前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
185件中 1 - 10件表示
  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たメルクリン

    1891年、メルクリンがライプツィヒ・メッセに最初の鉄道模型を出品した。メルクリンは最初に0番、1番、2番、3番という名称の鉄道模型を生産した。1901年に雑誌上で初めて鉄道模型の標準化・規格化について議論され、1891年のメルクリンの規格を元にすることになった。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た自動車産業

    直流を得るには蓄電池あるいは小型の整流器を必要とした。自動車産業の発達したアメリカ合衆国では、セレン整流器が民生用として市販され始めたので、これを流用して「直流12 V」という規格が成立した。通常は左右のレールのみから集電する直流二線式が用いられるが、少数ながら直流三線式の鉄道模型も存在する。トリックスでは、直流二線式の「トリックス・インターナショナル」に対して、直流三線式の「トリックス・エクスプレス」が存在する。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たライオネル

    鉄道模型の一分野で、スケールモデルに対する用語である。初期の鉄道模型はこのタイプの製品が多く、アメリカでとくに盛んである。もともとは高級な模型であったが、クリスマスプレゼント用の大量消費時代が到来した1936年ごろ、ライオネルが発展可能なシステムを提示してから一挙にアメリカの標準模型として大衆化された。文字通り「tinplate」でブリキ製の鉄道模型を指す言葉であり、ハイレール (hi-rail) という言葉と同義である。背の高い中空レールを用いる玩具的鉄道模型であって、ハイ・フランジ車両が走るように作られており、中央三線式の集電方式が主流である。年少者のみならず大人の趣味としても認知され、大規模な交換会・スワップミートが数日にわたって開かれる。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たアメリカンフライヤー

    エス、縮尺1/64 ・軌間22.42 - 22.5mmである。アメリカのアメリカンフライヤー、オーストラリア(Sn3 1/2、軌間16.5mm)などで主に採用されている。1番の半分のサイズであったことからH1(ハーフ1)とも呼ばれていた。→Sゲージを参照鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たビング (模型製造会社)

    1862年、ロンドンのメイヤーズがカタログに蒸気機関車を掲載した。1898年、バセット・ロークが創業し、ドイツのビングなどを下請けにしてスケールモデルを供給しはじめた。バセット・ロークは1921年にOOゲージを発売した。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たホーンビィ

    同一の線路上の複数の車両を個別に制御する方式の総称。車両の運転のみならず、警笛、前照灯・尾灯の点滅などもこの概念に含まれる。1960年代頃からは直流に交流を混ぜて流し、周波数によって識別する方式としてゼネラル・エレクトリックのアストラック(Automatic Simultaneous Train Controls 、ASTRAC)や交流と直流を同時に流す方式などがあったが、アナログ方式ではせいぜい数台が限度であった。三線式の線路を使用したメルクリンのデルタシステムもあった。デジタル式ではホーンビィのZERO-1やメルクリンのメルクリンデジタル等があった。他にCTC-16というデジタル式もあった。いずれも専用のデコーダを搭載するもので、一部を除き従来の車両と同じ線路上を走らせることはできなかった。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た木戸孝允

    幕末に帝政ロシアのプチャーチンが来航し、蒸気で走る模型を披露したとの記録がある。また、ペリーが黒船で浦賀に来航した際に、幕府に蒸気機関車の模型を献上したとされる。嘉永6年(1853年)佐賀藩の精錬方であった田中久重が蒸気車の雛型(模型)を作った。桂小五郎がナポレオン号(山口県立山口博物館蔵)を持ち帰った記録もある。また、加賀の大野弁吉が蒸気機関車の模型を作った記録がある。これらの機関車は2003年に国立科学博物館で開催された江戸大博覧会で展示された。このように日本では実物よりも先に模型の方が完成した。これにより蒸気機関に関する理解が深まった。その後、鉄道省で教材として作られた。電気を動力とする鉄道模型は1890年の上野で東京電燈スプレーグ式電車が運転された第3回内国勧業博覧会において展示されたものと思われる。この模型は円形テーブルのうえに敷かれた軌道を手回しのダイナモで走らせるものであった。のちこの模型は日本のライブスチームのパイオニアである田口武二郎の父田口卯吉が入手したというこの模型は東京市に寄贈された。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たエフィム・プチャーチン

