3060件中 71 - 80件表示
  • 雲鷹丸

    雲鷹丸から見た鉄道鉄道

    鉄道:羽田モノレール・天王洲アイル駅より浜松町駅方面に徒歩約5分、運河沿いの遊歩道から斜め後ろからの姿が望める。雲鷹丸 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ロックフェラー

    ジョン・ロックフェラーから見た鉄道鉄道

    兄フランクが南北戦争で戦っているころ、ロックフェラーは彼の事業も引き継いでいる。北部の裕福な人々が戦う代わりに北軍に資金提供したように、彼も北軍に資金提供した。石油産業史に詳しいダニエル・ヤーギンが重要だと指摘した出来事が1865年2月に起こった。クラークと対立したロックフェラーが持ち株をクラークに売り払ってパートナーシップを解消し、精油事業(彼の会社が持っていた精油所は、処理能力が1日に原油500バレルであった。)を72,500ドルで買収したのである。その買い取った権利を基に、化学者のアンドリュースとロックフェラー・アンド・アンドリュース社を設立した。ロックフェラーも後に「その日、私の経歴が決定した」と述べている。南北戦争後、鉄道の成長と石油に支えられ西部に向かって開発が進んでいった中、ロックフェラーはよい位置にいた。多額の借金をし、利益を再投資し、市場の変化に迅速に対応していった。ジョン・ロックフェラー フレッシュアイペディアより)

  • イギリス領インド帝国

    イギリス領インド帝国から見た鉄道鉄道

    一方で、ガンディーを支持しなかった層が存在したことも確かである。1つが各地の藩王国や人口密度が極めて低い山間部である。これらの地域にはガンディーの主張が正しく伝わらなかった。その理由は国民会議の運動員の中心は都市部の学生であったこと、そのため、前述の地域に赴くことができなかったこと、赴くことができなかったのは、鉄道等のインフラストラクチャーが整備されていない物理的側面と各地の藩王がナショナリズムを排斥していたからに他ならない。また、ガンディーの主張にインドの公用語をヒンディー語にすべきであるという点があったことから南インドでの活動の拡大にも限界があった。イギリス領インド帝国 フレッシュアイペディアより)

  • インフラストラクチャー

    インフラストラクチャーから見た鉄道鉄道

    国民福祉の向上と国民経済の発展に必要な公共施設とは、学校、病院、道路、港湾、工業用地、公営住宅、橋梁、鉄道路線、バス路線、上水道、下水道、電気、ガス、電話などを指し、社会的経済基盤と社会的生産基盤とを形成するものの総称である。建造物からパイプ類、場合によっては電気機器(サーバ等のハードウェア)レベルが該当する。インフラストラクチャー フレッシュアイペディアより)

  • ロシアのクラシック音楽史

    ロシアのクラシック音楽史から見た鉄道鉄道

    1871年にセローフが没し、翌1872年、経済的に困窮したバラキレフが音楽界を退き、鉄道の事務員の職に就いたことで一連の抗争は終わる。バラキレフは1881年に無料音楽学校の校長に復帰して活動を再開するが、かつての影響力はなく、孤独の中で仕事をつづけた。ロシアのクラシック音楽史 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の鉄道

    中華人民共和国の鉄道から見た鉄道鉄道

    中華人民共和国の鉄道(ちゅうかじんみんきょうわこくのてつどう)では中華人民共和国における鉄道について記す。中国の都市間を結んでいる鉄道は、大部分が中国国鉄によって運営されている。この他に市営の地下鉄や新交通システムなどの都市内交通機関や、産業目的の鉄道などが存在している。中華人民共和国の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • スリランカの交通

    スリランカの交通から見た鉄道鉄道

    スリランカの交通は、スリランカ最大の都市コロンボを中心とした道路網を基盤とする。鉄道網も存在するが、イギリス植民地時代の遺産に大きく依存しており、今日では国内の物流に占める割合は限られている。その他には水路や港湾、空港といった施設が存在しており、主要な国際空港はコロンボから北に約35 kmのカトゥナーヤカに位置している。コロンボ周辺の道路網は状態もよく、日々更なる改良が加えられている。スリランカの交通 フレッシュアイペディアより)

  • 津松阪港

    津松阪港から見た鉄道鉄道

    鉄道開通前の明治初期頃まではお伊勢参りの客を乗せた定期船が寄港していたものの、航路廃止以後は貨物定期便のみが第二次世界大戦頃まで残った。津松阪港 フレッシュアイペディアより)

  • ムアラ

    ムアラから見た鉄道鉄道

    ブルックトン炭坑(Brooketon Colliery)の発達は、ムアラの交通やインフラストラクチャーの発達をもたらした。ムアラの安全な水深の深い停泊地まで石炭を輸送するために、木製の鉄道が建設され、蒸気船と艀(はしけ)が停泊できるように岸壁や桟橋が設けられた。1911年には少なくとも1,447人がムアラに居住し、約30店の商店が営業していた。ブルックトンは、ブルネイで初めて切手が使われたところでもある。ムアラ フレッシュアイペディアより)

  • 三菱プレシジョン

    三菱プレシジョンから見た鉄道鉄道

    鉄道シミュレータ、航空用電波事業、パーキングシステム事業を行っている。三菱電機グループの企業で、三菱広報委員会40社のうちの1社である。三菱プレシジョン フレッシュアイペディアより)

3060件中 71 - 80件表示

「鉄道情報」のニューストピックワード