前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
539件中 1 - 10件表示
  • 三弘社

    三弘社から見た鉄道模型鉄道模型

    三弘社(サムホンサ)は韓国ソウル特別市衿川区に本社を置くモータ、シリンダ、スプリングメーカー。かつては鉄道模型(ブラスモデル)も製造していた。三弘社 フレッシュアイペディアより)

  • トライアング・レールウェイズ

    トライアング・レールウェイズから見た鉄道模型鉄道模型

    トライアング・レールウェイズ (Tri-ang Railways ) とは、かつてイギリスに存在した鉄道模型ブランドである。トライアング・レールウェイズ フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋模型鉄道クラブ

    名古屋模型鉄道クラブから見た鉄道模型鉄道模型

    名古屋模型鉄道クラブ(なごやもけいてつどうクラブ)とは、愛知県名古屋市に拠点をおき、東海地方を中心として活動している鉄道模型の愛好家が集う組織である。通称はNMRC(Nagoya Model Railroad Club)。名古屋模型鉄道クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 横浜三井ビルディング

    横浜三井ビルディングから見た鉄道模型鉄道模型

    2階には世界最大級の鉄道模型博物館、「原鉄道模型博物館」が2012年7月10日に開館した。鉄道模型製作・収集家の原信太郎(コクヨ元専務)による世界の鉄道車両模型コレクションおよび室内施設として世界最大級のジオラマ、鉄道関連資料・グッズなどを展示したものとなっている。横浜三井ビルディング フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型コンテスト

    鉄道模型コンテストから見た鉄道模型鉄道模型

    鉄道模型コンテスト(てつどうもけいコンテスト)は、鉄道模型のレイアウトや車両等の製作を競うコンテストである。略称は「鉄コン」。鉄道模型の振興と発展のために文部科学省が後援して毎年8月に東京ビッグサイトで開催される。高校生モジュール部門は高校生を対象とした競技の「甲子園」とも言え、全国各地から出場する。高校生のほかに大学生モジュール部門もある。鉄道模型コンテスト フレッシュアイペディアより)

  • さかつう

    さかつうから見た鉄道模型鉄道模型

    ミニカーの通信販売から始まり、1/24スケールや1/32スケールのスロットカー・自動車模型やHOゲージ鉄道模型の輸入・販売およびオリジナル商品の発売・輸出を行ってきた。鉄道模型イベントとしてアサヒホビーなどとともに「スワップミート」を共催、後に「鉄道模型市」を共催している。2008年にジオラマ、スロットカー、鉄道模型、の分野別に3社に分割された。さかつう フレッシュアイペディアより)

  • 河合商会

    河合商会から見た鉄道模型鉄道模型

    主にプラモデル製品やプラスチック製のNゲージ鉄道模型などを製造、販売していた。主な製品には、日本の情景を再現したジオラマの「箱庭シリーズ」「風物詩シリーズ」のプラモデルや日本型の貨車の鉄道模型などがあった。自社製品以外に香港などからダイカスト製模型を輸入・発売していた。最盛期には中国を中心に海外にも製品を輸出するなどして、2003年8月期には9億円を売り上げていた。河合商会 フレッシュアイペディアより)

  • PIKO

    PIKOから見た鉄道模型鉄道模型

    PIKO (ピコ、パイコ) は、ドイツの鉄道模型メーカーである。PIKO フレッシュアイペディアより)

  • プラモデル

    プラモデルから見た鉄道模型鉄道模型

    日本ではプラスチック製の組み立てキットのうち、模型店で扱われるものを狭義のプラモデルとし、ほぼ同形式の製品であってもそれ以外のものは玩具、食玩、鉄道模型などと区別されることが多い。狭義のプラモデルとそれ以外は、取り扱っている問屋が異なる場合が多く、流通上別個として扱われており、玩具店と模型店、売り場の別など小売レベルでも一定の線引きがなされているが、厳密ではない。特にキャラクターモデル・玩具においては区別は渾然としており、現タカラトミーのゾイドやプラクションのように、組み立てる楽しみを取り入れたりコスト削減のために、プラモデルと同様の組み立てキットの形態をとる玩具も存在する。逆に模型区分であっても、ガンプラに代表される、顧客へのハードルを下げるためにスナップフィットや塗装不要化などの配慮がなされた商品もある。またSDガンダムや上述のゾイドなど、同シリーズに玩具と模型が混在する例もあり、エンドユーザーレベルからは模型と玩具の中間的で区分がはっきりしないものも少なくない。プラモデル フレッシュアイペディアより)

  • 999号

    999号から見た鉄道模型鉄道模型

    ナンバーはC62 48、デフレクター(除煙板)に999の文字がある。船底テンダー。形態は鉄道模型メーカーであるカツミから当時販売されていた廉価版模型である『ダイヤモンドシリーズC62』に酷似している。1999年の品川で行われたイベント『アニメドリームトレイン1999』では、松本零士所有物として客車の模型とともに展示されていた。999号 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
539件中 1 - 10件表示

「鉄道模型」のニューストピックワード