安装置設置、沿線駅のバリアフリー化やホームドア設置、パークアンドライド用駐車場設置、IC乗車カード導入などの鉄道サービス・安全性向上への資金も少ないため、困難、もしくは不可能である場合も少なくなく、実際に車両の老朽化や保安装置の不備が招いた事故も起こっている。ローカル線 フレッシュアイペディアより)

  • タコマ路面電車惨事

    タコマ路面電車惨事から見た鉄道事故鉄道事故

    タコマ路面電車惨事(タコマろめんでんしゃさんじ、)とは、1900年7月4日にワシントン州タコマで発生した公共交通機関の事故である。過積載の路面電車がカーブを曲がりきれず、現在のサウス・タコマ・ウェイにかかっていたトレッスル橋付近の築堤を転落した。この事故により43人が死亡、約85人が負傷し、多くが重傷を負った。タコマ路面電車惨事 フレッシュアイペディアより)

  • Old 97の事故

    Old 97の事故から見た鉄道事故鉄道事故

    Old 97とは、かつて運行していたサザン鉄道の列車である。公式な呼称はファスト・メールであり、郵便車でもあった。同列車は1902年12月(ケーシー・ジョーンズの死から2年後)に運行を始めた。列車はワシントンD.C.発ジョージア州アトランタ行きであった。1903年9月27日、バージニア州モンローからノースカロライナ州スペンサーへ向かう途中にバージニア州ダンビル付近のスティルハウス・トレッスル橋で脱線事故を起こした。Old 97の事故 フレッシュアイペディアより)

  • 1906年アトランティックシティ鉄道事故

    1906年アトランティックシティ鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    1906年アトランティックシティ鉄道事故()は1906年10月28日(日曜日)にニュージャージー州アトランティックシティで発生した鉄道事故である。の電車列車が旋回橋から転落し53人が溺死した。1906年アトランティックシティ鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • トンガリロ国立公園

    トンガリロ国立公園から見た鉄道事故鉄道事故

    1945年の噴火活動で形成された火山湖が、1953年のクリスマス・イブに決壊し、ニュージーランドにおける最大の鉄道事故であるの原因ともなったし、それ以後も、1995年から96年、2007年にも噴火している。トンガリロ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • サン=ティレール鉄道事故

    サン=ティレール鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    サン=ティレール鉄道事故(サン=ティレールてつどうじこ)は、1864年6月29日に現在のカナダ、付近で発生した鉄道事故である。多くのドイツ人やポーランド人の移民を乗せていた列車が停止信号に気づかず、開橋状態の旋回橋からリシュリュー川へ転落した。正確には分からないが、死者数は99人であると広く認められている。サン=ティレール鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄キハ35系気動車

    国鉄キハ35系気動車から見た鉄道事故鉄道事故

    6は、1969年(昭和44年)に草津線を走行中に落石と衝突し、転覆。本系列初の事故廃車となった。国鉄キハ35系気動車 フレッシュアイペディアより)

  • ペルソナ 〜トリニティ・ソウル〜

    ペルソナ 〜トリニティ・ソウル〜から見た鉄道事故鉄道事故

    他人との接触をあまり好まないが、ずっと一緒に暮らしてきた慎には懐いている。人の思考や記憶の断片を映像として読み取っている描写がある。10年前の同時多発無気力症による鉄道事故に結祈と共に巻き込まれて頭部に致命的な重傷を負ったが、天才脳外科医小松原啓祐の手によって結祈からの脳移植を受け一命を取り留めた。その影響で結祈の人格(精神)が洵の中に同居するという不思議な現象が起っている(突然少女のような口調で話し始めるといった行動はこれによるものである)。諒は1話でドア越しに「洵と結祈の」会話を聞いている。ペルソナ 〜トリニティ・ソウル〜 フレッシュアイペディアより)

  • アセラ・エクスプレス

    アセラ・エクスプレスから見た鉄道事故鉄道事故

    事故や定時性の低さで毎年のように議会の槍玉に上がっているアムトラックの起死回生の切り札として登場したアセラ・エクスプレスではあったものの、いくつかの問題が生じている。アセラ・エクスプレス フレッシュアイペディアより)

193件中 111 - 120件表示

「鉄道事故」のニューストピックワード