446件中 31 - 40件表示
  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た氷河急行

    スイス・ヴァレー州のフィーシュ付近で氷河急行が速度超過により脱線し横転。日本人1人が死亡。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見たジュール・デュモン・デュルヴィル

    フランス・パリ郊外のムードン付近を走行中の列車を牽引していた蒸気機関車の車軸が折損して脱線転覆し、客車が次々と乗り上げた。機関車のボイラーの火が客車に延焼し、探検家のジュール・デュモン・デュルヴィルをはじめ52人以上が死亡した。当時の客車は外開きで外から鍵で施錠されていたため、中から乗客が脱出できなかったのが惨事を大きくした。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た夜行列車

    フィリピン・ケソン州付近で夜行列車が脱線、一部の車両が渓谷へ転落。死者13名(フィリピン国鉄)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た北アイルランド

    イギリス北アイルランド・アーマー州のグレート・ノーザン鉄道で、機関車から切り離された客車が坂を逆走し後続列車と衝突。死者88名。客車15両編成の列車が13‰の急勾配を登り切れなかったため、客車を分けて牽引しようと後ろ10両を切り離した。切り離された客車には動かないよう処置されていたが、機関車が発車しようとした際の衝撃で逆走した。この事故を契機に自動ブレーキや閉塞の導入が義務づけられる(:en:Armagh rail disaster)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た

    フランス・パリ郊外のラニー=シュル=マルヌ〜ポンポンヌ間で、クリスマス休暇で満員のナンシー行き普通列車に、ストラスブール行き急行列車が高速で激突。濃による信号の見落としが原因。「クロコディール」(:en:Crocodile ) と呼ばれる、接触式の自動列車警報装置(AWS)が設置されていたものの、凍結のため機能しなかった。さらに、普通列車の客車が木造車だったことが被害を大きくした。死者230人。当時の日本の鉄道雑誌「鐵道趣味」にも、大惨事の写真が掲載された。戦時中を除き、フランスの鉄道史上最悪の事故(:en:Lagny-Pomponne rail accident)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見たお召し列車

    ロシア皇帝アレクサンドル3世一家を乗せたお召し列車が脱線、21名が死亡。現場は現在ウクライナ領ハルキウ州となっている(:en:Borki train disaster)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見たウェリントン

    ニュージーランドのに架かるタンギワイ鉄道橋がルアペフ山からの泥流により損傷。直後に通りかかった、ウェリントン発オークランド行の列車とともに崩落し151名が死亡。ニュージーランド最大の鉄道事故(ルアペフ山、:en:Tangiwai disaster)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見たブエノスアイレス

    アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの Flores 駅付近で列車が踏切に侵入したバスに衝突し脱線、さらに対向列車にも衝突。11人が死亡。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た鉄砲水

    インド・アーンドラ・プラデーシュ州で、鉄砲水で橋が流失したことにより急行列車が転落。死者114人以上(:en:Valigonda train disaster)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た業務上過失致死罪

    従来、鉄道事故等においては警察による関係者の責任が問われていたが、個人責任の追及が中心になるあまり当事者の証言が歪められ本来の背後要因等の分析が不十分であるとの指摘があり、中立的な事故原因調査を行う機関の設立が望まれていた。現在、日本において鉄道事故が発生した場合には国土交通省内の運輸安全委員会(前身:航空・鉄道事故調査委員会)によって原因究明と再発防止のための調査が行われる。また、業務上過失致死罪などの容疑で刑事捜査が行われる場合もある。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

446件中 31 - 40件表示

「鉄道事故」のニューストピックワード