193件中 21 - 30件表示
  • 2012年ミャンマー列車脱線事故

    2012年ミャンマー列車脱線事故から見た鉄道事故鉄道事故

    2012年ミャンマー列車脱線事故(2012ねんミャンマーれっしゃだっせんじこ、英: '')は、ミャンマー連邦共和国の中央ミャンマーにある付近にて、2012年11月9日に発生した鉄道事故である。2012年ミャンマー列車脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線をつくった男たち

    新幹線をつくった男たちから見た鉄道事故鉄道事故

    島秀雄は戦前からD51などの汽車を多く設計した技術者で、戦前の新幹線計画である弾丸列車計画にも関わった国鉄のエンジニアだったが、戦後から相次いで三鷹事件・桜木町事故など国鉄関連の鉄道事故・事件が多発し、更にその際の国鉄内部の責任のなすり合いに嫌気が差し、国鉄を退職した。それから4年余りの月日がたった。第3代国鉄総裁の長崎惣之助が辞任、新たに十河信二が国鉄4代目総裁になり、島秀雄を新たに住友金属から国鉄に呼び戻そうとする。最初は抵抗していたが、東海道本線の輸送量を改善するための新幹線計画や、父の島安次郎のことなどを聞き、国鉄に戻る決意をする。新幹線をつくった男たち フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ロンドー

    ジャン・ロンドーから見た列車事故鉄道事故

    1985年12月27日、列車事故により死亡した。ジャン・ロンドー フレッシュアイペディアより)

  • ノートン・フィッツワレン鉄道事故 (1890年)

    ノートン・フィッツワレン鉄道事故 (1890年)から見た鉄道事故鉄道事故

    ノートン・フィッツワレン鉄道事故 () は、1890年11月11日にイギリスサマセット州トーントンの南西約2マイルにあるグレート・ウェスタン鉄道ので発生した鉄道事故である。プリマス発パディントン行きの臨時のボート・トレインが本線に停車していた貨物列車と衝突し、10人が死亡、11人(臨時列車の機関士と機関助士を含む)が重傷を負った。ノートン・フィッツワレン鉄道事故 (1890年) フレッシュアイペディアより)

  • フィロザバード鉄道事故

    フィロザバード鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    フィロザバード鉄道事故(フィロザバードてつどうじこ)とは、1995年8月20日にインド・ウッタル・プラデーシュ州付近で発生した鉄道事故である。事故現場はのデリー ? カーンプル間であった。フィロザバード鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪1型電車

    京阪1型電車から見た鉄道事故鉄道事故

    京阪では1914年5月より電車としては日本で最初の急行の運転を始め、これにも本形式が使用されたが、さらなるスピードアップを図るため、密閉型車体を持った大型車両を製造することとなった。これが100型である。100型の製造に際しては、その一部は本形式から走行機器や電装品を流用することとなり、46両分が1922年(大正11年)から1924年(大正13年)に掛けて廃車となった。またそれ以前に貨車に改造されたものが2両、事故と火災で廃車となったものが16両あり、100型への改造が終わった時点で残ったのは貴賓車となっていた16号のみであった。その16号も老朽化が進み、代替の16号貴賓車(2代)が製造されたことから1928年(昭和3年)に廃車となり、本形式は形式消滅した。京阪1型電車 フレッシュアイペディアより)

  • ガイサル鉄道事故

    ガイサル鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    ガイサル鉄道事故(ガイサルてつどうじこ)とは、1999年8月2日 にインドで発生した鉄道事故である。2500人の乗客を乗せた2本の列車がアッサム州・グワーハーティーから310マイルの地点にあるのリモート・ステーションで衝突した。列車は高速で衝突したため衝撃で爆発し少なくとも290人が死亡した。ガイサル鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • サン・ラファエル川鉄道事故

    サン・ラファエル川鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    サン・ラファエル川鉄道事故()とは、1989年8月10日に発生した鉄道事故である。メキシコ国鉄のマサトラン発メヒカリ行き列車(11両編成)がを走行中に橋が崩壊し客車数両がサン・ラファエル川に転落した。橋が崩落した原因は橋の支持材が大雨により損傷していたためであった。この事故で列車に乗っていた約330人の乗客のうち112人が死亡し205人が負傷した。また犠牲者の多くは溺死していた。サン・ラファエル川鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • アルパハ・ブルー・ブラッド・ブルドッグ

    アルパハ・ブルー・ブラッド・ブルドッグから見た電車事故鉄道事故

    オットー号は米版の忠犬ハチ公ともいえる犬で、主人が電車事故により帰らぬ人となってしまうと、誰かに教えられたわけでもないのに主人の墓を見つけ出し、毎日そこへ通い続けた。そしてオットー自身が死去するまで10年以上もの間墓参りを日課とし、死後は主人の墓の近くに葬られたという(どこに葬られたかについては諸説あり)。この話は忠犬ハチ公やグレーフライアーズ・ボビーの話を基にした虚実ではないかといわれてきたが、時系列が合わないなどの理由で否定的な見方は仮棄説となっている。オットー号は実在の犬であるが、本当に忠犬であったのか、真偽のほどは今もよく分かっていない。アルパハ・ブルー・ブラッド・ブルドッグ フレッシュアイペディアより)

  • エックヴェルスハイム脱線事故

    エックヴェルスハイム脱線事故から見た鉄道事故鉄道事故

    エックヴェルスハイム脱線事故(エックヴェルスハイムだっせんじこ)とは、2015年11月14日に、フランス・ストラスブール近郊の付近において発生した鉄道事故である。エックヴェルスハイム脱線事故 フレッシュアイペディアより)

193件中 21 - 30件表示

「鉄道事故」のニューストピックワード