3060件中 11 - 20件表示
  • スウェーデンの交通

    スウェーデンの交通から見た鉄道鉄道

    スウェーデンの鉄道は、政府が株式を100%所有するスウェーデン国鉄会社 (SJ AB: Statens Järnväg aktiebolag) が全国の旅客輸送において中心的な役割を果たしている。国鉄会社以外にも県(län)や市(kommun)、ランスティング(landsting)が運営する鉄道(Länstrafik, 県・市交通局)が地方の旅客輸送を担っている。ストックホルムからヨーテボリ(Göteborg)、マルメ(Malmö)、スンズバル(Sundsvall)等の大都市へは特急X2000が運行されている。一部のマルメ行きX2000は、2000年のエーレスンド大橋(Öresundsbro)の完成によって、デンマークの首都コペンハーゲン(スウェーデン語Köpenhamn, デンマーク語København)まで乗り入れている。かつてはノルウェーの首都オスロ(Oslo)からヨーテボリを経由してコペンハーゲンまで、X2000と同車種・異塗装(青)の特急リンクス(Linx)が直通(乗り換えなし)で運行されていたが、現在は利用者の減少から廃止され、ノルウェー国鉄(NSB)がオスロからヨーテボリまで、自社の特急を乗り入れている。ヨーテボリ・コペンハーゲン間はX2000によって代替されているが、2007年現在、運行本数は月曜日?金曜日は4?5往復、休日・祝日は2?3往復に留まっている。それ以外の時間帯は普通列車が運行されている。スウェーデンの交通 フレッシュアイペディアより)

  • 引退

    引退から見た鉄道鉄道

    鉄道路線や、鉄道車両、名称がある列車が廃止される場合も引退と言われることがよくある(路線の場合は廃止・廃線のほうが一般的である。)。また、飛行機や船の場合も同様である。これらに関してはさよなら運転も参照の事。引退 フレッシュアイペディアより)

  • トンネル

    トンネルから見た鉄道鉄道

    人工のものは道路、鉄道(線路)といった交通路(山岳トンネル、地下鉄など)や水道、電線等ライフラインの敷設(共同溝など)、鉱物の採掘、物資の貯留などを目的として建設される。トンネル フレッシュアイペディアより)

  • 船

    から見た鉄道鉄道

    海峡や離島を結ぶ橋の代わり、または鉄道や道路等に平行して航行し陸路の代わりに用いられるもの フレッシュアイペディアより)

  • フィンランド航空

    フィンランド航空から見た鉄道鉄道

    1930年 スウェーデンのABAと共同して『スカンジナビア・エア・エキスプレス』を開始。タリン=ヘルシンキ=ストックホルム線を基軸に、ストックホルム=マルミ間の鉄道を利用して、パリやロンドンなどのヨーロッパ主要都市を結ぶ、飛行機と鉄道のネットワークを形成。フィンランド航空 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事業者

    鉄道事業者から見た鉄道鉄道

    鉄道事業者(てつどうじぎょうしゃ)、鉄道会社(てつどうがいしゃ)は、鉄道を使用して旅客輸送または貨物輸送の運営、または軌道(線路)の維持管理などをする者である。鉄道事業者 フレッシュアイペディアより)

  • 近代における世界の一体化

    近代における世界の一体化から見た鉄道鉄道

    独立後の諸国では、どの国でもクリオージョが伝統的なカトリック教会に依拠する保守派と、自由主義に依拠する自由派に分かれて政権を争ったが、自由派の勝利や保守派の自由化により、最終的にはどの国でも自由主義的な政策が採られ、イギリス資本と結びついた大地主のクリオージョ寡頭支配層が、政治・経済の権益を独占した。また、その農業や鉱業などの一次産品はイギリスをはじめとする欧米諸国の需要に左右されつづけ、大西洋経済の構造そのものにはあまり変化がなかった。すなわち、ほぼ全てのラテンアメリカ諸国においてクリオージョ寡頭支配層の利益にならない工業化はそもそも目標にすらならず、現地の経済のバランスを無視して世界市場と直接結ばれたコーヒーや砂糖などを単一耕作するプランテーションや鉱山からなる従属経済が、植民地時代からさらに深化した。イギリスは独立後の諸国に借款を与え、鉄道を建設することによって、各国の港を通してラテンアメリカ諸国の産品の生産地を国内市場からかけ離れた世界市場へと直接結ぶ経済構造を築いたのである。さらに、三国同盟戦争によって破壊される前のパラグアイのような例外を除き、独立後のラテンアメリカでは、独立以前に存在したマニュファクチュアは、クリオージョ寡頭支配層とイギリスによる自由貿易の導入によってイギリスの安価な製品との自由競争に敗れて悉く破壊されたため、国内資本による工業の自立的な成長は起こらなかった。また、植民地時代に存在したインディオの共有地は、自由主義的な私有財産権の権利の下に19世紀を通して解体され、アラウカニア征服作戦や砂漠の開拓作戦によって植民地時代にはヨーロッパ人の支配を受けなかったパタゴニアがチリとアルゼンチンによって征服された。これらの土地は各国の大地主によって分配され、その後のラテンアメリカ諸国の農業を特徴づけることになる、安価な労働力のみによって採算を担う、粗放で生産性の低い土地利用を旨とした大土地所有制が確立した。こうして19世紀初頭から続いたイギリスによるラテンアメリカ経済の支配は政治の安定した1870年代頃から20世紀までに確立し、南アメリカ諸国はイギリスを中心とする従属的周辺国となった。地理的にイギリスの支配が及ばなかったメキシコや中央アメリカではアメリカ合衆国の資本が同様のことを行い、中央アメリカでは「バナナ共和国」と呼ばれるほどの従属経済化が進んだ国家が複数出現した。近代における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た鉄道鉄道

    ライトレール(Light rail)とは、北米で運行される「輸送力が軽量級な」都市旅客鉄道を指す。トランジット(transit)を付記してライトレール交通(Light rail transit, LRT)とも呼ばれる。和訳として「軽量軌道交通」がある。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • 最高速度

    最高速度から見た鉄道鉄道

    道路や鉄道などにおいて、法令の下で、車両がそれ以上の速度を出してはならないとする最高の速度。本項目においてはおもに、こちらについて詳述。最高速度 フレッシュアイペディアより)

  • ETCS

    ETCSから見た鉄道鉄道

    ETCS (European Train Control System) は、ヨーロッパの鉄道における、統一列車制御システムの名称である。ETCS フレッシュアイペディアより)

3060件中 11 - 20件表示

「鉄道情報」のニューストピックワード