193件中 41 - 50件表示
  • ブレティニ・スール・オルジュ駅脱線事故

    ブレティニ・スール・オルジュ駅脱線事故から見た鉄道事故鉄道事故

    ブレティニ・スール・オルジュ駅脱線事故(ぶれてぃに=すーる=おるじゅえきだっせんじこ)とは、中央ヨーロッパ夏時間2013年7月12日17時15分頃に、フランスのブレティニ・スール・オルジュにあるブレティニ・スール・オルジュ駅において発生した鉄道事故である。385人の乗客を乗せ137km/hで駅を通過しようとしたアンテルシテが脱線し、事故車両の乗客と駅にいた利用客のうち少なくとも6人の死者と30人の負傷者が発生した。ブレティニ・スール・オルジュ駅脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • オーステンデ・ウィーン急行

    オーステンデ・ウィーン急行から見た鉄道事故鉄道事故

    1901年12月6日の午前5時頃、頭端式のフランクフルト中央駅で、オーステンデ・ウィーン急行の機関車が車止めを突き破って冒進し、駅舎内のレストランに突入するという事故が発生した。この事故の現場を撮影した写真が残されている。オーステンデ・ウィーン急行 フレッシュアイペディアより)

  • 轢死

    轢死から見た鉄道事故鉄道事故

    鉄道事故の場合、列車は自動車に比べてはるかに重量が重いうえ、制動力が低く急停車しても衝突時の速度は自動車ほど下げることができず、さらに接触面が硬く細いため、衝突を受けた人の肉体に与えられる運動エネルギーと圧力は自動車とは比べ物にならないほど大きい。したがって死体の破損も自動車による轢死に比べて甚だしいものとなり、また停車するまでに自動車などよりも距離を有するため組織片が広範囲に散乱する。これにより事故調査だけでなくその後の遺体の回収も困難を極める。しかも、遺体をきちんと片付けずに運行を再開すると、今度は遺体に含まれる脂肪や血液等によってブレーキの効きが悪くなり、更なる事故を惹起する原因になりかねない。轢死 フレッシュアイペディアより)

  • キンティンスヒル鉄道事故

    キンティンスヒル鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    キンティンスヒル鉄道事故(キンティンスヒルてつどうじこ、)は、イギリス・スコットランド・のグレトナ・グリーン近郊にあるキンティンスヒル(クィンティンズヒル)信号場で1915年5月22日に発生した列車の多重衝突事故である。200人以上が死亡し、イギリスの鉄道史上最悪の事故となった。キンティンスヒル鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • アワシュ鉄道事故

    アワシュ鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    死傷者数は出典によって異なり、死者428人・負傷者500人以上とするものもあれば死者392人・負傷者約370人とするものもある。この事故はアフリカ史上最悪の鉄道事故であった。アワシュ鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 冒進

    冒進から見た鉄道事故鉄道事故

    冒進(ぼうしん)とは、鉄道用語で、列車または車両が、安全の確保されていない状態のまま次の区間に進むこと。信号冒進、閉塞冒進、異電源区間冒進などがあり、いずれも鉄道運転事故などの重大な要因となる。なお「冒」は冒険・冒涜などと同様に「物事を押し切ってする。むやみに突き進む。」の意味。冒進 フレッシュアイペディアより)

  • 交通量

    交通量から見た鉄道事故鉄道事故

    鉄道が実用化されたことにより、駅と駅の間の移動がより高速になった(システムとしては駅馬車の方が先に発明されている)。より少ないコストでより多くの輸送を実現するために、複数の列車を運行するようになった影響で、鉄道事故が発生するようになった。対策として発明された閉塞方式、ダイヤグラムの進歩などで問題発生は抑制されている。交通量 フレッシュアイペディアより)

  • ニーシャープール鉄道事故

    ニーシャープール鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    ニーシャープール鉄道事故(ニーシャープールてつどうじこ)とは2004年2月18日にイランのニーシャープール付近のという村で発生した鉄道事故である。真夜中、暴走した貨車が村に衝突・爆発し300人以上が死亡し村全体が破壊された。ニーシャープール鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • アイ・ラブ・トラブル

    アイ・ラブ・トラブルから見た鉄道事故鉄道事故

    事件記者から転身したシカゴ・クロニクル紙の名物コラムニスト・ピーターは、ある鉄道事故の取材に助っ人として借り出され、その現場でライバル紙シカゴ・グローブ紙の美人記者サブリナと出会う。アイ・ラブ・トラブル フレッシュアイペディアより)

  • カメンスク=シャフチンスキー鉄道事故

    カメンスク=シャフチンスキー鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    カメンスク=シャフチンスキー鉄道事故(カメンスク=シャフチンスキーてつどうじこ)とは1987年8月7日の1時30分(現地時間)にソビエト連邦・にある北カフカース鉄道のカメンスカヤ駅 (Kamenskaya station) で発生した鉄道事故である。貨物列車が駅に停車中の旅客列車に追突し106人が死亡した。カメンスク=シャフチンスキー鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

193件中 41 - 50件表示

「鉄道事故」のニューストピックワード