前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3713件中 1 - 10件表示
  • 岩倉高等学校

    岩倉高等学校から見た鉄道鉄道

    岩倉高等学校(いわくらこうとうがっこう)は、東京都台東区上野七丁目にある私立高等学校。設置者は学校法人明昭学園。上野駅入谷口の目の前に位置し、運輸科・普通科を置く。かつては機械科と商業科も置いていた。鉄道の各コースに関しては、全国でも数少ない鉄道関係の教育を行う日本最古の鉄道学校であり、卒業生は半数以上の生徒が鉄道業界へ進んでいる。また、過去に野球部が甲子園へ数回出場したことがある。岩倉高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • ペルーの鉄道

    ペルーの鉄道から見た鉄道鉄道

    ペルーの鉄道は、ペルー共和国の鉄道について記す。ペルーの鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道による糞尿輸送

    鉄道による糞尿輸送から見た鉄道鉄道

    鉄道による糞尿輸送(てつどうによるふんにょうゆそう)では、鉄道や軌道を用いた人間の屎尿の輸送について記す。鉄道による糞尿輸送 フレッシュアイペディアより)

  • 交通

    交通から見た鉄道鉄道

    今日の交通機関は、ITS、鉄道の運行計画、道路の信号制御、航空管制などを代表とする運行制御システム、また、運賃、収益管理、マーケティングなどの営業システムの点で著しい発達を遂げている。交通 フレッシュアイペディアより)

  • SUPER BELL"Z

    SUPER BELL"Zから見た鉄道鉄道

    ミュージシャンとしてテクノ等を織り交ぜた社会風刺楽曲を制作していた。その一環として、鉄道の車内放送を音楽に取り入れることを思いつきテクノポップに乗せたパロディ音楽を製作し、「車掌DJ」あるいは「モーターマン」と称する楽曲群で知られている。1999年のデビュー以来UP STREAM(東芝EMI)に所属していたが、2005年に独立。2006年にそれまでのメンバー制を廃止し、野月その他によるフリーメンバー制が採用された(後述)。SUPER BELL"Z フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道の歴史

    鉄道の歴史から見た鉄道鉄道

    鉄道の歴史(てつどうのれきし)では、鉄道の創始以来の主要な歴史について説明する。鉄道の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤章

    加藤章から見た鉄道鉄道

    加藤章は次のように語っている。「…織田さんや坂口さんの話はねえ、米子の旧家としての古い地元の発展の基礎になった方々なんですよ。ところが私の家は、父親が明治の私が生まれる二年前に愛知県から米子にやって来たものです。というのは、米子を中心として鉄道が出来るという情報を得て、“米子へ行かないと面白い仕事が出来ない”といってやって来たのです。愛知県は焼物の本場で、そこから私の父親は二十歳過ぎに青雲の志を抱いてはるばる米子にやって来たわけですわ。茶町にささやかな店を構えて、境の娘を嫁に迎えたのでした。加藤章 フレッシュアイペディアより)

  • 技術士建設部門

    技術士建設部門から見た鉄道鉄道

    建設 - 土質及び基礎、鋼構造及びコンクリート、都市及び地方計画、河川、砂防及び海岸・海洋、港湾及び空港、電力土木、道路、鉄道、トンネル、施工計画、施工設備及び積算、建設環境技術士建設部門 フレッシュアイペディアより)

  • フレジュス鉄道トンネル

    フレジュス鉄道トンネルから見た鉄道鉄道

    thumb|250px|フレジュス鉄道トンネルのイタリア側坑口フレジュス鉄道トンネルあるいはフレジュストンネル(イタリア語 : , フランス語 : )はイタリア・フランス国境のアルプス山脈にあるフレジュス峠を貫く鉄道トンネルであり、トリノからシャンベリを経由しリヨンまたはパリ方面に至る鉄道路線の一部を形成している。イタリア側(南側)の入口はピエモンテ州トリノ県のバルドネッキア、フランス側(北側)はローヌ=アルプ地域圏サヴォワ県のモダーヌ(Modane)である。フレジュス鉄道トンネル フレッシュアイペディアより)

  • 近代における世界の一体化

    近代における世界の一体化から見た鉄道鉄道

    独立後の諸国では、どの国でもクリオージョが伝統的なカトリック教会に依拠する保守派と、自由主義に依拠する自由派に分かれて政権を争ったが、自由派の勝利や保守派の自由化により、最終的にはどの国でも自由主義的な政策が採られ、イギリス資本と結びついた大地主のクリオージョ寡頭支配層が、政治・経済の権益を独占した。また、その農業や鉱業などの一次産品はイギリスをはじめとする欧米諸国の需要に左右されつづけ、大西洋経済の構造そのものにはあまり変化がなかった。すなわち、ほぼ全てのラテンアメリカ諸国においてクリオージョ寡頭支配層の利益にならない工業化はそもそも目標にすらならず、現地の経済のバランスを無視して世界市場と直接結ばれたコーヒーや砂糖などを単一耕作するプランテーションや鉱山からなる従属経済が、植民地時代からさらに深化した。イギリスは独立後の諸国に借款を与え、鉄道を建設することによって、各国の港を通してラテンアメリカ諸国の産品の生産地を国内市場からかけ離れた世界市場へと直接結ぶ経済構造を築いたのである。さらに、三国同盟戦争によって破壊される前のパラグアイのような例外を除き、独立後のラテンアメリカでは、独立以前に存在したマニュファクチュアは、クリオージョ寡頭支配層とイギリスによる自由貿易の導入によってイギリスの安価な製品との自由競争に敗れて悉く破壊されたため、国内資本による工業の自立的な成長は起こらなかった。また、植民地時代に存在したインディオの共有地は、自由主義的な私有財産権の権利の下に19世紀を通して解体され、アラウカニア征服作戦や砂漠の開拓作戦によって植民地時代にはヨーロッパ人の支配を受けなかったパタゴニアがチリとアルゼンチンによって征服された。これらの土地は各国の大地主によって分配され、その後のラテンアメリカ諸国の農業を特徴づけることになる、安価な労働力のみによって採算を担う、粗放で生産性の低い土地利用を旨とした大土地所有制が確立した。こうして19世紀初頭から続いたイギリスによるラテンアメリカ経済の支配は政治の安定した1870年代頃から20世紀までに確立し、南アメリカ諸国はイギリスを中心とする従属的周辺国となった。地理的にイギリスの支配が及ばなかったメキシコや中央アメリカではアメリカ合衆国の資本が同様のことを行い、中央アメリカでは「バナナ共和国」と呼ばれるほどの従属経済化が進んだ国家が複数出現した。近代における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3713件中 1 - 10件表示

「鉄道情報」のニューストピックワード

  • 年齢で代表に選ばれないということはない

  • 攻守に積極的に。日本の良さである組織力を持って戦う

  • かわいいママでうれしいだろうな