3713件中 91 - 100件表示
  • 相模総合補給廠

    相模総合補給廠から見た鉄道鉄道

    9月30日 - 西側の一部敷地(約17ヘクタール)、およびその東端において南北に縦断する敷地(約2ヘクタール、鉄道・道路用地となる予定)が日本へ返還された。相模総合補給廠 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱山鉄道

    鉱山鉄道から見た鉄道鉄道

    鉱山鉄道(こうざんてつどう)は、鉱山の鉱石搬出のために作られた鉄道である。日本国内では、鉱山保安法中の「金属鉱山等保安規則」または「石炭鉱山保安規則」に準拠するものが該当する。鉱山鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 始発

    始発から見た鉄道鉄道

    始発(しはつ)とは、鉄道やバスなどの交通機関の便が、路線の出発側のターミナル駅(ターミナル停留所)である始発駅(始発停留所)などから出発すること。その駅や停留所においては、その便そのものを指すこともある。近畿日本鉄道など一部の私鉄では仕立(したて)と呼ぶこともある。対義語は終着。始発 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道の最高速度

    鉄道の最高速度から見た鉄道鉄道

    鉄道の最高速度では鉄道における最高速度を解説する。鉄道の最高速度 フレッシュアイペディアより)

  • 月館の殺人

    月館の殺人から見た鉄道鉄道

    鉄道といえばゆいレール(モノレール)しかない沖縄で育った雁ヶ谷空海は、鉄道嫌いの母の影響もあり、未だかつて電車に乗ったことがない。母の死から2ヵ月後、弁護士の中在家に「母方の祖父が生きていて、財産相続の件でぜひ北海道まで来てほしい」と伝えられる。祖父の待つ月館へは、鉄道で行かなければならないとの事。空海が乗るのは、『20時40分 稚瀬布(ちせっぷ)発 月館(つきだて)行 幻夜(げんや)号』。迎えに来た中在家の運転で稚瀬布駅へ向かう途中、車がスリップして立ち往生しているところへ、同じく幻夜号に乗るという日置という青年が通りかかり、中在家を残して駅まで乗せていってもらうことに。月館の殺人 フレッシュアイペディアより)

  • バンカーヒル記念塔

    バンカーヒル記念塔から見た鉄道鉄道

    バンカーヒル記念塔の高さは67m(221フィート)である。塔の内部には294段の階段があり、屋上まで上ることができる。建材の御影石は、近隣のクインシー市で採掘されたものであった。採掘された御影石を運んだ鉄道、グラニット鉄道は1826年10月9日に営業を開始した、アメリカ合衆国最初の鉄道であった。バンカーヒル記念塔 フレッシュアイペディアより)

  • 8時だョ!全員集合のコント

    8時だョ!全員集合のコントから見た鉄道鉄道

    コントのセットはデザインは通常の5軒並びだけでなく、鉄道の高架下をモデルとしたもの、坂の上に4軒分の店と地平部分に1件分の店があるなどいくつかパターンがあった。8時だョ!全員集合のコント フレッシュアイペディアより)

  • ロマン派音楽

    ロマン派音楽から見た鉄道鉄道

    ロマン主義のこのような局面についての重要な視点は、ピアノの演奏会(リストの用いた言葉を借りるなら「リサイタル」)の幅広い人気であった。当時のリサイタルは、人気のある主題による即興演奏や小品、ベートーヴェンやモーツァルトのピアノソナタなどの大作から構成されていた。最も重要なベートーヴェン弾きは、後のシューマン夫人クララ・ヴィークであった。鉄道や蒸気船によって旅行が簡便になると、リストやショパン・タールベルクといったピアノのヴィルトゥオーソは、演奏旅行の回数を増やし、国際的な聴衆を獲得した。演奏会はそれ自体が事件となった。このようなヴィルトゥオーソ現象の波に乗って成功を収めたのがニコロ・パガニーニだったのである。ロマン派音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 石炭

    石炭から見た鉄道鉄道

    石炭は蒸気ボイラー用燃料として発電・製鉄所・各種工場燃料に使われるほか、途上国では鉄道・船舶暖房や煮炊きに使われる場合もある。また日本のセメント工業の燃料としては石油よりも多く使われている。製鉄所では瀝青炭を乾留したコークスが大量に使用されている。乾留の際の副生成物であるコールタールは化学薬品などの原料として重要であり、同じ副生成物のコークス炉ガスは過去に都市ガスとして使用された。また固体燃料の取り扱いの不便さ改善のために石油と混合して液体燃料化したCOMや、水と混合した液体燃料CWMも実用化されている。石炭 フレッシュアイペディアより)

  • 図鑑

    図鑑から見た鉄道鉄道

    上記のように、図鑑は博物学的書籍であるが、それが一般化するにつれ、それ以外のジャンルにおいても図鑑的体裁の書物が出されるようになった。上記のように学習書を多く手がける出版社が出した児童向け図鑑シリーズには、自動車や鉄道など工業生産物の図鑑や国語や歴史など教科に関わる図鑑も見られる。後者の場合図鑑と言える体裁は、もはや同シリーズの図鑑と共通の外見であること以外には見出せず、実質は図版を多用した、学習百科事典の一様式といったほうが適切である(鉄道図鑑の中には「特急列車」「ブルートレイン」など、鉄道趣味の方面に踏み込んだものまであった)。怪獣ブームの際には、当然のように怪獣図鑑が、妖怪ブームの際には妖怪図鑑が出版された。これは、むしろ生物図鑑の体裁を意図的に取ることによって、それらしさを演出したと見るべきだろう。図鑑 フレッシュアイペディアより)

3713件中 91 - 100件表示

「鉄道情報」のニューストピックワード