3060件中 61 - 70件表示
  • イギリスの鉄道

    イギリスの鉄道から見た鉄道鉄道

    イギリスの鉄道(英:Rail transport in Great Britain)は世界で最も古い鉄道であり、約4,928kmの電化路線を含む総計約16,536kmの標準軌路線である。イギリスの鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 遅刻

    遅刻から見た鉄道鉄道

    参考までに鉄道の運行を例にとると、イタリアでは列車が「定時に遅れる」というのは、15分以上遅れることを指しているのであって、5?10分程度のズレならば、遅れたとは見なされないのである。フランスのTGV(フランス版新幹線)も15分以上ズレなければ遅れとは見なされない。イギリスでは10分以内であれば遅れとは見なされず、ドイツでは5分以内は遅れとは見なされない。さらに言うならば、世界的に見ると、ここに挙げた国はかなり時間に厳密なほうなのであり、先進国以外の諸国では列車が30分や数時間以上遅れたりすることは全然珍しくなく、さらに日付が変わってしまうこともある。なおヨーロッパの鉄道の例についても、何を遅れと見なすか、に関する線引きの話であって、運行がそのラインを超えないように守られている、という話ではない。ヨーロッパでの実際の運行状態について言えば、「列車がまるで奇跡のように定刻に発車したので驚き、駅員に一体何が起きたのか?と尋ねてみたら、前日に発車しなければならない列車が1日遅れで発車して、偶然に時刻が一致した、との答えが返ってきた」などといった内容のジョークも、ヨーロッパ鉄道事情を説明するために昔からしばしば語られている。遅刻 フレッシュアイペディアより)

  • 国境検問所

    国境検問所から見た鉄道鉄道

    国境検問所(こっきょうけんもんじょ)とは、陸上にある国境を車両(鉄道を含む。)もしくは徒歩で横断できる場所に設けられた国境を挟む両国の出入国管理施設である。正式に国境を横断できる唯一の場所であり、チェックポイント(checkpoint)と呼ばれる。国境検問所 フレッシュアイペディアより)

  • 吊り橋

    吊り橋から見た鉄道鉄道

    しかし、吊り橋は狭義、すなわち現代の土木工学分野における分類においては、2本の主塔とそれに渡される2組のメインケーブルを持ち、そのケーブルから鉛直に垂らされたハンガーロープで桁を支持する橋を指す。桁はその上に床板を置き、道路や鉄道、人などが通る部分である。これに対し、ハンガーロープがなく、複数のケーブルを斜めに張って直接桁を支えるものは斜張橋と呼ばれ、区別される。吊り橋 フレッシュアイペディアより)

  • 張家口市

    張家口市から見た鉄道鉄道

    北京市と包頭市を連絡する鉄道のほか、近年高速道路ネットワークが急速に建設されている。河北省と内モンゴル、中国西北部・モンゴル国と北京とを結ぶ、交通の要衝であり、物資の集散地であり、軍事的な要地でもある。張家口市 フレッシュアイペディアより)

  • ハイリゲンシュタット・イン・オーバーフランケン

    ハイリゲンシュタット・イン・オーバーフランケンから見た鉄道鉄道

    1915年:エーバーマンシュタット経由フォルヒハイム行きの鉄道路線が敷設ハイリゲンシュタット・イン・オーバーフランケン フレッシュアイペディアより)

  • イーストセントルイス

    イーストセントルイスから見た鉄道鉄道

    イーストセントルイスはイリノイ州内で最も貧しい都市のひとつである。かつては蒸気船・鉄道・道路の交通の要衝としてセントルイスを支える都市であったが、産業の衰退と歴代市長の相次ぐ失政により失業が増加、人口が減り続け、治安が著しく悪化した。2010年の国勢調査では、イーストセントルイスの総人口の約98%はアフリカ系の住民で占められており、その多くは貧困層である。市の全域にわたってスラム化が進行し、廃墟や空き地も目立つ。また、同市の犯罪発生率は全米最悪の水準である。イーストセントルイス フレッシュアイペディアより)

  • 土木施工管理技士

    土木施工管理技士から見た鉄道鉄道

    1級と2級に分かれ、1級は、河川、道路、橋梁、港湾、鉄道、上下水道、などの土木工事において、主任技術者または、監理技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理など、2級は土木、鋼構造物塗装、薬液注入に別れ、それぞれの種で河川、道路、橋梁、港湾、鉄道、上下水道などの土木工事において、主任技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理などを行う。土木施工管理技士 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道のブレーキ

    鉄道のブレーキから見た鉄道鉄道

    鉄道のブレーキ(てつどうのブレーキ)では、鉄道車両を減速させ、停車させ、停止した状態を維持するために用いられる各種のブレーキについて説明する。鉄道のブレーキは、自動車のものと原理的には似ているところが多いが、複数の車両で編成を構成して同時に走行している場合に全ての車両にブレーキを掛ける必要性があり、またエンジンや電動機のような原動力を有していない車両でもブレーキを掛けなければならないので、機構がより多岐にわたっている。鉄道のブレーキ フレッシュアイペディアより)

  • バンガロール

    バンガロールから見た鉄道鉄道

    1799年の第4次イギリス・マイソール戦争でティープー・スルターンが討ち死にすると、バンガロールは一旦イギリス東インド会社の支配を受けた。イギリス人は城壁都市をマイソールに返還したものの、その横に新都市(カントンメント)を築きその司法権を所持した。イギリス領インドが拡大すると、バンガロールはマドラス管区(Madras Presidency)に含まれることになった。マイソール王国は1831年、古都マイソールからバンガロールに首都を移した。さらに、1864年のマドラス(チェンナイ)との鉄道開通、電話開通が都市拡大に拍車をかけた。バンガロール フレッシュアイペディアより)

3060件中 61 - 70件表示

「鉄道情報」のニューストピックワード