193件中 81 - 90件表示
  • 松野トンネル崩壊事故

    松野トンネル崩壊事故から見た列車事故鉄道事故

    JR磐越西線、当時の官設鉄道・岩越線(がんえつせん)、喜多方駅 - 山都駅間には、慶徳トンネル旧東口(旧喜多方坑口)の沢をはさむよう相対して松野トンネル(延長264.6m)が存在し、慶徳村と小川村(いずれも、当時)の境界付近を直線で結んでいた。1917年(大正6年)3月26日午前3時ころ、煉瓦(レンガ)製だったトンネルの西端付近から徐々に変形が現れて、やがてアーチレンガの大崩落が始まり、数時間でトンネルの西半分がほとんど押し潰されたうえ西口(山都坑口)は完全に押し流されて喜多方駅?山都駅間が1年以上にわたって不通になったもの。地質不良がわかっていたために定期的に巡回点検がなされていたのが幸いし列車事故は未然に食い止められた。にもかかわらず第一次世界大戦のさなかであり、地元紙にも数行載っただけで余り公にはされなかった。松野トンネル崩壊事故 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年アムトラック脱線事故

    2015年アムトラック脱線事故から見た鉄道事故鉄道事故

    2015年アムトラック脱線事故(2015ねんアムトラックだっせんじこ)は、現地時間で2015年5月12日夜にアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアの付近で、全米鉄道旅客公社(アムトラック)が運行するワシントンD.C.からニューヨークに向かう列車が脱線した鉄道事故である2015年アムトラック脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • ノートン・フィッツワレン鉄道事故 (1940年)

    ノートン・フィッツワレン鉄道事故 (1940年)から見た鉄道事故鉄道事故

    ノートン・フィッツワレン鉄道事故()は、1940年11月4日にイギリスサマセット州のトーントン〜間で発生した鉄道事故である。列車の運転手が信号機の現示や配線を誤認したため、脱線転轍機に進入し脱線、27人が死亡し、74人が負傷した。事故にあったGWRキング型蒸気機関車 King George VI はその後修理され、運行に復帰した。なお、別の事故が1890年11月10日に当事故現場付近で、1978年にトーントン寝台車火災事故が当事故現場から2マイル以内で発生している。ノートン・フィッツワレン鉄道事故 (1940年) フレッシュアイペディアより)

  • 浦森林鉄道

    浦森林鉄道から見た鉄道事故鉄道事故

    起点となった杉島より奥は交通が著しく不便で、生活に必要な物資は馬の背に載せて運搬していた。このため森林鉄道が開通すると地元住民は「さすが御料林」と感激したという。1945年、人走定期便が運行を開始。1952年(昭和27年)に乗客として乗車した人物が残した手記によると、当時一般の乗車は巫女淵まで可能で、塩見岳への登山客や釣り客などに利用されていた。ただし、事故が発生しても責任は取れない旨の注意書きがあったという。浦森林鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道弘済会

    鉄道弘済会から見た鉄道事故鉄道事故

    鉄道事故で身体に障害を負った鉄道職員への福祉施策として開始された義肢や装具の研究・試作、製作・修理を、身体障害者福祉事業として現在も行なっている。鉄道弘済会 フレッシュアイペディアより)

  • ゲンティン鉄道事故

    ゲンティン鉄道事故から見た鉄道事故鉄道事故

    ゲンティン鉄道事故(ゲンティンてつどうじこ)とは、1939年12月22日にドイツザクセン=アンハルト州のゲンティン駅構内で発生した鉄道事故である。発ノインキルヒェン行きD180列車がポツダム駅発ケルン中央駅行きD10列車に衝突し、おそらく278人が死亡し453人が負傷した。現在もドイツの鉄道史上最悪の事故である。ゲンティン鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 川口市消防局

    川口市消防局から見た鉄道事故鉄道事故

    特別救助隊は南消防署と鳩ケ谷分署に配備されている救助専任部隊で、火災、交通事故、労働災害、水難救助、鉄道事故など様々な救助事案に対応する。また、高度救助隊員と同様に緊急消防援助隊・国際消防救助隊・埼玉県特別機動援助隊(埼玉SMART)へ登録されている隊員も在籍する。なお、一時期は中央分署(当時)の特別救助隊と芝分署(当時)の特別救助隊(現、高度救助隊)の部隊名称を特別救助機動隊としていた時期があった。川口市消防局 フレッシュアイペディアより)

  • 操重車

    操重車から見た鉄道事故鉄道事故

    事故発生時の復旧作業。操重車 フレッシュアイペディアより)

  • ボーネス・ジャンクション列車衝突事故

    ボーネス・ジャンクション列車衝突事故から見た鉄道事故鉄道事故

    ボーネス・ジャンクション列車衝突事故(ボーネス・ジャンクションれっしゃしょうとつじこ)とは、フォルカークにあるボーネス・ジャンクションで発生した鉄道事故である。ボーネス・ジャンクション列車衝突事故 フレッシュアイペディアより)

  • 島秀雄

    島秀雄から見た鉄道事故鉄道事故

    戦後の混乱した情勢の中では鉄道事故が続発、1951年(昭和26年)には大惨事として知られる列車火災事故の桜木町事故が起き、島は63系電車の安全面の改良を徹底的に行った後、責任を取り国鉄車両局長の職を辞した。島秀雄 フレッシュアイペディアより)

193件中 81 - 90件表示

「鉄道事故」のニューストピックワード