193件中 31 - 40件表示
  • 阪急300形電車

    阪急300形電車から見た鉄道事故鉄道事故

    しかし、木製車体は事故の際の破損に弱いことや、車体が振動で緩むために絶えずメンテナンスが必要とされたことから、車体強化への取組が進められていった。その一環として車体は木製であるが柱や天井の垂木を鋼製とした「鉄骨木皮車」と呼ばれる車両が登場し、1910年代後半になると外板も鋼板を使用した鋼製車が登場した。特にアメリカでは1920年代に入ると全鋼製車体の車両が登場している。阪急300形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年ブエノスアイレス鉄道惨事

    2012年ブエノスアイレス鉄道惨事から見た鉄道事故鉄道事故

    事故が起こったサルミエント線は(TBA)によって運営されていた。2011年9月13日には同線で2011年フローレス駅列車衝突が起き、11人が死亡して228人が負傷したばかりだった。2012年ブエノスアイレス鉄道惨事は、アルゼンチン史上3番目に死者数の多い鉄道事故となった。1970年のでは142人が死亡して368人が負傷し、1978年のエステージャ・デル・ノルテ鉄道事故では55人が死亡(負傷者数は不明)している。2013年6月13日には、サルミエント線のカステラール駅付近で三度列車衝突事故が起こり、3人が死亡して315人が負傷した。2012年ブエノスアイレス鉄道惨事 フレッシュアイペディアより)

  • ウファ鉄道事故

    ウファ鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    ウファ鉄道事故(ウファてつどうじこ)とは1989年6月4日にソ連で発生した鉄道事故である。1時15分(現地時間)、ウファから約50kmの地点にあるの線路上で爆発が発生し列車が巻き込まれた。この事故はロシア・ソ連の歴史上最悪の死者数を記録した鉄道事故である。ウファ鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • カンナ鉄道事故

    カンナ鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    カンナ鉄道事故(カンナてつどうじこ)とは、1998年11月26日にインド・パンジャーブ州付近で発生した鉄道事故である。事故現場はのカンナ ? ルディヤーナー間に位置していた。カンナ鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 134信号場

    134信号場から見た鉄道事故鉄道事故

    1991年11月15日 - 1006次自強号のATSが故障して暴走し、1次光号列車の側面に衝突し、死者30人、百人を超える怪我人を出す大事故が起きた。この事故を契機として造橋?豊富間の改良新線化が決定し、新線及び新造橋トンネル(後に豊富トンネルと命名)が開通後、本信号場と造橋トンネルの双方が廃止された。134信号場 フレッシュアイペディアより)

  • 167信号場

    167信号場から見た鉄道事故鉄道事故

    全長2.3kmの複線区間を持つ。信号場の前後は単線である。北側には台鉄(台湾鉄路管理局)で唯一の折り返し式の加速線を備える。これは、本信号場が北への上り勾配途中にある為に非力な列車が一旦停止した場合に引き出し出来ない事を考慮して作られた。加速線は南側に向かって25パーミルの上り勾配となっていて、250mの長さがある。但し加速線は電化されておらず、ディーゼルカーが使用するのみであった。複線区間の南側には「中山橋」という道路陸橋がかかっている。南端には待避線に安全側線があり、勾配を下る南下列車のブレーキが故障した場合に対向列車と衝突する事故を防止している。安全側線は長さ400mで電化されていて、南側に向かって25パーミルの上り勾配となっており、この勾配を利用して列車の速度を低下させる事が出来る。167信号場 フレッシュアイペディアより)

  • サッカル鉄道事故

    サッカル鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    サッカル鉄道事故(サッカルてつどうじこ、)とは、1990年1月4日にパキスタン・シンド州サッカル近くのサンギ (Sangi) で発生した鉄道事故である。この事故で307人が死亡し、パキスタン最悪の鉄道事故となった。サッカル鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年ビハール州列車転落事故

    1981年ビハール州列車転落事故から見た鉄道事故鉄道事故

    1981年ビハール州列車転落事故(1981ねんビハールしゅうれっしゃてんらくじこ)とは、1981年6月6日にインドで発生した鉄道事故である。800人以上の乗客を乗せた旅客列車が - 間で脱線し、9両のうち7両の客車が橋を横切っていたバグマティ川に転落した。1981年ビハール州列車転落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年シカゴ通勤列車衝突事故

    1972年シカゴ通勤列車衝突事故から見た鉄道事故鉄道事故

    1972年シカゴ通勤列車衝突事故(1972ねんシカゴつうきんれっしゃしょうとつじこ)とは、1972年10月30日の朝(曇り)のラッシュアワーで発生した鉄道事故。シカゴ史上最悪の事故の一つである。1972年シカゴ通勤列車衝突事故 フレッシュアイペディアより)

  • グラスゴー・クイーンストリート鉄道事故

    グラスゴー・クイーンストリート鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    グラスゴー・クイーンストリート鉄道事故()とは1928年10月12日にロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道のグラスゴー・クイーンストリート駅に隣接したトンネルで発生した鉄道事故である。トンネルを通る42-44分の1の急勾配を登っていた列車がスリップして停車後に後退し、入れ替え中の空の各駅停車に衝突した。この事故で乗客3人が死亡し乗客52人と乗務員3人が負傷した。事故の詳細は鉄道検査局 (Railway Inspectorate) の事故報告書に記載されている。調査はA.C.トレンチ大佐によって行われた。グラスゴー・クイーンストリート鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

193件中 31 - 40件表示

「鉄道事故」のニューストピックワード