3060件中 91 - 100件表示
  • ウシュアイア

    ウシュアイアから見た鉄道鉄道

    20世紀前半のほとんどは、市は凶悪犯を収容する刑務所の周りに発展していた。囚人の脱走を困難なものにするため、かつてイギリスがオーストラリアを流刑地にしたのにならい、アルゼンチン政府は首都ブエノスアイレスから遠く離れた、このフエゴ島という孤島に流刑地を造ったのであった。流刑囚はここに住み着くほかはなく、刑務所の周りの山から木を切り、平地に運んで町をつくるのにほとんどの時間を費やした。また、森林から町へと木材を運ぶための鉄道も建設した。現在では、この鉄道は南フエゴ鉄道(スペイン語名: El Tren del Fin del Mundo - 「世界の果ての鉄道」の意)という観光用の鉄道として使われている。ウシュアイア フレッシュアイペディアより)

  • フュルト

    フュルトから見た鉄道鉄道

    フュルト(Fürth)はドイツ連邦共和国の都市。バイエルン州に属する。ドイツ初の鉄道の始発駅。戦後の西ドイツ首相ルートヴィヒ・エアハルトやアメリカ国務長官ヘンリー・キッシンジャーの出身地でもある。人口は約11万2千人(2005年)。フュルト フレッシュアイペディアより)

  • 鉱山鉄道

    鉱山鉄道から見た鉄道鉄道

    鉱山鉄道(こうざんてつどう)は、鉱山の鉱石搬出のために作られた鉄道である。日本国内では、鉱山保安法中の「金属鉱山等保安規則」または「石炭鉱山保安規則」に準拠するものが該当する。鉱山鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 縦断勾配

    縦断勾配から見た鉄道鉄道

    勾配の概念は、実在の物理的地勢(峡谷、丘面、水路や川の土手や川底など)の測定、あるいは建築(鉄道、景観や庭園の整地、屋根勾配、鉄道、水道および歩行者-障碍者-自転車通路など)に対する新たな要素のデザインや技術に適用できる。縦断勾配 フレッシュアイペディアより)

  • 亀戸天神社

    亀戸天神社から見た鉄道鉄道

    鉄道:JR総武線・亀戸駅北口より徒歩約15分亀戸天神社 フレッシュアイペディアより)

  • 図鑑

    図鑑から見た鉄道鉄道

    上記のように、図鑑は博物学的書籍であるが、それが一般化するにつれ、それ以外のジャンルにおいても図鑑的体裁の書物が出されるようになった。上記のように学習書を多く手がける出版社が出した児童向け図鑑シリーズには、自動車や鉄道など工業生産物の図鑑や国語や歴史など教科に関わる図鑑も見られる。後者の場合図鑑と言える体裁は、もはや同シリーズの図鑑と共通の外見であること以外には見出せず、実質は図版を多用した、学習百科事典の一様式といったほうが適切である(鉄道図鑑の中には「特急列車」「ブルートレイン」など、鉄道趣味の方面に踏み込んだものまであった)。怪獣ブームの際には、当然のように怪獣図鑑が、妖怪ブームの際には妖怪図鑑が出版された。これは、むしろ生物図鑑の体裁を意図的に取ることによって、それらしさを演出したと見るべきだろう。図鑑 フレッシュアイペディアより)

  • 郊外

    郊外から見た鉄道鉄道

    アメリカ北東部の古い街では、郊外は労働者を都心や工場に向けて運ぶ鉄道や路面電車に沿って発達した。こうした郊外の発達は、「ベッドタウン(bedroom community)」、つまり昼のビジネス活動はほとんど都市で行われ、労働人口は夜になると家に帰って寝るために都市から去るという意味の用語を広めた。郊外 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺一茂

    渡辺一茂から見た鉄道鉄道

    渡辺 一茂(わたなべ かずしげ、1974年12月3日 - )は、日本の男性俳優、声優。神奈川県出身。銀プロダクション所属。Voice・Love・Networkのてしがわらのラジオパーソナリティーの一人でもあり、生粋の鉄道愛好家である。渡辺一茂 フレッシュアイペディアより)

  • 黒河内四郎

    黒河内四郎から見た鉄道鉄道

    逓信省鉄道作業局に入り、生涯にわたる鉄道への関わりが始まる。1915年(大正4年)に米国留学し、帰国後は工務局保線課に配属され、保線業務、軌道の改善に努めた。大正中期には鉄道の電化に必要な電力を確保するため、信濃川電気事務所長として調査や土木工事を担当し、また鉄道電化調査委員会の委員を務めている。1924年(大正13年)保線課長として本省勤務となり、建設局計画課長兼工事課長、建設局長、工務局長を歴任。1929年(昭和5年)には「狭軌軌道ノ強度ニ就テ」で工学博士号(東京帝大)を授与される。1934年(昭和9年)に退官。黒河内四郎 フレッシュアイペディアより)

  • コスタリカ

    コスタリカから見た鉄道鉄道

    1870年代から始まった自由主義の時代に、それまでと同様に主産業だったコーヒー・プランテーションが拡大され、コーヒーを基盤に経済が発展し、1890年には輸出の80%がコーヒーとなっていた。ただし、コスタリカの土地所有形態は植民地時代からの中小独立自営農民による中規模土地所有が主体であったため、他の中米諸国やブラジルのような大プランテーションは発達しなかった。また、コスタリカは中米で最も早くコーヒー栽培が開始されたため、コスタリカを通してグアテマラ、エルサルバドルにコーヒーの生産技術が伝播することとなった。この時期にブエノスアイレスやカラカスをはじめとする他のラテンアメリカの多くの国の首都がそうなったように、エリートによって首都サン・ホセはパリ風に改造され、カリブ・ヴィクトリア朝を真似た邸宅が建ち並んだ。また、内陸部からのコーヒー輸送のためにアメリカ人のマイナー・キースによって鉄道が建設され、積出し港としてカリブ海側のリモンが発展した。鉄道建設の負債を補うために1871年にパナマ地峡からバナナが導入され、キースはその後、熱帯雨林を切り開いた跡地でのバナナのプランテーション栽培に力を入れた。バナナはそれまでの主産業だったコーヒーを抜いて1905年頃には輸出の60%を占めるに至り、1899年にキースにより設立されたユナイテッド・フルーツは中央アメリカの事実上の支配者となった。コスタリカ フレッシュアイペディアより)

3060件中 91 - 100件表示

「鉄道情報」のニューストピックワード