254件中 51 - 60件表示
  • 鉄道事故

    鉄道事故から見たグレート・ノーザン鉄道 (イギリス)

    イギリス北アイルランド・アーマー州のグレート・ノーザン鉄道で、機関車から切り離された客車が坂を逆走し後続列車と衝突。死者88名。客車15両編成の列車が13‰の急勾配を登り切れなかったため、客車を分けて牽引しようと後ろ10両を切り離した。切り離された客車には動かないよう処置されていたが、機関車が発車しようとした際の衝撃で逆走した。この事故を契機に自動ブレーキや閉塞の導入が義務づけられる(:en:Armagh rail disaster)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見たオランダ鉄道

    オランダ・ハルメレンで濃霧の朝、急行列車の運転士が黄色信号(次の信号機が赤だと示す)を見落とし125km/h で通過。次の赤信号に気づき急ブレーキをかけたものの107km/h で逆方向から来た普通列車と9時19分に正面衝突。双方の運転士を含む93名の死者(内2名は後日死亡)と54名の重軽傷者を出した。現在でもオランダ史上最悪の鉄道事故となっている(:en:Harmelen train disaster)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た鉄道事故等報告規則

    鉄道事故(てつどうじこ)とは、鉄道車両の運転時に発生する事故である。列車の遅れ等輸送障害を指して事故と称することもあるが、本項では衝突、脱線、火災など死傷者の発生に至る事故を指す。事故を惹起する危険が高い事態が発生し、なおかつ実際には事故が発生しなかった事象は、事故が発生するおそれがあると認められる事態=インシデントと呼ばれる。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見たオンタリオ州

    カナダ・オンタリオ州ミシサガ市内の踏切で貨物列車が脱線。死者こそなかったものの、タンク車の塩素などが流出したことにより市民20万人以上が1週間に渡って市から避難した(:en:1979 Mississauga train derailment)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た貨物列車

    Markdorf で、臨時列車と貨物列車が衝突。死者101人。ドイツの鉄道で死者が100人を超えた最初の事故。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た阿里山森林鉄路

    台湾・阿里山森林鉄道。ブレーキ故障、脱線転覆事故。死者17名(:zh:阿里山森林鐵路)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見たレールバス

    2月9日:Aitrang で、TEEがカーブ(制限80km/h)を130km/h で通過して脱線。運悪く複線の反対方向を走ってきたレールバスと衝突した。TEE列車のブレーキが凍結し、減速できなかったことが原因。死者28人、負傷42人(:de:Eisenbahnunfall von Aitrang)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た急行列車

    イギリス・スコットランドのテイ川河口の鉄橋が強風のために崩落し急行列車が転落し死者78名。原因は鉄橋に使用された鋳鉄と設計上の強度不足と建設上の施工不備が競合したためとされた。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た航空・鉄道事故調査委員会

    なお、国土交通省の運輸安全委員会(2008年10月に航空・鉄道事故調査委員会から改組)の「鉄道事故調査報告書」では鉄道事故について以下のような分類がなされている。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た自動列車警報装置

    イギリス・スコットランドのキャッスルキャリ駅で、停止信号を通り過ぎて駅構内に停止していた急行列車に、後からやってきた急行列車が追突。35名が死亡、179名が負傷した。駅の信号係が、信号を無視した列車は既に駅を通過していってしまったものと思いこみ、後から来た列車を駅に入れようとしたことが原因だった。この事故の後AWSを取り付けることが勧告された(:en:Castlecary rail accidents)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

254件中 51 - 60件表示

「鉄道事故」のニューストピックワード