193件中 71 - 80件表示
  • 蕪湖駅

    蕪湖駅から見た鉄道事故鉄道事故

    2008年1月13日 - 春運の混雑により学生がホームより落下し列車に轢かれて死亡する事故が起きた。蕪湖駅 フレッシュアイペディアより)

  • モーペス鉄道事故

    モーペス鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    モーペス鉄道事故()とはイングランドノーサンバーランド州で発生した鉄道事故である。モーペス鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄70系客車

    国鉄70系客車から見た鉄道事故鉄道事故

    戦後1年が経過した1946年(昭和21年)当時、客車の総保有数は、数字の上では戦前とほぼ同数の約11,000両を保っていた。しかしこの内訳は、戦災に遭って破損したまま廃車手続きがなされていない車両が約2,200両、故障・事故によって使用不能となっている車両が約1,400両、日本を占領した連合国軍に接収された車両が約1,000両に及び、実働可能な車両は総保有数の約7割にとどまっていた。さらに、終戦後の復員と外地からの引き揚げ、食料買い出しなどのため、旅客輸送需要は戦時中に比べて極端に増大した。これらの事情が重なって、客車の著しい不足を生じたため、客車の代用として貨車に乗客を乗せて輸送することも実際に行われたが、安全面・サービス面から非常に好ましくない事態であり、大量の客車の早急な新製が強く望まれた。だが当時は戦後の混乱期であり、設備・資材・労働力の不足と技術力の低下により客車の製造能力は著しく衰えていた。普通に客車新製を図るだけでは、客車不足への対応は非常に困難であった。国鉄70系客車 フレッシュアイペディアより)

  • ギフホルン鉄道事故

    ギフホルン鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    ギフホルン鉄道事故(ギフホルンてつどうじこ)とは、1941年1月22日、ドイツのニーダーザクセン州ブラウンシュヴァイク北方のイゼンビュッテル-ギフホルン駅(現・ギフホルン駅)で臨時軍用列車と貨物列車が追突した鉄道事故である。122人が死亡(主にベルギー人捕虜)し、約80人が負傷した。ギフホルン鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 踏切障害事故

    踏切障害事故から見た鉄道事故鉄道事故

    鉄道事故での死亡者の大半を占める事故であり、もっとも頻度の高い事故でもある。日本での最大踏切事故件数は1961年度(1961年4月 - 1962年3月までの期間)に起こった3,123件であり、同年に踏切道改良促進法(後述)が制定され、1980年代前半からは著しい減少傾向となっており、近年の件数及び死者数はピーク時の約10分の1(約300件、120人前後)となっている(2014年度は93人が死亡、103人が負傷)。踏切障害事故 フレッシュアイペディアより)

  • アーマー鉄道事故

    アーマー鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    アーマー鉄道事故(アーマーてつどうじこ、)は、1889年6月12日にアイルランド島北東部アルスター地方のアーマー近郊で発生した鉄道事故である。当時のアイルランド島は全島がグレートブリテン及びアイルランド連合王国(イギリス)の領土であったが、事故現場はアイルランド独立後もイギリス領として残った北アイルランドにある。アーマー鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • メラーノ列車脱線事故

    メラーノ列車脱線事故から見た鉄道事故鉄道事故

    メラーノ列車脱線事故()は、2010年4月12日にイタリアの北部の都市メラーノに近いラーチェス-カステルベッロ=チャルデス間で発生した鉄道事故である。地すべりに突っ込み9人が死亡、28人が負傷した。メラーノ列車脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • 山陽鉄道

    山陽鉄道から見た鉄道事故鉄道事故

    これらは、瀬戸内海を通る航路との競合にさらされたためだといわれているが、その反面無理なスピードアップをしていた面もあって更に保線状況も悪かったため、列車の振動は酷く鉄道事故も多発した。当時九州鉄道の社長で後に鉄道大臣にもなった仙石貢は、「こんな非常識なスピードを出す列車には危なくて乗れない」と語っている。一方、後に国有鉄道で定時運行の確立に尽力して「運転の神様」と呼ばれ、超特急「燕」生みの親ともなった結城弘毅が在職していた。山陽鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄4100形蒸気機関車

    国鉄4100形蒸気機関車から見た鉄道事故鉄道事故

    東北地方でも新路線建設が進められていた1909年(明治42年)頃、板谷峠を越える列車の牽引機は、1905年(明治38年)にアメリカのボールドウィン社から輸入した1D型蒸気機関車9200形、1898年(明治31年)から1905年(明治38年)にかけて各国から導入されたC1型タンク機関車である2120形を主力としていた。しかし9200形を本務機、2120形を後部補機とする運用では最大で198トン(当時の貨車約18両分)、日露戦争後の輸送需要増大に合わせて行われることとなった9200形の重連でも246トンを牽引するのが限界であり、牽引力や制動力の不足から33 ‰勾配上で空転、逆走して死傷事故を起こしたことから急勾配区間に見合ったより高性能の蒸気機関車が求められていた 。国鉄4100形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県営鉄道輸送弾薬爆発事故

    沖縄県営鉄道輸送弾薬爆発事故から見た鉄道事故鉄道事故

    沖縄県営鉄道輸送弾薬爆発事故(おきなわけんえいてつどうゆそうだんやくばくはつじこ)とは、1944年(昭和19年)12月11日に、沖縄県島尻郡南風原村(現・南風原町)の沖縄県営鉄道糸満線で発生した鉄道事故である。沖縄県営鉄道輸送弾薬爆発事故 フレッシュアイペディアより)

193件中 71 - 80件表示

「鉄道事故」のニューストピックワード