446件中 81 - 90件表示
  • 鉄道事故

    鉄道事故から見たレールバス

    西ドイツのアイトラングで、TEE 列車がカーブ(制限80km/h)を130km/h で通過して脱線。運悪く複線の反対方向を走ってきたレールバスと衝突した。TEE のブレーキが凍結し、減速できなかったことが原因。死者28人、負傷42人(アイトラング、:de:Eisenbahnunfall von Aitrang)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た急行列車

    イギリス・スコットランド東部のテイ川河口の鉄橋「テイ橋」が強風のために崩落し急行列車が転落し死者78名。原因は鉄橋に使用された鋳鉄と設計上の強度不足と建設上の施工不備が競合したためとされた。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た航空・鉄道事故調査委員会

    国土交通省の運輸安全委員会(2008年10月に航空・鉄道事故調査委員会から改組)の「鉄道事故調査報告書」では鉄道事故について以下のような分類がなされている。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た国鉄戦後五大事故

    洞爺丸事故 (国鉄戦後五大事故の一つ、青函連絡船の事故)鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た134信号場

    台湾・134信号場で自強号のATSが故障して暴走し、莒光号の側面に衝突。死者30人、負傷者100人以上(134信号場、w:zh:臺鐵重大死傷事故列表)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見たシュロップシャー

    イギリス・イングランド中西部シュロップシャー。下り勾配の先で保線作業中の区間に、警告を見落とした列車が進入し脱線。死者13人。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た運輸安全委員会

    国土交通省の運輸安全委員会(2008年10月に航空・鉄道事故調査委員会から改組)の「鉄道事故調査報告書」では鉄道事故について以下のような分類がなされている。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見たフィラデルフィア

    アメリカ合衆国ペンシルバニア州フィラデルフィア付近で、ペンシルバニア鉄道「議会特急」の客車の車軸が軸焼けにより折損。車体が上方に浮き上がりガントリー(門型支持)の信号に衝突した。79人が死亡。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た鉄道信号機

    オランダ・ユトレヒト州のハルメレンで濃霧の朝、急行列車の運転士が(次の信号機が赤だと示す)黄色信号を見落とし125km/h で通過。次の赤信号に気づき急ブレーキをかけたものの107km/h で逆方向から来た普通列車と9時19分に正面衝突。双方の運転士を含む93名の死者(内2名は後日死亡)と54名の重軽傷者を出した。現在でもオランダ史上最悪の鉄道事故となっている。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事故

    鉄道事故から見た貨物列車

    フリードリヒスハーフェン西部のリップバッハ(マルクドルフの南)で、臨時列車と貨物列車が衝突。死者101人。ドイツで最初の死者が100人を超えた鉄道事故(:de:Eisenbahnunfall bei Markdorf)。鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

446件中 81 - 90件表示

「鉄道事故」のニューストピックワード