113件中 81 - 90件表示
  • 富山地方鉄道

    富山地方鉄道から見た鉄道事故鉄道事故

    2008年9月に同社本線中加積駅で、同駅を出発直後の列車が脱線する事故が発生。事故原因について、運輸安全委員会は翌2009年4月24日に、同駅構内の線路の枕木が腐ったまま放置され、また、犬釘が折れたまま放置したりしていたためなどとして、同社の保守管理の杜撰さを指摘した。富山地方鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 報道特別番組

    報道特別番組から見た鉄道事故鉄道事故

    旅客機の墜落事故や大きな鉄道事故など多数の死傷者が出ていると見られるような事故が発生した場合。1985年8月の日本航空123便墜落事故や2000年3月の営団日比谷線脱線衝突事故、2005年4月のJR福知山線脱線事故がその前例。報道特別番組 フレッシュアイペディアより)

  • 廃線

    廃線から見た鉄道事故鉄道事故

    鉄道事故を起こしたことにより運行停止処分を受け、そのまま廃止になった例もある。今のところ該当するのは京福電気鉄道永平寺線のみ。なお運行停止処分の原因となった事故は越前本線で発生したが、こちらの路線は廃線とはならずえちぜん鉄道に引き継がれている(そのため、この例は「利用者や貨物の減少による廃線」にも分類できる)。廃線 フレッシュアイペディアより)

  • アントニン・ドヴォルザーク

    アントニン・ドヴォルザークから見た列車事故鉄道事故

    彼の鉄道好きについては、次のような逸話まである。ドヴォルザークは毎日同じ鉄道を利用しており、その列車が奏でる走行音を楽しんでいた。しかしある日、いつもと微妙に違う走行音が聞こえたため、ドヴォルザークが車掌にその旨を伝えたところ、車両から故障個所が見つかった。彼が鉄道ファンであることと、鋭い聴力を持つことが列車事故を防いだ。アントニン・ドヴォルザーク フレッシュアイペディアより)

  • 長崎電気軌道

    長崎電気軌道から見た鉄道事故鉄道事故

    7月2日:九州運輸局から、2006年に起こした事故を報告していなかったとして、行政指導を受ける(後述)。長崎電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 航空・鉄道事故調査委員会

    航空・鉄道事故調査委員会から見た鉄道事故鉄道事故

    航空・鉄道事故調査委員会(こうくう・てつどうじこちょうさいいんかい、ARAIC, Aircraft and Railway Accidents Investigation Commission)とは、航空事故や鉄道事故の原因の究明、及び今後の事故防止のために必要な調査を行っていた、国土交通省の審議会等である。略称は事故調、事故調委など。航空・鉄道事故調査委員会 フレッシュアイペディアより)

  • モータリゼーション

    モータリゼーションから見た鉄道事故鉄道事故

    一方で鉄道の側においても、この時代は特に国鉄において大事故が続発したこと、赤字経営のため度々運賃が値上げされる一方で多くの既存路線の高速化が進まず、鋭い労使対立による現場の綱紀の乱れやストライキ・遵法闘争の乱発による運行の不安定化、鉄道車両・鉄道駅などにおけるサービス向上の軽視などによって、鉄道離れを加速させてしまった。モータリゼーション フレッシュアイペディアより)

  • 根室本線

    根室本線から見た鉄道事故鉄道事故

    廃止後の新内 - 新得間は、1967年 - 1979年の間鉄道事故の原因究明、及びその対策に関する実験を行う、通称・狩勝実験線として使われていた。根室本線 フレッシュアイペディアより)

  • キヨスク

    キヨスクから見た鉄道事故鉄道事故

    1932年4月に、上野駅・東京駅構内に10店舗で鉄道弘済会が物品販売を行う売店を開いたことに始まる。鉄道事故などで一家の働き手を失ってしまった遺族(主として鉄道殉職者の妻)に働き口を確保する目的があったとされる。キヨスク フレッシュアイペディアより)

  • きかんしゃトーマス シーズン毎制作史

    きかんしゃトーマス シーズン毎制作史から見た鉄道事故鉄道事故

    社会背景とも無縁ではいられない部分があり、事故エピソードが減らされた。現実に悲惨な鉄道事故が国鉄民営化後に多発したイギリスの実情があって、客車の関連した事故や、人や動物が怪我をする可能性のある大きな事故は出さないなどのストーリー上の制限を設けた。同様にキャラクターのジェンダーの問題が発生し、その点も今日的に配慮した内容に変化してきた。例えば客車が女性という設定を、客車の台詞をなくして無性化したり、逆に男性ばかりのレギュラー機関車に、当シーズンからエミリーを登場させて批判をかわしている。世界的なビジネスを目指すヒット社の方針により、人物の人形にも重点が置かれ、これまでは白人の人形のみだったものが、様々な肌の色の人形を使用するようになった。ここまではオールクロフトの構想を残ったメンバーで守って続けてきた感が強い。本格的にHIT社の支配が強化されるのは、当シーズンをもってオールクロフトの片腕だった制作のフィル・フェルリと、もう一つの片腕で第1シーズンからの監督デヴィッド・ミットンとが退陣し、人員刷新が図られた次シーズンからだ。このシーズンの新キャラはエミリー(女性の機関車としてレギュラー入り)、マードック、ファーガス、アーサー、スペンサー、といった蒸気機関車が多く、バルジーが復活する話も制作された。なお、このシーズンは今までのシリーズからの使い回し映像が数多く流用されている。きかんしゃトーマス シーズン毎制作史 フレッシュアイペディアより)

113件中 81 - 90件表示

「鉄道事故」のニューストピックワード