前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
254件中 1 - 10件表示
  • 鉄道事故

    鉄道事故から見たパリ

    フランス・パリ?ベルサイユ間を走行中の列車を牽引していた蒸気機関車の車軸が折損して脱線転覆。ボイラーの火が客車に延焼し探検家のジュール・デュモン・デュルヴィルをはじめ53名が死亡。当時の客車は外開きで外から鍵で施錠されていたため、中から乗客が脱出できなかったのが惨事を大きくした(:en:Versailles rail accident)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見たロシア鉄道

    ソビエト連邦のウリヤノフスク近郊でヴォルガ川に架かるの橋脚に客船アレクサンドル・スヴォーロフ(Александр Суворов・定員400人)が衝突。橋脚が移動し、走行してきた貨物列車が脱線、この船の上に転落した。死者176名以上(:en:Aleksandr Suvorov (ship))。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た塩素

    カナダ・オンタリオ州ミシサガ市内の踏切で貨物列車が脱線。死者こそなかったものの、タンク車の塩素などが流出したことにより市民20万人以上が1週間に渡って市から避難した(:en:1979 Mississauga train derailment)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た国土交通省

    なお、国土交通省の運輸安全委員会(2008年10月に航空・鉄道事故調査委員会から改組)の「鉄道事故調査報告書」では鉄道事故について以下のような分類がなされている。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た中華人民共和国の鉄道

    中国甘洛県・大渡河沿いを走る成昆線で支流に架かる鉄橋が土石流によって崩壊し、そこへ列車が突入した。東風型ディーゼル機関車、荷物車、郵便車と客車1両が川に転落、客車2両が川岸に吊り下がり、客車1両が橋の直前のトンネル出口付近で脱線し大破した。乗務員4人を含む240人以上が死亡または行方不明(:zh:1981年成昆鐵路列車墜橋事故)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た北アイルランド

    イギリス北アイルランド・アーマー州のグレート・ノーザン鉄道で、機関車から切り離された客車が坂を逆走し後続列車と衝突。死者88名。客車15両編成の列車が13‰の急勾配を登り切れなかったため、客車を分けて牽引しようと後ろ10両を切り離した。切り離された客車には動かないよう処置されていたが、機関車が発車しようとした際の衝撃で逆走した。この事故を契機に自動ブレーキや閉塞の導入が義務づけられる(:en:Armagh rail disaster)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た蒸気機関車

    フランス・パリ?ベルサイユ間を走行中の列車を牽引していた蒸気機関車の車軸が折損して脱線転覆。ボイラーの火が客車に延焼し探検家のジュール・デュモン・デュルヴィルをはじめ53名が死亡。当時の客車は外開きで外から鍵で施錠されていたため、中から乗客が脱出できなかったのが惨事を大きくした(:en:Versailles rail accident)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た

    フランス・ラニー=シュル=マルヌ〜Pomponne間で、クリスマス休暇で満員のナンシー行き普通列車に、ストラスブール行き急行列車が高速で激突。濃による信号の見落としが原因。「クロコディール」(Le Crocodile) と呼ばれる、接触式の自動列車停止装置が設置されていたものの、凍結のため機能しなかった。さらに、普通列車の客車が木造車だったことが被害を大きくした。死者230人。当時の日本の鉄道雑誌「鐵道趣味」にも、大惨事の写真が掲載された。戦時中を除き、フランスの鉄道史上最悪の事故(:en:Lagny-Pomponne Railroad Disaster)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た上海市

    中国上海近郊で急行列車同士が正面衝突。日本の修学旅行生ら29名が死亡。原因は片方の列車運転手の信号無視とされたが、運転手はブレーキ故障と証言している。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見たカリフォルニア州

    アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるカホン峠麓で貨物列車が速度超過のためカーブで脱線し横転。付近の住宅7棟に突っ込み、乗務員・住民合わせて4名が死亡。さらにこの事故の影響により同25日、事故現場の地下に巡らされていた高圧燃料パイプラインが破裂、吹き出した燃料が周辺の住宅地に飛散しながら引火して爆発し、住民2名が死亡した。事故原因は貨物の過積載によるブレーキの破損であり、事故後に積載量の虚偽申告があったことが判明している。さらに脱線の復旧工事の際、重機が地下2mに敷設されていたパイプラインを傷つけたことがパイプラインの破裂に繋がった。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
254件中 1 - 10件表示

「鉄道事故」のニューストピックワード