3713件中 41 - 50件表示
  • 関宿町

    関宿町から見た鉄道鉄道

    千葉県の西北部、県の最北端に位置する。東は利根川を境に茨城県と、西は江戸川を境に埼玉県と隣接する。2つの大きな河川にはさまれて千葉県が北へ細長く伸びる位置にあり、北端は利根川と江戸川の分流点になっている。 これは利根川水系の治水と水運を目的に江戸時代初期に行われた利根川東遷事業の結果であり、最終的には明治以降に行われた河川改修の結果、現在のような形状になった。元々関東平野の中心に近い関宿は軍事上の要衝であったが、利根川本流と江戸川の分岐点となった江戸時代以降は水運上の要地としても栄えた。しかし、交通の主役が水運から鉄道に移ると、交通拠点としての重要性は急速に低下した。地形は平坦であり、江戸川と利根川沿いは低地であり、そこに農地が集中している。平坦な地形ゆえに標高は低く、最高標高地点は15.6mである。関宿町 フレッシュアイペディアより)

  • バスネット

    バスネットから見た鉄道鉄道

    なお、名称は「バスネット」であるが、実際には鉄道も検索可能である。バスネット フレッシュアイペディアより)

  • 機能安全

    機能安全から見た鉄道鉄道

    プラント、発電所、機械、鉄道、医療機器、家電やシステムの安全を担保するためには、先ずは人間、財産、環境などへ危害を及ぼすハザード(危険源)を特定し、リスクを見積りし、リスクを評価する。その結果、リスクが許容できない場合はリスクを許容可能なまでに低減することが必要である。リスク低減の手順は、一般に3ステップメソッドト呼ばれる手順を踏んで行われる。機能安全 フレッシュアイペディアより)

  • ジャナクプル鉄道

    ジャナクプル鉄道から見た鉄道鉄道

    ジャナクプル鉄道(ジャナクプルてつどう)またはネパール鉄道は、ネパールとインドの国境沿いの狭い空間で走るネパール唯一の鉄道。ネパール東部の街ジャナクプルを中心にして約51kmの路線を持つ鉄道である。ジャナクプル鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ムアラ

    ムアラから見た鉄道鉄道

    ブルックトン炭坑(Brooketon Colliery)の発達は、ムアラの交通やインフラストラクチャーの発達をもたらした。ムアラの安全な水深の深い停泊地まで石炭を輸送するために、木製の鉄道が建設され、蒸気船と艀(はしけ)が停泊できるように岸壁や桟橋が設けられた。1911年には少なくとも1,447人がムアラに居住し、約30店の商店が営業していた。ブルックトンは、ブルネイで初めて切手が使われたところでもある。ムアラ フレッシュアイペディアより)

  • セリア (ブルネイ)

    セリア (ブルネイ)から見た鉄道鉄道

    カンポン・バルはセリアの東にあり、サンゲイ・ベラの左岸に位置する。主として中国人居住区である。日本人が整備した古い木製鉄道の廃線跡が残る。セリア (ブルネイ) フレッシュアイペディアより)

  • レッド計画

    レッド計画から見た鉄道鉄道

    この戦争計画では、当時世界の海を支配していたイギリス海軍(赤国)の艦隊に対し、アメリカ海軍(青国)がどのように攻撃・防御を行うかについては細部まで詰めていない。計画は主に陸地、特にカナダ(深紅国)に焦点をあわせ、カナダの地理・軍事力・経済資源・輸送手段の詳細を記述しており、続いてイギリス軍の増強部隊がカナダに展開する前に、鍵となるカナダの港湾や鉄道路線を占領するためにとりうる作戦へと議論を進めていた。これらの作戦は、イギリスがアメリカ侵略のためにカナダの資源、港湾、航空基地を使うことを防ぐためのものだった。レッド計画 フレッシュアイペディアより)

  • 三陸汽船

    三陸汽船から見た鉄道鉄道

    三陸汽船(さんりくきせん)は、岩手県釜石市にあった海運業社である。三陸海岸に鉄道路線が存在しなかった戦前に、三陸諸港と宮城県の塩釜港とを結ぶ貨客船航路を運航していた。三陸汽船 フレッシュアイペディアより)

  • ムルマンスク

    ムルマンスクから見た鉄道鉄道

    1912年、新地調査の為、地理学者フョードル・リトケ率いる最初の調査団がムルマンにやって来た。3年後の1915年、第一次世界大戦時に、コラ半島に鉄道が開通したことに伴い、バレンツ海のコラ湾右岸にムルマンスク港が創設された。バルト海や黒海の封鎖環境の中で、協約に則り同盟国から軍事物資を円滑に調達する目的で、この創設は不凍湾を通過して氷で覆われた北の海の出口を求めていたロシアの利欲と関係があったのである。公式データによると、市の創設は1916年10月4日とされている。この日、現在キーロフ名称文化技術宮殿がある小高い丘の上で、航海士の庇護者ミルリキスキー・ニコライに敬意を表し荘厳な寺院起工式が行われた。町はロシア帝国の中で創設された最新の町となり、この町を「ロマノフ・ナ・ムールマネ」と呼んだ。半年後の1917年3月4日、つまり二月革命後に、町は現在の名称であるムルマンスクという名前を受けた。ムルマンスク フレッシュアイペディアより)

  • イーストセントルイス

    イーストセントルイスから見た鉄道鉄道

    イーストセントルイスはイリノイ州内で最も貧しい都市のひとつである。かつては蒸気船・鉄道・道路の交通の要衝としてセントルイスを支える都市であったが、産業の衰退と歴代市長の相次ぐ失政により失業が増加、人口が減り続け、治安が著しく悪化した。イーストセントルイス フレッシュアイペディアより)

3713件中 41 - 50件表示

「鉄道情報」のニューストピックワード