    幕末に帝政ロシアのプチャーチンが来航し、蒸気で走る模型を披露したとの記録がある。また、ペリーが黒船で浦賀に来航した際に、幕府に蒸気機関車の模型を献上したとされる。嘉永6年(1853年)佐賀藩の精錬方であった田中久重が蒸気車の雛型(模型)を作った。桂小五郎がナポレオン号(山口県立山口博物館蔵)を持ち帰った記録もある。また、加賀の大野弁吉が蒸気機関車の模型を作った記録がある。これらの機関車は2003年に国立科学博物館で開催された江戸大博覧会で展示された。このように日本では実物よりも先に模型の方が完成した。これにより蒸気機関に関する理解が深まった。その後、鉄道省で教材として作られた。電気を動力とする鉄道模型は1890年の上野で東京電燈スプレーグ式電車が運転された第3回内国勧業博覧会において展示されたものと思われる。この模型は円形テーブルのうえに敷かれた軌道を手回しのダイナモで走らせるものであった。のちこの模型は日本のライブスチームのパイオニアである田口武二郎の父田口卯吉が入手したというこの模型は東京市に寄贈された。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た田口卯吉

    幕末に帝政ロシアのプチャーチンが来航し、蒸気で走る模型を披露したとの記録がある。また、ペリーが黒船で浦賀に来航した際に、幕府に蒸気機関車の模型を献上したとされる。嘉永6年(1853年)佐賀藩の精錬方であった田中久重が蒸気車の雛型(模型)を作った。桂小五郎がナポレオン号(山口県立山口博物館蔵)を持ち帰った記録もある。また、加賀の大野弁吉が蒸気機関車の模型を作った記録がある。これらの機関車は2003年に国立科学博物館で開催された江戸大博覧会で展示された。このように日本では実物よりも先に模型の方が完成した。これにより蒸気機関に関する理解が深まった。その後、鉄道省で教材として作られた。電気を動力とする鉄道模型は1890年の上野で東京電燈スプレーグ式電車が運転された第3回内国勧業博覧会において展示されたものと思われる。この模型は円形テーブルのうえに敷かれた軌道を手回しのダイナモで走らせるものであった。のちこの模型は日本のライブスチームのパイオニアである田口武二郎の父田口卯吉が入手したというこの模型は東京市に寄贈された。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た田中久重

    幕末に帝政ロシアのプチャーチンが来航し、蒸気で走る模型を披露したとの記録がある。また、ペリーが黒船で浦賀に来航した際に、幕府に蒸気機関車の模型を献上したとされる。嘉永6年(1853年)佐賀藩の精錬方であった田中久重が蒸気車の雛型(模型)を作った。桂小五郎がナポレオン号(山口県立山口博物館蔵)を持ち帰った記録もある。また、加賀の大野弁吉が蒸気機関車の模型を作った記録がある。これらの機関車は2003年に国立科学博物館で開催された江戸大博覧会で展示された。このように日本では実物よりも先に模型の方が完成した。これにより蒸気機関に関する理解が深まった。その後、鉄道省で教材として作られた。電気を動力とする鉄道模型は1890年の上野で東京電燈スプレーグ式電車が運転された第3回内国勧業博覧会において展示されたものと思われる。この模型は円形テーブルのうえに敷かれた軌道を手回しのダイナモで走らせるものであった。のちこの模型は日本のライブスチームのパイオニアである田口武二郎の父田口卯吉が入手したというこの模型は東京市に寄贈された。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
185件中 1 - 10件表示

「鉄道模型」のニューストピックワード